タイトル画像

フリージング Episode 11~12 感想

2016.04.03(21:00) 1767

Freezing 12 (300)

サテライザー先輩の次回作にご期待ください。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


Freezing 11 (0)
Freezing 11 (2)Freezing 11 (3)Freezing 11 (11)
Freezing 11 (12)Freezing 11 (13)Freezing 11 (15)
Freezing 11 (17)Freezing 11 (18)Freezing 11 (19)
Freezing 11 (22)Freezing 11 (23)Freezing 11 (24)
Freezing 11 (26)Freezing 11 (29)Freezing 11 (35)
Freezing 11 (36)Freezing 11 (38)Freezing 11 (42)
Freezing 11 (46)Freezing 11 (51)
Freezing 11 (56)Freezing 11 (58)Freezing 11 (60)
Freezing 11 (66)Freezing 11 (68)Freezing 11 (69)
Freezing 11 (73)Freezing 11 (77)
Freezing 11 (81)Freezing 11 (82)Freezing 11 (83)
Freezing 11 (91)Freezing 11 (93)Freezing 11 (95)
Freezing 11 (96)Freezing 11 (97)Freezing 11 (98)
Freezing 11 (101)Freezing 11 (102)Freezing 11 (108)
Freezing 11 (115)Freezing 11 (116)Freezing 11 (117)
Freezing 11 (121)Freezing 11 (122)Freezing 11 (125)
Freezing 11 (126)Freezing 11 (127)Freezing 11 (128)
Freezing 11 (130)Freezing 11 (133)Freezing 11 (134)
Freezing 11 (299)Freezing 11 (300)

Episode 11「Ambush!Ravensborne Nucleochede」
サテライザー先輩達が出張る前に、3年生達の出番。
アーネット、クレオ、アティア、イングリッドの学年順位4~7位が敵集団を削り、
それを突破してきた2名の敵を学年順位2位のエリザベスが単騎で迎撃。
更にその障害をも乗り越えたイースト最強のキャシー=ロックハートが、
2年生トリオの守る最深部へと到達し、大暴れします。
ラナとガネッサをほぼ一方的にボッコボコにして、
残ったサテライザー先輩も“神速”相手に劣勢を強いられますが、
土壇場のカズヤのフリージング能力と呼びかけでキャシーが自我を取り戻し、
熱い告白にサテライザー先輩の迷いも消えて大逆転。
長い長いわだかまりも氷解して、ようやくカズヤの気持ちを素直に受け入れます。
ここまで処女とトラウマをこじらせ続けて、長かった・・・・・・。

Freezing 12 (1)
Freezing 12 (6)Freezing 12 (7)Freezing 12 (8)
Freezing 12 (12)Freezing 12 (14)Freezing 12 (15)
Freezing 12 (16)Freezing 12 (18)Freezing 12 (20)
Freezing 12 (21)Freezing 12 (23)Freezing 12 (26)
Freezing 12 (27)Freezing 12 (31)Freezing 12 (35)
Freezing 12 (36)Freezing 12 (38)Freezing 12 (39)
Freezing 12 (55)Freezing 12 (59)Freezing 12 (60)
Freezing 12 (77)Freezing 12 (79)Freezing 12 (80)
Freezing 12 (81)Freezing 12 (82)Freezing 12 (84)
Freezing 12 (91)Freezing 12 (92)Freezing 12 (93)
Freezing 12 (94)Freezing 12 (95)Freezing 12 (96)
Freezing 12 (104)Freezing 12 (105)Freezing 12 (106)
Freezing 12 (108)Freezing 12 (109)Freezing 12 (110)
Freezing 12 (111)Freezing 12 (112)Freezing 12 (113)
Freezing 12 (115)Freezing 12 (122)
Freezing 12 (131)Freezing 12 (132)Freezing 12 (134)
Freezing 12 (135)Freezing 12 (136)Freezing 12 (137)
Freezing 12 (198)Freezing 12 (199)
Freezing 12 (200)

Episode 12「Satellizer vs. Pandora」
キャシーこそ止めたものの、エリザベスを突破して聖骸へと到達した敵が1人。
対峙するのは今の今まで秘されていた学園の最終防波堤、
学年順位3位のティシー=フェニールと1位のシフォン=フェアチャイルド。
そして引き続きキャシーと交戦する2年生トリオは、
予想外の行動でサテライザー先輩を庇ったガネッサが予想外の死亡。
その欠落が怒りのトリガーとなり、本気出し過ぎたサテライザー先輩の力の前に、
両手をもぎ取られ、洗脳コアまで毟り取られて、やっと意識が戻ったキャシー。
そのまま怒り任せに止めを刺そうとする野生の能登麻美子をカズヤが止め、
パンドラ同士の戦いはこれを以て終結の運びとなります。
後は洗脳コアを媒介に転移してきたノヴァを皆で叩きのめすボーナスステージ。
暴走したサテライザー先輩を鎮め、更には他のパンドラも気持ちよくして、
最後の最後で主人公としての存在感を一番強く見せつけたカズヤの活躍で、
危急存亡の危機はひとまず回避されました。
それにしてもこの作品は、能登さんの野獣の咆哮をこれでもかと聴けますね。
中々聴けるものではないですよ、それだけでも非常に価値がある作品。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<コメレス:Dimension W関係 | ホームへ | フリージング Episode 09~10 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1767-15f40771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)