タイトル画像

艦これ改 プレイ日記 10「西方・南方・中部海域、制圧完了です」

2016.02.28(21:00) 1724

kk7-30 (69)

改二、資材消費激し過ぎ。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



kk7-23 (1)AAA
kk7-23 (3)kk7-23 (4)
kk7-23 (5)kk7-23 (7)
kk7-23 (9)AAA
kk7-23 (11)kk7-23 (12)
kk7-23 (13)kk7-23 (14)

さて、西南海域の制海権を確保したら、次は西方海域です、ゴーウェスト。
天竺を目指す心持ちで侵攻したこの西方海域。
第一作戦海域は大変美味しそうな名前のカレー洋正面海域。
カレー洋ってまさかインド洋の事をネタにしているわけじゃないですよね。
前回までの海域から引き続き、こちらもさくさく力押しで攻略し、
ボスの装甲空母鬼も全く攻撃を食らうことなく比叡の剛砲で撃沈。
同第二作戦海域とは別に南方海域も新しく開放されて、
鎮守府で待機していた艦隊を別に攻略に向かわせる多面侵攻を開始します。
ついでにカレー関係の任務を2つ達成して、またまた報酬うまうま。

kk7-24 (7)AAA
kk7-24 (5)kk7-24 (8)
kk7-24 (11)AAA

西方海域の第二作戦海域、ベーグル湾沖。
気が付けばずっと多摩を旗艦のまま、進軍し続けてます。
ただまぁ、やはりこの辺りになると敵の攻撃が苛烈になるのか、
負けこそせずとも1~2隻は中破・大破するのがお約束なのに、
このマップは戦艦や正規空母等がお断りのマップだからでしょうかね、
ボス戦まで一直線で突き進み、挑んでみたら余りの弱さに絶句。
寧ろメインイベントは道中での雑魚から得た、駆逐艦の陽炎になります。
見た目通りというか、絵師さん繋がりというか、不知火と姉妹艦らしいです。
というかそのものずばり、陽炎型駆逐艦のネームシップさん。
戦闘妖精雪風も姉妹になるそうです、というか本作で一番姉妹が多い一族。
ともあれ良い子を貰いました、大切にしましょう。

kk7-25 (1)AAA
kk7-25 (3)kk7-25 (4)
kk7-25 (6)kk7-25 (8)
kk7-25 (12)AA

西方海域の第三作戦海域、カレー洋リランカ島沖。
パッと見の道程は長そうに見えますが、進路選択マスと渦潮マスで、
最短距離を突き進めば全3戦でボスまで撃破出来る、比較的楽な面です。
最後の関門であるボスはこれまで一度も撃沈出来ていない港湾棲姫。
最大火力である比叡が2回の砲撃で両方とも駆逐艦を狙った為、
昼戦では全く削れず、夜戦に持ち込むも半分止まりという体たらく。
コイツを撃破出来れば素晴らしい艦娘がドロップしそうなんですけどね。
まだまだ我が艦隊の火力では足りないのか・・・・・・・。
参戦メンバー全員が改二になってるくらいじゃないと駄目かしらね。
ともあれ、マップ自体はきちんとクリアしたので良しとしましょう。

kk7-26 (1)AAA
kk7-26 (3)kk7-26 (5)
kk7-26 (6)kk7-26 (10)
kk7-26 (13)kk7-26 (15)
kk7-26 (17)AAA

西方海域の第四作戦海域、ステビア海アンズ諸島沖。
ここで満を持しての戦艦2隻&正規空母2隻を擁した艦隊を投入します。
作戦ボックスも5枠確保された、力強い編成。
道中、艦隊合計耐久力480という驚異の部隊もいたりしますし、
港湾棲姫の更に上位版ともいうべき港湾水鬼を倒しきる事は出来ず、
またしても消化不良の海域最終戦勝利となりました、ちくせう。
でもBGMは相変わらず鳥肌が立つくらいいいですね、テンション上がりまくり。
ちなみにここまで、地獄の特訓(弥生編)を終えてから1週間。
丁難易度だとリセマラ無しでもこのくらい出来ちゃうのが楽でいいです。
というわけで西方海域の制海権、獲得。

kk7-27 (11)kk7-27 (12)KK7-27 (52)KK7-27 (74)
KK7-27 (90)KK7-27 (91)KK7-27 (92)KK7-27 (93)
kk7-29 (12)
kk7-29 (3)kk7-29 (4)
kk7-29 (5)kk7-29 (10)
kk7-29 (7)kk7-29 (1)

