タイトル画像

フリージング Episode 05~06 感想

2016.03.31(21:00) 1760

Freezing 06 (159)

正妻の座をかけて、デュエル開始。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。
Freezing 05 (0)
Freezing 05 (1)Freezing 05 (2)Freezing 05 (4)
Freezing 05 (8)Freezing 05 (13)Freezing 05 (14)
Freezing 05 (16)Freezing 05 (18)Freezing 05 (19)
Freezing 05 (23)Freezing 05 (25)Freezing 05 (27)
Freezing 05 (31)Freezing 05 (32)Freezing 05 (33)
Freezing 05 (34)Freezing 05 (35)Freezing 05 (36)
Freezing 05 (41)Freezing 05 (47)Freezing 05 (49)
Freezing 05 (54)Freezing 05 (55)Freezing 05 (56)
Freezing 05 (61)Freezing 05 (62)Freezing 05 (64)
Freezing 05 (65)Freezing 05 (68)Freezing 05 (71)
Freezing 05 (75)Freezing 05 (77)Freezing 05 (78)
Freezing 05 (79)Freezing 05 (81)Freezing 05 (83)
Freezing 05 (84)Freezing 05 (86)Freezing 05 (87)
Freezing 05 (88)Freezing 05 (89)Freezing 05 (92)
Freezing 05 (93)Freezing 05 (94)Freezing 05 (95)
Freezing 05 (105)Freezing 05 (106)Freezing 05 (108)
Freezing 05 (109)Freezing 05 (112)Freezing 05 (114)
Freezing 05 (117)Freezing 05 (118)Freezing 05 (119)
Freezing 05 (121)Freezing 05 (122)Freezing 05 (123)
Freezing 05 (125)Freezing 05 (128)Freezing 05 (132)
Freezing 05 (51)Freezing 05 (52)

Episode 05「She is Rana Linchen」
わざわざサブタイトルで紹介されるとは恐れ入ります。
というわけでサテライザー先輩に続くセカンドヒロインという名の第二夫人、
ふんどしチベット娘、ラナ=リンチェンの御降臨です。
イングリッド戦で衆人環視の下、勢い任せにリミッターに立候補したカズヤは、
積年のストーカー行為が実を結んでサテライザー先輩に受け入れられます。
まだ純情なサテライザー先輩なので「聖痕洗礼はしない」と条件付きですが、
それでも2人きりで食事をしたり、サテライザー先輩の部屋に招かれたり、
かなり不器用ながらも仲を進展させていく女王と番犬。
だがしかし、サテライザー先輩は同級生から大層嫌われていて、
やっかみから2年生女生徒のモブトリオに絡まれて嬲られる1年生トリオ。
委員長は兎も角、サテライザー先輩とガネッサのリミッターに手を出すとか、
いくら何でも頭が悪すぎるモブトリオは、通りがかったラナにより、
一瞬で鎮圧されてしまうのですた、めでたしめでたし。
股間ぐりぐり超痛そう。

Freezing 06 (0)
Freezing 06 (3)Freezing 06 (15)
Freezing 06 (20)Freezing 06 (21)Freezing 06 (23)
Freezing 06 (26)Freezing 06 (30)Freezing 06 (31)
Freezing 06 (32)Freezing 06 (34)Freezing 06 (39)
Freezing 06 (47)Freezing 06 (43)
Freezing 06 (53)Freezing 06 (54)Freezing 06 (56)
Freezing 06 (64)Freezing 06 (72)
Freezing 06 (76)Freezing 06 (84)
Freezing 06 (86)Freezing 06 (87)Freezing 06 (88)
Freezing 06 (89)Freezing 06 (90)Freezing 06 (91)
Freezing 06 (92)Freezing 06 (97)
Freezing 06 (105)Freezing 06 (106)
Freezing 06 (114)Freezing 06 (118)
Freezing 06 (124)Freezing 06 (137)
Freezing 06 (148)Freezing 06 (149)
Freezing 06 (166)Freezing 06 (170)
Freezing 06 (182)Freezing 06 (189)
Freezing 06 (190)Freezing 06 (194)

Episode 06「Machination」
ラナが正式にサテライザー先輩と同じクラスに編入され、
カズヤを巡って堂々の宣戦布告をする波乱の学園生活。
戦闘技術でもガネッサに引けを取らない強さを発揮し、
同級生はおろか上級生にまで一目置かれて面倒の種が芽吹く芽吹く。
というか模擬戦闘で相手の急所を躊躇なく狙うガネッサ怖過ぎ。
人目を気にせずカズヤに積極的に迫るラナの行動に引き摺られて、
サテライザー先輩の行動も加速の兆候を見せますが、
そんな学園ラブコメ路線をぶった切るアティアの策略により、
ラナが騙されてサテライザー先輩に決闘を申し込む流れに向かいます。
互いに奥の手を出し合って互角の勝負を続ける2人は、
ボロボロになりながらも譲らず、カズヤの仲裁が入って一時休戦。
今度は裏で糸を引いていた3年生ランカー達との抗争へと移ります。
血の気の多い子しかいない学園、プライスレス。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<フリージング Episode 07~08 感想 | ホームへ | フリージング Episode 03~04 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1760-46b8b4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)