タイトル画像

初音ミク PROJECT DIVA-X プレイ日記 1:ニュートラルエリア攻略

2016.03.13(21:00) 1741

DX2 (109)

メドレーって楽しいけど大変だ。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。

DX1 (2)
DX1 (4)DX1 (5)

ゲームを開始して、多分チュートリアルなんかがあった筈なのですが、
スクショを撮る為にPSボタンとスタートボタンを押していたら、
この辺はイベントムービー扱いだったらしく、うっかりスキップしてしまう悲劇。
取り敢えずは永遠のメインヒロインであるところの初音ミクと、
ショタコンロリコンにはお馴染みの鏡音ツインズ。
そういえばリンとレンって、長幼関係ってどうなってるんでしたっけ。
双子ですけど、一応リンがお姉ちゃんでレンが弟なのかな。
その逆って全然イメージが湧かないですから、多分あってる筈。
今回も楽しませて貰います。

DX1 (8)
DX1 (9)DX1 (10)

今作ではモジュールの獲得方法や、アイテムの入手方式がかなり違います。
特に面白いのは、前作とかでチャンスタイムに成功したら特別演出入る仕様だったのが、
今作ではモジュールに着替える演出が入って、しかもそのままクリアすれば、
着ているモジュールを獲得できるという非情に面白い仕様になってるのです。
更に言うと、入手出来るモジュールにはどうやらランダム性があるらしく、
曲と難易度で固定されているわけではないという事。
その分、衣装コンプリートが難しいのかもしれませんが、
うーん、既に所持している衣装も被って出てきちゃったりするのかな。
とはいえ、お金に頼らない生活なので、全キャラの衣装コンプ難易度は上がったかな。
その辺、やりなが肌で感じるしか。

DX1 (11)
DX1 (12)DX1 (13)
DX1 (14)DX1 (15)
DX1 (16)DX1 (18)
DX1 (19)
DX1 (20)DX1 (21)
DX1 (22)

記念すべき第一曲目は完全にタイトルで選ばれたであろう「ハジメテノオト」。
選曲も含めて、最初のプレイはやはり感慨深いものがあります。
獲得したモジュールは眼鏡とチェックのスカートを身に纏い、
そしてロッソネロのタイツが眩しいナチュラルでございます、確か既存モジュール。
それが何の曲だったか思い出せませんけどねー多過ぎて。
というか衣装ごとにスキル設定がされていますが、これは固定なのかな。
そしてレベル表記がありますが、これはモジュールを使用していくと成長するのか。
もしもそうならかなり大変なやり込み要素がまた1つ増えてる事になりますけど。

DX1 (24)
DX1 (25)DX1 (26)
DX1 (27)DX1 (28)
DX1 (29)
DX1 (30)DX1 (32)
DX1 (33)

ニュートラルエリア2曲目「愛の歌」。
かなり有名な曲ですが、残念ながら老害の私は聴いた事ありませんでした。
良い曲ですが、若干リズムが取りずらい箇所があるかな、初見だからかもですけど。
そしてここでの獲得モジュールは暗闇で光り輝きそうなリンケージ。
ちなみに現在、私のPSvitaちゃんは絶賛不機嫌中で、
リズムゲームプレイ中にアナログスティックが勝手に入力されまくるバグで、
物凄い雑音がして集中出来ないわ、星型マークはミスしまくるわ、
中々酷いハンディキャップを背負いながらのプレイとなっております。
曲に集中している時に「シャンシャンwwwwシャシャシャンwwww」という感じで、
調子乗った学生がカラオケで鳴らすタンバリンみたいな騒音被害が不可避な状況。

DX2 (9)
DX2 (2)DX2 (6)
DX2 (10)DX2 (14)

