タイトル画像

艦これ改 プレイ日記 11「AF・FS・MI海域、制圧完了です」

2016.03.01(21:00) 1725

KK8-13 (13)

深海勢力にも色々な艦娘がいて盛り上がりますね。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



KK8-8 (1)
KK8-8 (2)KK8-8 (5)
KK8-8 (8)KK8-8 (9)
KK8-8 (11)KK8-8 (12)
KK8-8 (14)

AL海域の第一作戦海域、北方AL海域前縁部。
忘れた頃にやってくる、出撃艦種限定海域となっております。
なので駆逐艦や軽巡洋艦、軽空母で構成して臨んだわけですが、
マップ自体もかなり狭いし、余り気負う事も無かったかな。
ボス戦を含めて全3戦だと非常にこちらも気が楽でございますよ。
最奥で待ち構えるのは久し振りに顔を見た軽巡棲鬼。
夜戦時の連撃は既に昼戦で大破していた由良が受けてくれるという、
運の良さも手伝って撃破自体には成功しましたが、
ボスドロップは阿武隈でした、またしても近代化改修材料か・・・・・・。
まぁ雪風の大破画像を初めて見る事が出来ましたし、良しとしましょう。
ああいうスカートとかワンピースの裾を手で押さえる仕草って素敵。

KK8-11 (1)
KK8-11 (2)KK8-11 (4)
KK8-11 (6)KK8-11 (7)
KK8-11 (8)
KK8-11 (9)KK8-11 (10)

AL海域の第二作戦海域、北方AL列島沖。
中部海域もそうでしたが、地味に敵の中に潜水艦が混ざってるんですよね。
だからといって潜水艦1隻の為に指示ボックスに対潜を入れる気にもならず、
結局ガン無視で水上艦に砲撃や雷撃をしているわけですが、
多分それが正しい対処の方法だと思います、体感的には。
そもそも戦闘開始前の索敵に成功したら敵の概要を見せて欲しいものです。
しかも結局ボス戦では潜水艦は出ないし、相変わらず輸送船多いし。
駆逐艦も後期型すらいない雑魚の集まりで非常に楽でした。
慎重を期して利根とか引っ張ってきたのに、要らなかったという。
まぁそれもこのゲームの面白さ。

KK8-12 (1)
KK8-12 (2)KK8-12 (6)
KK8-12 (8)KK8-12 (10)
KK8-12 (11)

AL海域の第三作戦海域、北方AL海域中心部。
この海域は入渠ドック自体は元々存在してはいないのですが、
開放キーがあれば入渠ドックを用意する事が出来て非常に親切。
やはり入渠ドックがあるかないかは、戦闘の運び方等に大きく影響します。
南方で損傷して以来、ずっと放置されていた金剛を久し振りに召喚し、
入渠ドックと高速修復材で一気に修繕して戦線投入。
戦艦の圧倒的な火力で、駒不足で不足している艦隊打撃力を補います。
最短距離で踏破した先、ボス戦は何と北方棲姫ただ1隻のみ。
南方棲鬼でしたっけ、あちらと比べるとえらいロリロリしいですが、
流石に方面長を務め上げているだけあって強さはそれなり。
でも流石に単騎迎撃はやり過ぎですよねぇ、夜戦火力の前に撃沈です。

KK8-13 (1)
KK8-13 (2)KK8-13 (6)
KK8-13 (7)KK8-13 (10)
KK8-13 (14)KK8-13 (15)
KK8-13 (18)

FS海域の第一作戦海域、南太平洋FS海域前縁部。
AL海域の第四作戦海域が開放されなかったので、先にこちらを。
戦艦系と空母系が軒並み出撃禁止なので、駆逐艦主体です。
叢雲は改以前と改二で立ち絵の存在感がえらい違いますよね、垢抜け過ぎ。
最早駆逐艦が背負うような兵装の範囲を超えた重装備で、
ワンピース型のスカートの裾も際どい上にスリットまで入って痴女風味。
後は上半身も下半身も薄手のボディスーツみたいなものを着用していて、
肉感を強調しているのが尚の事可愛さと色気を共存させています。
とか何とか叢雲について語っている間に最短距離でボス戦へ突き進み、
夜戦火力でも敵指揮艦を倒しきれずに勝利だけを得た格好です。
水母棲姫の連撃に狙われて、叢雲の大破画像が見られるかと思いましたが、
駆逐艦仲間の初霜が庇って幼児性溢れる姿を晒して終了。
この子ももうLv.67なので、そろそろ改二に進化してくれないかしら。

