タイトル画像

艦これ 第1話「初めまして!司令官!」 感想

2016.05.17(21:00) 1774

kan1-0 aaaaa

吹雪、着任します。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


kan1-1 (6)kan1-1 (7)kan1-1 (9)
kan1-1 (12)kan1-1 (13)kan1-1 (15)
kan1-1 (16)kan1-1 (20)
kan1-1 (24)kan1-1 (27)kan1-1 (28)
kan1-1 (34)kan1-1 (35)kan1-1 (37)
kan1-1 (38)kan1-1 (39)kan1-1 (40)
kan1-1 (41)aaaaa
kan1-1 (43)kan1-1 (44)kan1-1 (45)
kan1-1 (46)kan1-1 (47)kan1-1 (48)
kan1-1 (49)aaaaa
kan1-1 (52)aaaa
kan1-1 (53)kan1-1 (54)kan1-1 (55)
kan1-1 (56)kan1-1 (57)kan1-1 (59)
kan1-1 (61)kan1-1 (62)
kan1-1 (65)kan1-1 (66)kan1-1 (67)
kan1-1 (68)kan1-1 (70)kan1-1 (71)

既に放映から1年以上が経過して、今更ですが、
折角vita版を一通り終えたので、そのテンションでアニメ版も楽しみます。
まぁ世間の提督諸君からは大不評の嵐だったアニメ版ですが、
個人的には可愛い艦娘達が動いて喋っているだけで十分満足。
吹雪が主人公なのは事前に知っていましたが、
それ以外にも第1話から金剛や響の出番があったのは大変喜ばしいです。
霧島や榛名も非常に可愛かったですし、深海勢力の艦娘も可愛いですね。
ただ、赤城は正直最初誰だか分からなかったです。
後、最上も初めて見た時に「・・・・・・? あぁ、最上かな?」という状態。
元々絵師さんが違うのを、1つのキャラデザに落とし込めば、
そういう自体も当然起こりますよね、アニメ柄になった時の変化量は様々。

kan1-2 (3)kan1-2 (5)kan1-2 (6)
kan1-2 (10)kan1-2 (11)kan1-2 (12)
kan1-2 (13)kan1-2 (14)kan1-2 (15)
kan1-2 (16)kan1-2 (20)
kan1-2 (31)aaaaa
kan1-2 (34)kan1-2 (35)kan1-2 (38)
kan1-2 (40)kan1-2 (42)kan1-2 (43)
kan1-2 (45)kan1-2 (46)kan1-2 (47)
kan1-2 (53)kan1-2 (56)kan1-2 (57)
kan1-2 (60)aaaaaaa
kan1-2 (64)kan1-2 (66)kan1-2 (70)
kan1-2 (71)kan1-2 (72)kan1-2 (73)
kan1-2 (75)kan1-2 (76)kan1-2 (78)
kan1-2 (82)kan1-2 (91)
kan1-2 (98)kan1-2 (100)kan1-2 (101)
kan1-2 (102)kan1-2 (103)kan1-2 (104)

パンツ全開の吹雪を始め、同じ第3水雷戦隊の川内型3姉妹と夕立と睦月、
ほぼ背景扱いながらも、大潮・満潮・朝潮・夕張・村雨・五月雨・陽炎・鬼怒、
トレーニングに励む利根・島風・如月、甘味処で登場の北上・大井・間宮。
加えて主力の第一艦隊は赤城・加賀・雷・電・蒼龍・飛龍。
支援の第二艦隊は金剛・比叡・暁・響・夕張・最上。
偵察役で出撃していた多摩・球磨・愛宕・翔鶴・霧島・榛名。
ついでに司令部で采配を振るう長門型2隻と大淀辺りが今回の登場艦娘。
他にもいましたが判別出来ない為、割愛です。
特に霧島の凛々しい表情と、加賀の格好よさ、響の可愛さがツボりました。
後は北上と大井の百合っぽい雰囲気、流石です。
まぁ何気に一番テンション上がったのは、加賀のパンチラかもしれませんが。

kan1-3 (7)kan1-3 (8)kan1-3 (9)
kan1-3 (11)kan1-3 (12)kan1-3 (13)
kan1-3 (14)kan1-3 (15)kan1-3 (17)
kan1-3 (20)kan1-3 (25)kan1-3 (27)
kan1-3 (28)kan1-3 (29)kan1-3 (30)
kan1-3 (40)kan1-3 (42)
kan1-3 (47)kan1-3 (52)
kan1-3 (62)kan1-3 (65)kan1-3 (71)
kan1-3 (75)kan1-3 (76)kan1-3 (77)
kan1-3 (78)aaaaa
kan1-3 (81)kan1-3 (82)kan1-3 (83)
kan1-3 (84)kan1-3 (86)kan1-3 (87)
kan1-3 (90)kan1-3 (91)kan1-3 (93)
kan1-3 (96)kan1-3 (97)kan1-3 (101)
kan1-3 (102)kan1-3 (104)kan1-3 (108)
kan1-3 (110)kan1-3 (111)
kan1-3 (116)kan1-3 (117)kan1-3 (118)
kan1-3 (121)kan1-3 (122)kan1-3 (123)
kan1-3 (124)aaaaa

それにしても睦月と夕立が主人公の親友ポジションに収まるのか。
個人的にはかなり意外な人選なのですが、史実的に関係が深いのかな。
睦月は兎も角、夕立はこんなキャラとは知らず、理解が深まりました。
同じ部隊所属の川内は相変わらず夜戦馬鹿みたいで一安心。
というか川内型3姉妹は長らく改二を見慣れていたので、何だか新鮮。
後、空母は艦載機と視覚がリンクしている事も判明しましたね。
成程、偵察機や彩雲、紫雲の理屈がこれでようやく分かりました。
その辺もアニメ化したからこその新発見、良いか悪いかは別にして。
赤城や加賀ら正規空母の、艦載機発進モーションも恰好良いですが、
艦載機が撃墜されるとボーキサイトの心配をしてしまう私はゲーム脳。
ちなみに各方面に配慮した結果、提督の姿は絶対に映りません。
某アイドル育成ゲームのアニメ版みたいに、映してもいいと思うのに。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<艦これ 第2話「悖らず、恥じず、憾まず!」 感想 | ホームへ | 閑話休題:熊本ボランティア参加>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1774-3f4b00bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)