タイトル画像

艦これ 第5話「五航戦の子なんかと一緒にしないで!」 感想

2016.05.21(21:00) 1776

kan5-0 (29)aaaaaa

二航戦の扱いが相変わらず不遇。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



kan5-1 (1)kan5-1 (3)kan5-1 (4)
kan5-1 (10)kan5-1 (14)
kan5-1 (15)aaaaaaa
kan5-1 (17)kan5-1 (19)kan5-1 (20)
kan5-1 (21)kan5-1 (22)kan5-1 (23)
kan5-1 (25)kan5-1 (28)kan5-1 (29)
kan5-1 (31)aaaaaaaa
kan5-1 (36)aaaaaaaaaa
kan5-1 (39)kan5-1 (40)kan5-1 (42)
kan5-1 (47)kan5-1 (48)kan5-1 (49)
kan5-1 (51)kan5-1 (53)kan5-1 (54)
kan5-1 (59)aaaaaaaa
kan5-1 (60)kan5-1 (62)kan5-1 (63)
kan5-1 (65)kan5-1 (66)kan5-1 (67)
kan5-1 (70)kan5-1 (72)kan5-1 (73)
kan5-1 (74)kan5-1 (75)kan5-1 (76)
kan5-1 (78)aaaaa
kan5-1 (79)aaaaaa
kan5-1 (80)kan5-1 (84)kan5-1 (85)

艦隊の再編成に伴い、第三水雷戦隊は解散し、
吹雪は睦月らと別れて新しく結成された第五遊撃部隊に配属。
所属艦娘は加賀・瑞鶴・北上・大井という面倒そうな集まりです。
まぁ北上と大井は放置で害はないとして、問題は正規空母陣。
エースの一角である加賀には一航戦としてのプライドがあるらしく、
五航戦の翔鶴・瑞鶴とは一緒に戦いたくないという意志の様で。
翔鶴も丁寧で穏やかかと思えば慇懃無礼な態度で加賀を煽るし、
殺伐とした空気からも、今後の吹雪の受難が透けて見えます。
そんな吹雪も、金剛が同じ艦隊に所属だと知って一安心。
険悪な空気を前にしても全く動じない金剛お姉様、超恰好良い。

kan5-2 (4)kan5-2 (6)
kan5-2 (9)kan5-2 (10)kan5-2 (11)
kan5-2 (15)kan5-2 (23)
kan5-2 (25)kan5-2 (30)kan5-2 (31)
kan5-2 (32)kan5-2 (33)kan5-2 (34)
kan5-2 (37)aaaa
kan5-2 (38)kan5-2 (39)kan5-2 (40)
kan5-2 (41)kan5-2 (42)kan5-2 (43)
kan5-2 (45)aaaaaaa
kan5-2 (48)kan5-2 (50)kan5-2 (51)
kan5-2 (53)kan5-2 (56)kan5-2 (57)
kan5-2 (60)kan5-2 (61)kan5-2 (62)
kan5-2 (64)kan5-2 (65)kan5-2 (66)
kan5-2 (67)kan5-2 (68)kan5-2 (69)
kan5-2 (74)kan5-2 (75)kan5-2 (76)
kan5-2 (77)kan5-2 (78)kan5-2 (79)
kan5-2 (81)kan5-2 (83)kan5-2 (84)
kan5-2 (85)kan5-2 (88)kan5-2 (91)

だからといって艦隊内の不協和音がすぐになくなるわけじゃなく、
赤城に励まされながらも吹雪の悪戦苦闘は続きます。
アイキャッチを見てからだと尚更ですけど、アニメの瑞鶴は微妙。
翔鶴は良い感じだっただけに、瑞鶴は何故こんな感じなのでしょう、
かなり別人感が漂っていて、姿を見る度に悲しい気持ちになります。
赤城や北上にも同じ感情は抱いてるんですけどね、難しいものです。
でも大井が瑞鶴に吐いた「この甲板胸が!」という暴言には大爆笑。
正規空母先輩に向かって堂々と罵倒する根性は素晴らしいですね、
これまで北上の前では猫を被っていたのに、何故か超強気。
でも入渠ドックで見る限り、ぺったんこでもない気がします、瑞鶴。
後、羞恥に赤面する加賀の可愛さは異常。

kan5-3 (3)aaaaaaa
kan5-3 (5)kan5-3 (6)kan5-3 (10)
kan5-3 (11)kan5-3 (12)kan5-3 (13)
kan5-3 (15)kan5-3 (17)kan5-3 (18)
kan5-3 (21)kan5-3 (23)kan5-3 (28)
kan5-3 (29)aaaaaa
kan5-3 (32)kan5-3 (34)kan5-3 (35)
kan5-3 (37)kan5-3 (38)kan5-3 (39)
kan5-3 (40)kan5-3 (46)

活躍が認められて、第5話にして早くも旗艦の座を頂きましたし、
吹雪の出世街道もここから加速かな、頼りにならない先輩のお蔭で。
まぁ運動神経は赤点ですが、座学は元々得意だった吹雪なので、
戦場での指揮能力自体は高いってのは納得出来る話か。
加賀と瑞鶴の一航・五航戦争も少しは和平への兆しが見えて、
動揺する瑞鶴の可愛さも見られたところで、次回へ続きます。
簡単に仲良しこよしにはなれないみたいですけどね。
その話はまた、第7話ぐらいで。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<艦これ 第6話「第六駆逐隊、カレー洋作戦!」 感想 | ホームへ | 艦これ 第4話「私たちの出番ネ!Follow me!」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1776-e2affb9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)