タイトル画像

初音ミク PROJECT DIVA-X プレイ日記 2:キュートエリア攻略

2016.04.23(21:00) 1744

2キュート-0

やっぱりミクなんですよねぇ。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



2キュート-1 (1)
2キュート-1 (2)2キュート-1 (5)
2キュート-1 (7)2キュート-1 (9)

「ウミユリ海底譚」
キュートエリアの1曲目。
海底をイメージした可愛らしいステージセットと、
それに合わせて波間に揺れるふわふわダンスに癒される楽曲です。
モジュールもそうですけど、このステージセットの製作も凝ってますよね。
このシリーズは全ての関係者の愛の結晶だと改めて実感させられます。
「深海少女」もいつか収録してくれないかなぁ。
それとも私がプレイを始めた「diva 2nd」以前に収録されてるのかしら。
今回手に入れたモジュールは「カラフルドロップ」。
こういう過去の収録曲の衣装が出てくると、その曲をプレイしたくなります。
というかモジュールばかり収録しないで、曲も入れればいいのに。
もしくは前作までのモジュールも省くか、どちらかですよねぇ。
その辺、色々な大人の事情はあるかと思いますが、善処して欲しいところ。

2キュート-2 (2)
2キュート-2 (3)2キュート-2 (4)
2キュート-2 (6)2キュート-2 (10)

「LOL -lots of laugh-」
キュートエリアの2曲目。
難しくはなくとも独特のリズム感があって、
何とか追いかけている内にプレイが終わってしまった印象です。
ネオンボールとマイクに見立てた星のスティックがアイドルっぽさを演出。
振り付けも激し過ぎず、非常にお淑やかな感じでまったりしています。
しかし“l.o.l.”って聞かされるとネットゲームで外国の方とプレイした時に、
やたらとパーティーチャットとかで連呼された印象しかなくて若干草生えます。
今回手に入れたモジュールは「うさみみパーカー」。
まさにキュートエリアらしい、キュートなデザインです。

2キュート-3 (1)
2キュート-3 (3)2キュート-3 (4)
2キュート-3 (5)2キュート-3 (8)

「クノイチでも恋がしたい」
キュートエリアの3曲目。
キュートエリアで唯一聴きこんでいた楽曲なので、
プレイ自体には全く支障がないくらいに楽でした。
問題はアップテンポの楽曲なので、スクショ撮るタイミングが難しく、
毎回ミスしながらスクショを撮影するという自己犠牲精神。
というか聴き慣れているのは確かでも、私はrecog&アンダーバーさんの、
替え歌の方ばっかり聴いていたので、若干違和感はあったり。
今回手に入れたモジュールは「紫揚羽」。
これ、何の衣装でしたっけ、「え? あぁ、そう。」だったかな。
デザイン自体は好きですが、ミクの衣装としては、うーん。

2キュート-4 (1)
2キュート-4 (2)2キュート-4 (3)
2キュート-4 (4)2キュート-4 (6)

「ツギハギスタッカート」
キュートエリアの4曲目。
全体的に非常にテンポ良くて気持ちよくプレイ出来る楽曲で、
キャラクターの時計の針をモチーフにしたのか、
メトロノームをイメージしているのか分かりませんが、振り付けも独特。
身体全体ではなく手足を上手く使ったロボットダンスちっくな踊りは、
もっとじっくり見ていたくなります、プレイ中にそんな暇ないですけど。
今回手に入れたモジュールは「理系少女」。
100コンボ毎にレートが上がる能力ですが、実用性はどうなのやら。
取りあえず記事を書いている間は全く要りませんね。
スクショを撮影する関係上、まずコンボなんて3桁いきませんから。

2キュート-5 (1)
2キュート-5 (2)2キュート-5 (3)
2キュート-5 (4)2キュート-5 (7)

「恋愛裁判」
キュートエリアの5曲目。
ひたすらリズムが取りずらく、スクショを撮りながらだとミス連発。
原曲を知っているのなんて1~2割程度なので、
大体は初見でどういう曲かも分からずプレイしているわけですが、
この曲はその中でも一際タイミングが取りずらい印象でした。
早いうちに慣れておかないと、EXTREMEで死ねます。
今回手に入れたモジュールは「フォニュエールスタイル」。
「ネトゲ廃人シュプレヒコール」の衣装ですね、懐かしい。
MMORPG等をプレイしなくなって久しいですが、
たまには少しやりたくなる、そんな感情を喚起する衣装。

2キュート-6 (1)
2キュート-6 (2)2キュート-6 (3)
2キュート-6 (4)2キュート-6 (5)
2キュート-6 (6)2キュート-6 (9)
2キュート-6 (11)

「キュート・メドレー ~アイドル サウンズ~」
キュートエリアの最後を飾るのは、やはりメドレー。
「イージーデンス」に始まり「FREELY TOMORROW」、
「ビバハピ」「アゲアゲアゲイン」「アイドルを咲かせ」と繋がります

アップテンポの曲と独特のリズムの曲が混ざっていて、
しかもほぼ全て初めて聴く曲ばかりだったので、繋ぎ目でミス連発。
ただ、ノリがいい曲が多かったのも事実なので、
一度リズムに乗ってしまえば後は楽でした、譜面を追うのは。
モジュール獲得演出中に曲が切り替わってしまうのはミスじゃないかと、
個人的には思いましたがどうなんでしょうね。
今回手に入れたモジュールは「スターヴォイス」。
多分、初めて見た様な気がしますが、新規追加モジュールかしら。
中々可愛らしい外見で気に入りそうです。

2キュート-7 (1)2キュート-7 (2)
2キュート-7 (4)2キュート-7 (5)
2キュート-7 (6)2キュート-7 (8)

このエリアはこれにてクリアですが、おまけでプレゼントイベント発生。
私の場合、スクショを撮影する関係で会話イベントをスキップしちゃって、
何が欲しいのか分からなくなる可能性がかなり高そうですが、
これを達成すると好感度の上昇幅がかなり大きいので、
出来る限り成功させていかないといけませんね。
相変わらず全ての子に対して好感度最大のトロフィーがありますし。
道のりの険しさに眩暈がしそうですが、気にせずプレイしましょう。
その内、気づいたら達成していたとなるように。

DX2 (117)DX2 (150)
DX2 (136)DX2 (155)
2キュート-8 (6)2キュート-8 (7)
2キュート-8 (0)2キュート-8 (2)2キュート-8 (4)
2キュート-9 (0)2キュート-9 (1)

その他、キュートエリア(+ニュートラル)で入手したモジュール一覧。
現状ではプレイ出来る難易度は各楽曲2種類ずつなので、
物語攻略とは別にもう1回ずつプレイし直しています。
基本的に物語進行中はミクを、再度プレイ時には別の子を、
使用する様に心がけた結果が上記の通り。
分かってはいましたけどランダム感が半端ないです、曲関係なしに。
モジュールコンプリートのトロフィーとかあったら死ねますね。
まぁ最悪リアルマネーで解決する手もある・・・のかな。
そうはなりたくないものです。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<初音ミク PROJECT DIVA-X プレイ日記 3:クールエリア攻略 | ホームへ | コメント対応:ヒロアカ&最弱無敗>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1744-02626aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)