タイトル画像

フリージング Episode 07~08 感想

2016.04.01(21:00) 1766

Freezing 08 (109)

楽しい宴の始まりだ。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。
Freezing 07 (0)
Freezing 07 (2)Freezing 07 (6)
Freezing 07 (8)Freezing 07 (9)Freezing 07 (11)
Freezing 07 (12)Freezing 07 (13)Freezing 07 (15)
Freezing 07 (22)Freezing 07 (23)
Freezing 07 (29)Freezing 07 (34)Freezing 07 (35)
Freezing 07 (36)Freezing 07 (37)Freezing 07 (38)
Freezing 07 (43)Freezing 07 (47)
Freezing 07 (53)Freezing 07 (56)Freezing 07 (57)
Freezing 07 (65)Freezing 07 (67)
Freezing 07 (76)Freezing 07 (77)Freezing 07 (78)
Freezing 07 (80)Freezing 07 (85)Freezing 07 (92)
Freezing 07 (94)Freezing 07 (95)Freezing 07 (96)
Freezing 07 (98)Freezing 07 (102)Freezing 07 (105)
Freezing 07 (111)Freezing 07 (112)Freezing 07 (113)
Freezing 07 (114)Freezing 07 (115)Freezing 07 (121)
Freezing 07 (125)Freezing 07 (128)Freezing 07 (132)
Freezing 07 (140)Freezing 07 (141)Freezing 07 (142)
Freezing 07 (143)Freezing 07 (144)Freezing 07 (145)
Freezing 07 (148)Freezing 07 (152)
Freezing 07 (153)Freezing 07 (165)
Freezing 07 (166)Freezing 07 (167)Freezing 07 (168)
Freezing 07 (174)Freezing 07 (175)Freezing 07 (176)
Freezing 07 (177)Freezing 07 (178)Freezing 07 (179)
Freezing 07 (180)Freezing 07 (185)
Freezing 07 (68)Freezing 07 (69)

Episode 07「Sanction」
イングリッドよりもランクが上の2人を相手に、
カズヤのチート級のフリージング能力も使えない以上、
最初から勝ち目など無かったらしいアーネット&クレオ戦。
ラナ共々、ズタボロにされたサテライザー先輩は回想へ没頭。
それはさておき、アイキャッチが2人1組で済まされて可哀想に。
愛妾の娘として実父の家に母娘で引き取られたロリサテラ先輩は、
異母弟からの性的な虐待ですっかり接触恐怖症に陥り、
しかも唯一の心の拠り所だった母親は生活の安定と引き換えに娘を見殺し。
どんどん心が病んでいく中、母親は無責任な遺言を残してこの世を去り、
それでもそれだけを心の最後の支えに生きてきたサテライザー先輩に、
敗北は許されないという事で覚醒してアーネットをフルボッコ開始。
絶対に敗北しないという誓いがあるならガネッサに負けたのは何だったのか。
ラナの方も1度見た技は2度と通じないと聖闘士ばりの決め台詞を吐き、
クレオをK.O.して良く分からんうちに2年生コンビが勝ってしまいました。
そんな泥沼化する抗争を力づくで制止したのは学園最強、シフォン生徒会長。
糸目の本気です。

Freezing 08 (0)
Freezing 08 (1)Freezing 08 (2)Freezing 08 (3)
Freezing 08 (7)Freezing 08 (8)Freezing 08 (9)
Freezing 08 (14)Freezing 08 (21)
Freezing 08 (25)
Freezing 08 (31)Freezing 08 (42)Freezing 08 (43)
Freezing 08 (47)Freezing 08 (50)
Freezing 08 (53)Freezing 08 (54)Freezing 08 (55)
Freezing 08 (56)Freezing 08 (57)Freezing 08 (58)
Freezing 08 (60)Freezing 08 (62)Freezing 08 (65)
Freezing 08 (70)Freezing 08 (71)Freezing 08 (72)
Freezing 08 (75)Freezing 08 (76)Freezing 08 (77)
Freezing 08 (78)Freezing 08 (82)Freezing 08 (84)
Freezing 08 (95)Freezing 08 (96)Freezing 08 (97)
Freezing 08 (98)Freezing 08 (99)Freezing 08 (100)
Freezing 08 (104)Freezing 08 (105)Freezing 08 (106)
Freezing 08 (111)Freezing 08 (112)Freezing 08 (113)
Freezing 08 (115)Freezing 08 (116)Freezing 08 (118)
Freezing 08 (119)Freezing 08 (129)
Freezing 08 (130)Freezing 08 (131)Freezing 08 (132)
Freezing 08 (133)Freezing 08 (136)Freezing 08 (137)
Freezing 08 (141)Freezing 08 (142)Freezing 08 (143)
Freezing 08 (146)Freezing 08 (147)Freezing 08 (148)
Freezing 08 (152)Freezing 08 (154)Freezing 08 (155)
Freezing 08 (160)Freezing 08 (163)
Freezing 08 (165)Freezing 08 (166)Freezing 08 (167)
Freezing 08 (168)Freezing 08 (170)Freezing 08 (176)
Freezing 08 (178)Freezing 08 (179)Freezing 08 (180)
Freezing 08 (182)Freezing 08 (183)Freezing 08 (186)
Freezing 08 (187)Freezing 08 (189)Freezing 08 (190)
Freezing 08 (192)Freezing 08 (193)Freezing 08 (194)
Freezing 08 (202)Freezing 08 (214)
Freezing 08 (217)Freezing 08 (218)Freezing 08 (219)
Freezing 08 (221)Freezing 08 (222)Freezing 08 (224)
Freezing 08 (87)Freezing 08 (88)

Episode 08「Pandora Queen」
一応対外的にはノヴァという強大な敵がいるわけですが、
そんな事はお構いなしに学内抗争ばかりが取りざたされる本作。
今回はそれも少しお休みして、学祭のお話となります。
遂に動き出した3年生の学年順位2位、エリザベス=メイブリー。
制服姿よりも全裸でいる事の方が多い、生粋の裸族のお嬢様です。
彼女が真っ裸でうろうろしてると、アティア達の水着姿が健全に見える不思議。
そして始まる、真夏の夜の少女達の戦い、ミスコン。
パンドラが誇る痴女軍団が自己アピールに励む中、
アティアに個人的な挑戦を受けたサテライザー先輩も緊急参戦。
この辺りからアティアの貧乳キャラが始まって可愛さが増す頃合い。
まずもって身長自体が低いので、言う程貧乳でもないのですが、
まぁ周囲が大き過ぎる為にコンプレックスになるのは致し方ない事実。
結局痴女だらけの中で初々しさが認められたサテライザー先輩が優勝し、
この学園の男子生徒達の将来が若干不安になったところで宴は終幕。
アティアも3位に入ったので、コアなファンがいるのでしょう。
本当に大丈夫か、この学園。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<フリージング Episode 09~10 感想 | ホームへ | フリージング Episode 05~06 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1766-72bdcd6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)