KK8-14 (1)
KK8-14 (2)KK8-14 (3)
KK8-14 (7)KK8-14 (10)
KK8-14 (12)KK8-14 (13)
KK8-14 (17)

FS海域の第二作戦海域、南太平洋FS海域。
途中耐久力400もある化け物がいましたが、戦闘ショートカット中で姿は見えず。
考えてみたら敵耐久力の数値って強さのバロメーターの1つなのに、
戦闘をちゃんと見てたら交戦前に確認出来ず、ショートカットしてると確認可能って、
それって逆ですよね、せめて索敵成功時に艦種くらい正確に教えて欲しいのに。
回り道をさせられたせいでボス戦前に比叡が中破してしまい、
攻撃力が減衰した事で港湾棲姫をまたしても倒しきれなかったか。
しかし改二になってから全体的に中破・大破時の露出は増えてますが、
金剛四姉妹のそれはかなり際どいですよね、戦艦や正規空母はお色気担当。
比叡も上半身とか、少し動いただけで完全に見えますよ、危険。

KK8-15 (1)
KK8-15 (2)KK8-15 (5)
KK8-15 (8)KK8-15 (9)
KK8-15 (10)KK8-15 (12)
KK8-15 (14)

FS海域の第三作戦海域、FS海域F諸島沖。
またしても道中に耐久力400の化け物がいましたが以下同文。
ここもボスに行く事自体はかなり楽ですかね、
一番最初のマスで自由にルート選べるのがかなり大きいです。
で、最奥で待ち受けるは前もあった様な、泊地水鬼という新種が単騎待機。
耐久力430って今までで最高ですっけ、装甲もえらい硬いです。
陸奥の連撃でダメージ30って何なのよ、装甲貫けてないのか。
夜戦にも持ち込みましたが耐久力をあと50程、削り切る事が出来ずに、
ここでもボスを倒しきれないという情けない結果に終わって、しょんぼり。
こんな体たらくでラスボスに勝てるのか、甚だ疑問です。

KK8-16 (1)
KK8-16 (2)KK8-16 (6)
KK8-16 (11)KK8-16 (12)
KK8-16 (13)KK8-16 (14)
KK8-16 (17)

FS海域の第四作戦海域、FS海域S諸島沖。
“FS作戦”ってF諸島とS諸島の頭文字を併せた呼称だったんだと気づく今日、
この海域全体の制海権を獲得する為に、比叡と榛名の姉妹が挑みます。
バケツを使用して強制的に高速修復させられて、資材をフル活用。
道中には耐久力400の以下同文。
ここの港湾棲姫は耐久力が490もありますね、インフレが始まっている。
比叡がやたらと砲撃を外すせいで、またぞろ倒せない空気が漂いましたが、
夜戦突入後に姉の不始末をカバーする榛名の連撃で300ダメージを叩き出し、
確か初めてですかね、港湾棲鬼の討伐を成功いたしました。
海域の〆に相応しい勝利でしたね、これにてFS海域完了。
集合写真に音声調整表示が入ってるのも良い思い出です。

KK8-17 (1)
KK8-17 (2)KK8-17 (6)
KK8-17 (7)KK8-17 (8)
KK8-17 (10)

MI海域の第一作戦海域、北太平洋海域。
FS海域を制圧してもAL海域の第四作戦海域が開放されないので、
現状ではここに来るしかなかったという消極的な進軍。
ここは駆逐艦と軽巡洋艦、練習巡洋艦、潜水艦系しか出撃出来ないので、
AL海域やFS海域に出払っていた5艦隊の構成メンバー以外から、
軽巡洋艦2隻と駆逐艦4隻を選び出した水雷戦隊で挑みます。
こちらがかなり軽い構成に縛られる分、敵側もかなり軽いので、
結果として楽勝ムードが一度も途切れることなく終わる結果に。
無理矢理呼び出した名取が中破してますが、下着がキュートでしたね。

