タイトル画像

ロマンシング サ・ガ2 プレイ日記 ②「皇帝ジェラール、出陣」

2016.06.24(21:00) 1825

saga12-0 (13)aaaaaaaa

ここからが、本当の冒険の始まり。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。

saga12 (1)saga12 (2)
saga12 (3)aaaaaaa

前回、めでたくクジンシーを撃破して北バレンヌを制圧し、
国内の動揺をおさめる等して1年の月日が経過する頃には、
ジェラールもパジャマを脱ぎ捨てて黄金聖闘士に進化済み。
でも1年という短くない時間が経過しているにも関わらず、
ジェラールを含めた仲間達の能力値は1ミリも成長していないし、
激戦で削られたLPは回復していないし。
この辺り、そういう仕様だったなぁと懐かしい感覚に襲われます。
まぁSFC版発売時に本作をプレイしていた人からしたら、
ほぼ全てのポイントに於いて懐古感に溢れているわけですが。

saga12-2 (1)saga12-2 (2)
saga12-2 (4)AAAAAAAA

術法を使い続けた結果、ジェラールのJPは再開時点で25。
なので冒頭で早速、術法研究所設立の提案がなされました。
130万円しかない金欠の 気味の国庫から、
実に100万という大枚を泣く泣く叩いて設立の許可を下します。
本作では常に付き纏うお金の苦労。
戦闘に勝利する度に、帝国の金庫に入金される仕組みですが、
領地が増える程に1回の戦闘当たりの収入額は増加していくので、
ある程度領土が広がってから戦闘した方が割はいいです。
まぁ、そんな事言ってると序盤で金欠に陥るのは自明なわけで、
だからこそ現在苦しんでいるのですけどね。
ぐぬぅ。

saga13 (2)saga13 (5)
saga13 (14)saga13 (15)
saga13 (16)aaaaa
saga13 (21)saga13 (24)
saga13 (28)aaaa

格闘家達が集う血と汗と涙の巣窟、龍の穴。
そんな猛者達の間で現在最重要懸案事項になっているのが、
体術使いの天敵、軟体系モンスターの討伐。
目標はモンスターの巣の地下二階に居座るゼラチナスマター。
依頼を受けて討伐に赴きますが、これが中々強敵。
横一列にかなりのダメージを与えてくる「雷撃」が痛いので、
陣形をフリーファイトに変えますが、それでも一撃死する上に、
相手は毎ターン、HPを回復していくので厳しい戦いになります。
まぁ「雷撃」も10回くらいで打ち止めなので、
そこまで粘れれば後はこちらのWPとJP勝負に持ち込めますけど。
攻撃属性への耐性値というものを身体で覚える教習戦闘。

saga14 (0)aaaaa
saga14 (1)saga14 (2)
saga14 (4)aaaaa

依頼達成で格闘家を仲間に出来る様になったので、
早速テレーズに早期退職頂いて、PT枠を1つ空けてもらいます。
本作に於いて、一度仲間に入れたキャラを外すには、
LPをゼロにして殺すしかないという殺伐した世界設定なもので。
なので殺害対象の防具を全て外した上で、
「インペリアルクロス」の最前列に立たせて、
敵の攻撃を一手に受け持って貰う事で効率化を図るのです。
みるみる減っていくテレーズのLP。
彼女のその勇姿はいつまでも仲間達の心の中に残り続けます。
というわけで入れ替わりに格闘家を新たにPTメンバーに。

saga15 (2)saga15 (3)
saga15 (5)saga15 (7)
saga15 (9)aaaa
saga15 (10)saga15 (12)

南バレンヌ地方、ニーベルの町の酒場で情報を仕入れ、
この地方は一旦後回しにして、ルドン地方のティファールへ。
更にそこで入手した情報を基に、宝石鉱山に向かいます。
ダンジョン内は通路が狭くて敵を回避しづらい上に、
イヤらしい罠が仕掛けられている環境の為、戦闘回数が嵩みます。
その代わり、鉱石を調べれば国庫が潤う優良物件でもあるのですが、
前述通り、罠にかかるとモンスターハウスに強制入室させられます。
とはいえ敵自体はまだまだ弱いので危険はなく、
奥のボスを倒して簡単にクリアは出来るのですが、
ここまでのんびりし過ぎたのか、年代ジャンプが発生してしまったので、
一旦直前のデータをロードし直し、
ここは放置して別のイベントを優先する為、回れ右。

saga16 (2)saga16 (3)
saga16 (7)aaaaa
saga16 (10)saga16 (11)

現状、他に出来るのは運河要塞攻略くらいなので、
下準備としてシティシーフ加入イベントをこなします。
アバロン城に戻り、自室就寝で夜間徘徊が可能になるので、
街に出て、無用心にも戸締まりをしていない武器屋に不法侵入。
皇帝の深夜の一人歩きを止めない衛兵もどうなのか。
意外とアバロン帝国では皇帝は絶対的な強権を振るうのか。
そのまま暖炉から屋根の上に上るという逆サンタルートを辿り、
本作のアイドル、シティシーフ♀のキャットを颯爽と救出。
これが漫画なら恋愛フラグも立ってそう。

saga18 (1)saga18 (2)
saga18 (4)saga18 (5)
saga18 (7)aaaaaaa
saga18 (8)saga18 (9)
saga18 (10)saga18 (11)

そこから酒場を経由して墓場に赴き、
シーフギルドに顔を出して魔物討伐の依頼を受けます。
俗に言う”ディープワン道場”への入門です。
ここでせっせとセーブ&ロードを繰り返し、
「みじん斬り」や「空圧破」「切り落とし」等を習得。
一気にPT戦力が向上しました、流石は先生、良い教えです。
一度倒してしまうと二度と会えない、一期一会。
彼の勇姿もまた、アバロン史に燦然と輝く勇者達と共に、
人々の記憶に残り続ける事でしょう。
合掌。

saga19 (1)aaaaaa
saga19 (3)saga19 (5)
saga19 (8)saga19 (9)
saga19 (13)saga19 (14)
saga19 (16)aaaaa

いよいよ南バレンヌ地方も大詰め、運河要塞に挑みます。
とは言っても通常攻略時と違ってキャットの協力があるので、
意味不明なくらいに簡単なイベントと成り下がっております。
置きナイフによる目印で正解ルートのみならず、
道中の宝箱部屋まで完全にナビゲートしてくれる親切設計。
戦闘も雑魚戦は一切なく、最奥のボス戦だけで終わるという、
余りに簡単過ぎる流れを通り過ぎて、南バレンヌ地方制圧。
年代ジャンプも発生し、ここでジェラールの戦いは終了。
次代へ遺志を託します。
ここからが本当の帝国と七英雄との戦いの始まり。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<ロマンシング サ・ガ2 プレイ日記 ③「第32代目皇帝、遠征」 | ホームへ | ロマンシング サ・ガ2 プレイ日記 ①「パジャマ皇帝、即位」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1825-eeda9a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)