タイトル画像

ロゼと黄昏の古城 プレイ日記4「書庫」

2016.05.01(21:00) 1800

rose4-0 (10)aaaaa

貴方と私、巡り合う運命。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



rose4-1 (3)aaaa

【処刑ノ間-4】
今回の処刑道具は皆大好き、アイアンメイデン。
余りにもゆっくり閉じる扉の隙間から、
怯え震えるロゼの姿が見えるのが精神的にきついです。
だから怖いなら他の方法を考えればいいのに。
ロゼが精神的に異常を抱えているのは間違いないとして、
問題はそれが生来のものか、「呪い」のせいかなんですが。
物語を進めれば進める程、嫌な予感しかしません。
最後、巨人に殺されて終わったりしないだろうな・・・・・・。

rose4-1 (1)aaaa
rose4-1 (2)rose4-1 (3)

【書庫-1】
キチガイじみた司書からの依頼で、
指定された本を取りに書庫の奥へ行く事になったロゼ。
寧ろ司書こそ、その仕事をすべき立場なのに、横着なヤツ。
「散らばっている本を元通りに並べる」とある通り、
書庫でのギミックには大概本が関わってきます。
まぁ、このマップは基本的に司書への報告用なので、
単にリフトが1つあるだけ、次のマップへ進みます。

rose4-2 (3)rose4-2 (6)
rose4-2 (12)rose4-2 (13)rose4-2 (14)rose4-2 (15)
rose4-2 (16)rose4-2 (17)rose4-2 (18)rose4-2 (19)
rose4-2 (22)

【書庫-2】
1つ目の扉は絵合わせの理念に則り、
絨毯の血を右側の絵の、右側と上側に移し替える事で開錠。
2つ目の扉は今は開けられないので、
ロゼで梯子を上り、周囲に散らばっている本を4冊集めてきて、
右から順番通りに本棚に嵌め込んでリフトを使用可能にします。
後は巨人を上まで連れてきて次のマップへ行くだけ。
拾える本の内容はロゼの境遇を推察するヒントっぽいですね。
巨人も悪魔を屠った英雄みたいに描かれていますし、
「茨の呪い」を持つ人間が酷い扱いを受けていた旨の説明。

rose4-3 (2)rose4-3 (3)rose4-3 (4)
rose4-3 (5)rose4-3 (6)rose4-3 (7)rose4-3 (8)
rose4-3 (9)rose4-3 (11)
rose4-3 (12)rose4-3 (14)rose4-3 (15)
rose4-3 (17)rose4-3 (18)
rose4-3 (19)rose4-3 (20)
rose4-3 (21)
rose4-3 (22)rose4-3 (23)

【書庫-3】
1つ目の本棚は左に落ちている本を嵌め込みます。
2つ目の本棚は右側に鳥の、左側に魚の本を嵌め込みます。
3つ目の本棚は右から「まよなか・たそがれ・あかつき」と嵌めます。
解いたらリフトの上部にロゼを乗せて上昇し、“天文学の本”を獲得。
来た道を歩いて戻り、司書に渡して次の指令を受けます。
というか今更ですがロゼって名前は薔薇から来てたんですね、
私め如き鳥頭の持ち主では気づくのが遅れました。
再び書庫-3に戻り、司書から貰った鍵を利用して次に進みます。

rose4-4 (1)rose4-4 (2)
rose4-4 (4)rose4-4 (7)
rose4-4 (12)rose4-4 (13)
rose4-4 (14)
rose4-4 (15)rose4-4 (16)
rose4-4 (18)rose4-4 (19)rose4-4 (20)

【書庫-4】
1つ目の扉は絵の右上以外の三箇所に血を注ぎます。
2つ目の扉は4枚全ての絵を整える為に、左から順に、
左下以外・右下以外・右上以外・右下以外に血を注ぎます。
リフトで下に降りたら、うさぎの像を掴んで次のマップへ。
書庫-2の別エリアに着くので、リフトで上の階から壺を運び、
壺とリフトの血を抜いては絵の中の3箇所に血を与える。
3つの内、1つの壺と同じ形が絵の左下に浮かぶので、
そこに重なる様に同じ形の壺を置き、脱色したら扉が開きます。
面倒過ぎる仕組みを乗り越えて、書庫-1の司書のところへ。
書庫-4経由で書庫-3に戻り、渡された本を本棚に嵌めて次へ。

rose4-5 (4)rose4-5 (6)
rose4-5 (8)rose4-5 (10)
rose4-5 (12)rose4-5 (14)
rose4-5 (15)rose4-5 (16)
rose4-5 (17)