次の歌に移る前に、先程の2曲のもう片方の難易度をクリアして、
新たにホーリーゴッデスと堕惡天使を獲得。
神曲」と「秘密警察
堕惡天使のこの衣装は本当に可愛いですよねぇ、曲ともどもお気に入り。
果たしてそれぞれの曲の方が収録されているか知りませんが、
まぁなければ前作とか前々作を引っ張り出してきてプレイすればいいか。
PVとかもキャプチャーした自前のものを保存はしてあるんですけどね。
たまに見てるとゲームをプレイしたくなります、うずうず。

DX2 (17)
DX2 (20)DX2 (25)
DX2 (27)
DX2 (28)DX2 (35)
DX2 (37)
DX2 (39)DX2 (44)

ニュートラルエリアの第3曲目「satisfaction」。
これまた知らない曲で、どんどん己の浅学さを思い知らされますが、
まぁこの作品群で出会えて、マイフェイバリットになった楽曲も多いですし、
入口は何処からでもいいんですよ、その曲を知って好きになるのに。
というわけでここでは初のレアモジュールとしてDE:MONSTARを、
そして一度クリアしてから別難易度をプレイしてP-スタイル CGを獲得。
金髪が眩し過ぎて最初ネルかと思いました、ゴールデン。
というか難易度ハード以上が出てきませんね。
スクショしながらなので正直ハード出てきても満足にプレイ出来るか謎ですが、
個人的にはハードくらいの方がやりやすいです。
音ゲー下手なのでエクストリームを初見でクリアとかは無理ですけども。

DX2 (48)
DX2 (51)DX2 (52)
DX2 (54)
DX2 (59)DX2 (60)
DX2 (69)DX2 (74)

ニュートラルエリアの第4曲目「罪の名前」。
これまた初見の楽曲でアレなんですけれども、
童話性+物語性というか、非常に好きな系統の楽曲でした。
これは後で原曲をチェックしてみないといけませんね。
歌詞もPVも雰囲気が出ていて大変素晴らしいのですが、
まぁ実際にはプレイ中にじっくり眺めたり堪能したりする暇なんて勿論なし。
こういうのはチェックだけしておいて、後でPV鑑賞するのが紳士の嗜みです。
獲得したレアモジュール、カンタトリスはこの楽曲に非常に合っていてラッキー。
ミクの恰好と相まって、一気にオペラ感やミュージカル感が増しました。
難易度変更して獲得したスクールは、うん、まぁ可愛いんですが。
本当に曲目関係なくランダム排出っぽいですねー、台無しです。

DX2 (76)
DX2 (77)DX2 (80)
DX2 (83)DX2 (84)
DX2 (86)DX2 (88)
DX2 (91)DX2 (96)
DX2 (100)

ニュートラルエリアの大トリを飾るのは、今作の目玉ともいえる楽曲。
その名も「はじまりのメドレー ~プライマリーカラーズ~」。
「恋スルVOC@LOID」「Dreaming Leaf -ユメミルコトノハ-」
「フキゲンワルツ」「ミラクルペイント」
という流れで、
OSTER projectメドレーという仕様になっております。
2曲目からリンとレンが、3曲目からルカが、4曲目からメイコとカイトが、
それぞれ加入して最終的には6人勢揃いで華々しいステージに。
おそらく各エリアの締めはこうしてメドレーなんでしょうね。
途中で曲のリズムが変わるので結構戸惑いますが、慣れるとかなり楽しい。
収録楽曲も稼げるし、良い仕事しております、セガさん。

DX2 (90)DX2 (97)
DX2 (107)DX2 (114)
DX2 (116)

ちなみに先程のメドレーでも途中できちんとモジュールを獲得しております。
というわけでこれにてニュートラルエリアはコンプリート。
いや、厳密には後程ハードやエクストリームをプレイしに戻ってきますが、
取り急ぎは新しいエリアが開放されて、物語は次の舞台へ。
うーむ、この攻略している感じは意外と楽しいですね、うむうむ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<艦これ改 プレイ日記 18「甲難易度、抜錨します」 | ホームへ | 閑話休題:スマホが生まれ変わりました>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1741-0f901322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)