KK8-18 (1)
KK8-18 (2)KK8-18 (2-2)
KK8-18 (3)KK8-18 (4)
KK8-18 (9)KK8-18 (11)
KK8-18 (13)
KK8-18 (15)KK8-18 (16)

MI海域の第二作戦海域、MI諸島沖。
空母を主軸にして編成しろとの説明文先輩の指示でしたが、
度重なる強行軍のせいで正規空母が1隻も動員出来ず、
軽空母も難しかったので祥鳳と隼鷹の2隻に無理いって御足労願い、
その他は雷巡や重巡、航巡でお茶を濁すという誤魔化しプレイ。
ちなみにここの道中には耐久力550という凄まじい敵がいましたが、
いつもの通りに戦闘ショートカットで詳細を視ていません、2周目のお楽しみ。
そうそう、ボス戦では初めて対空カットインというものが発生しました。
摩耶は流石対空型重巡洋艦ですね、何が起こったか最初分からず。
そんなこんなで空母棲鬼も無事に沈めて突破成功。
遂に敵の本陣へと迫る足掛かり、深海運河海域が開放されました。
その他、ずっと封鎖されていたAL海域の第四作戦海域も開放。
またぞろ忙しくなりそうです。

KK8-19 (1)
KK8-19 (2)KK8-19 (4)
KK8-19 (9)KK8-19 (11)
KK8-19 (14)

AL海域の第三作戦海域、北方AL海域最深部。
勢い任せで先にMI海域を終わらせても良かったのですが、
金剛お姉様の艦隊がずっと第三作戦海域突破直後から、
今まで4日間くらいずっと待機してくれていましたので、こちらから進めます。
待機中、遠征に失敗した恨みからか、やる気に溢れる艦娘が4隻。
最短距離の全4戦コースかな、開幕の航空戦で古鷹がワンパンされ、
火力不足で北方棲姫を仕留められずにしょんぼり終了。
うーん、装甲が硬いなぁ、ダメージが中々通りません。
ともあれAL海域はこれで制海権確保出来ましたので、
金剛達の待機も報われましたかね、お疲れ様です。

KK8-20 (1)
KK8-20 (2)KK8-20 (2-2)
KK8-20 (8)KK8-20 (9)
KK8-20 (11)KK8-20 (12)
KK8-20 (17)

MI海域の第三作戦海域、MI諸島近海。
道のりが長いのでどうしても全5戦になってしまうのかな、
本当に人手が足りないので、鎮守府で優雅に待機していた、
扶桑と山城の姉妹を引っ張り出して無理矢理艦隊を整えましたが、
ボスに辿り着く前に山城と北上が中破、ボス戦の航空戦で大破と、
かなり苦戦しつつも進み、見えたのは新型、離島棲鬼。
そのゴスロリちっくな見た目に非常に合うBGMでテンションもあがり、
イケイケゴーゴーで夜戦に突入、扶桑と羽黒が3連カットインを決めるも、
やっぱり残り1割を削り切れずに通常の勝利となりました。
火力不足が深刻ですねぇ、ぐぬぅ。

KK8-21 (1)
KK8-21 (2)KK8-21 (5)
KK8-21 (9)KK8-21 (12)
KK8-21 (15)
KK8-21 (16)KK8-21 (17)

MI海域の第四作戦海域、MI諸島東部海域。
遂に出てきましたね、戦艦棲姫。
結果から言うと簡単に撃沈させる事は出来ましたが、
これはあくまで僚艦が雑魚過ぎて航空部隊がいなかったお蔭。
後は夜戦で素晴らしい痛撃を叩き出した木曾のお蔭ですね。
木曾が130くらいの大ダメージを与えて敵の残り耐久力が12となり、
次の扶桑の砲撃で終わると思ったら、まさかの1ダメージ。
更に次の山城はちゃんとダメージ通したのに、駄目なお姉様です。
道中では蒼龍と金剛が、ボス戦では霧島がドロップしたんですが、
どれもこれも被ってるので近代化改修用員として右から左へ。
飛龍が欲しいのに、中々出なくて悲しいですね、任務進まない。
クリアした時点で深海海域の後方と中枢が開放。
最終決戦の日は近いです。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<艦これ改 プレイ日記 12「深海勢力の本拠地、突撃です」 | ホームへ | コメント対応:霊剣山 星屑たちの宴>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1725-c1ce2c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)