【書庫-5】
道なりに進み、リフトで下に降りて左に進みます。
積み重なっている長椅子を整理し、クローバーの日誌を獲得。
次はリフトの上段にロゼを乗せ、巨人でレバーを操作します。
ロゼを上へ押し上げて、右側にある四体の像の内、
左から二番目以外を着色してダイヤの日誌を獲得。
今度はリフトの一番上にロゼを乗せて更に上へ押しやり、
右の絵の左下と右下にのみ着色するとハートの日誌を獲得。
今度は巨人を一番上に押し上げて左に進ませ、
スペードの日誌諸共下の階へ降りて、ロゼで本棚に嵌めます。
順番は左から「ダイヤ・スペード・ハート・クローバー」。
開いた扉の先で小隊長の兜を獲得してミッションコンプリート。

rose4-5 (19)rose4-5 (21)
rose4-5 (22)rose4-5 (23)
rose4-5 (24)

書庫-4に移動し、血の記憶を回収します。
少し戻って巨人ごと穴に落ち、再び合わせ絵の仕掛け。
着色後、長椅子を土台にして椅子を絵と重なる様に置き、
その上にロゼを左向きで座らせると完成。
小隊長の兜を持って司書のところへ戻ると、
既に事切れているので、念仏を唱えながら奥へ進みます。

rose4-6 (1)rose4-6 (2)
rose4-6 (6)aaaaa
rose4-6 (8)rose4-6 (9)

【秘録庫】
無造作に置かれた本から読み取った血の記憶では、
悪魔を容赦なく殺す巨人の姿が見えます。
それに怯え、巨人から離れようとするロゼを蔦が連行。
というわけで珍しく巨人の一人旅が始まります。
一応目的はロゼを助け出す事なのかな。
たまには巨人が何を考えているのか知りたい欲もありますが、
分からないからこその魅力なんですよね、きっと。

rose4-7 (1)rose4-7 (2)
rose4-7 (3)aaaaaa
rose4-7 (4)rose4-7 (5)
rose4-7 (9)rose4-7 (11)
rose4-7 (12)aaaaa

【謁見ノ間】
途中で回廊というマップを経由していますが、
ひたすら降っていくだけの一本道なので割愛。
ここでは鎖を左右の二箇所破壊してロゼを助け出し、
左から脱出して道なりに謁見ノ間まで戻ると、突然の終幕。
去りゆく2人の背後で旗が揺らめき、血塗れの玉座に、
ロゼそっくりの女の子の死体があるという謎EDを迎えます。
明らかにバッドエンドですし、助け出したロゼは偽物って事かしら。

rose4-9 (1)rose4-9 (2)
rose4-9 (8)aaaaa
rose4-9 (11)rose4-9 (13)
rose4-9 (18)rose4-9 (20)

ロゼ救出前から再開したって事は、そうなんでしょうね。
次はロゼを助けず、巨人単独で玉座へ近付くと、
本物のロゼが茨に囚われているので助け出し、
逃げた偽ロゼを追いかける流れになります。
というか、茨で捕まっても救出出来るのか、巨人。
それが出来るのなら今までの処刑ノ間の扉とか、
わざわざロゼが処刑道具に身を捧げなくても良かったんじゃ・・・。
玉座の血の記憶からも、2人の少女の因縁が垣間見えます。
牢の中に入れられた女の子が茨の力を暴走させ、
崩落に巻き込まれたもう1人の少女は地下深くへと落下。
その姿はまさに、冒頭ロゼが目を覚ました姿勢そのもの。

rose4-10 (1)rose4-10 (2)
rose4-10 (3)aaaaa

それはさて置き、大きなお揃いの王冠を見つけて、
巨人に付けてあげるロゼの健気さが余りに可愛くてやばいです。
元々、このゲームは作品全体の雰囲気の良さもさることながら、
ロゼや巨人のちょっとした動作がツボなんですよね。
特にロゼは表情から仕草から、かなり細かく動くので、
そういうところを注視して見るとテンションの上がり幅も違います。
ついでに、取り逃がした書庫-2の血の記憶を回収。
こちらの少女は蝙蝠を恐れていますね、もう1人の少女とは真逆。
そんな謎の少女が、この世界におけるラスボスとなるのかな。
戦いはまだまだ続きます。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<ロゼと黄昏の古城 プレイ日記5「時計塔」 | ホームへ | ロゼと黄昏の古城 プレイ日記3「中庭」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1800-c75efc3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)