はい、南方海域の攻略に移る前に、月の変わり目が来ました。
というわけで全員一旦鎮守府海域に帰投して、恒例の合宿開始。
私が試した中では1回の最大獲得経験値は20000程度でした。
戦闘ショートカットしているので、何でそんなに差がつくのか謎ですけど、
じわじわ改二を増やしながら演習を続けているので、
個人的には初めてみる大破画像なんかも多かったりで楽しい合宿となりました。
叢雲の、破れた服の裾を押さえる仕草は相変わらずそそりますね。
香取や明石や夕雲と、各艦娘毎に衣装の破れ方に拘りがあるのもわかります。
あ、ちなみに今回の訓練教官は五十鈴です。
由良共々、対潜能力の高い軽巡洋艦2隻が皆を徹底指導。
結果にコミットさせてくれています、感謝。

KK7-28 (0)KK7-28 (1)
KK7-28 (2)KK7-28 (4)

例の如く、建造も特訓の合間に、たまに挟んでおります。
灰髪ポニテでヘソチラの夕張は、別に胸のサイズはメロンじゃないのか。
伊8はドイツから譲渡された潜水艦なのか、突然のグーテンターク。
伊168以来の、超久し振りの潜水艦ですね、スク水が眩しい。
潜水艦の衣装がスクール水着だというのは言われてみると納得ですが、
最初に考えた人はかなりセンスに溢れています、これ前も言いましたっけ。
大井は北上と姉妹・・・・・・というわけではないけどコンビの艦娘。
そして非常に珍しい艦種であろう、練習巡洋艦の香取。
名称だけで考えると戦場に出してはいけない気がしますが、
能力を見ればそんなに悪くない、というか普通に軽巡洋艦みたいな感じ。
うーん、どうなんでしょう、判断が尽きません。
取り敢えず可愛いのは分かりますけど。

kk7-30 (3)kk7-30 (4)kk7-30 (5)
kk7-30 (9)kk7-30 (10)kk7-30 (11)
kk7-30 (12)kk7-30 (13)kk7-30 (20)
kk7-30 (27)kk7-30 (29)kk7-30 (35)
kk7-30 (41)KK7-30 (42)
kk7-30 (45)kk7-30 (46)
kk7-30 (47)kk7-30 (48)
kk7-30 (49)kk7-30 (50)
kk7-30 (51)kk7-30 (52)
kk7-30 (53)kk7-30 (54)
kk7-30 (55)kk7-30 (56)
kk7-30 (57)kk7-30 (58)
kk7-30 (59)kk7-30 (60)
kk7-30 (61)kk7-30 (62)
kk7-30 (63)kk7-30 (64)
kk7-30 (65)kk7-30 (66)
kk7-30 (67)kk7-30 (68)
kk7-30 (70)kk7-30 (71)
kk7-30 (72)kk7-30 (73)
kk7-30 (74)kk7-30 (75)
KK7-30-2 (1)KK7-30-2 (2)
KK7-30-2 (3)KK7-30-2 (4)
KK7-30-2 (5)KK7-30-2 (6)
kk7-30 (69)

それにしても戦艦の改二への必要資材量が半端なさ過ぎて泣きそうです。
“弾丸2400+鋼材2000”って、普段の燃費も悪いのに嫌がらせ過ぎる。
足柄、妙高といった妙高型重巡洋艦の方々は決意を秘めた表情に様変わり。
改造前は縦に細長い印象が共通だったのが、突然存在感を増してきます。
そして突然のロシア人化する響。
この子は確か第二次世界大戦終戦まで生き残り、ロシアに譲渡されたとか。
その影響で突然のロシア名とロシア語を獲得したらしいです。
摩耶は改造後の勝気な表情が大変ツボ、姉御肌ですし。
重巡洋艦の癖に露出は多いですが、面白い装備も持参してくれて有用です。
比叡、というか金剛四姉妹はすべからく若返ってますね、可愛いです。
全体的に見ると、妙高型の4隻や他の重巡洋艦、駆逐艦等は大人びた印象。
改めてマジマジと見ると明石のスカートのヤバさも良く分かります。

KK7-31 (0)
KK7-31 (1)KK7-31 (2)
KK7-31 (3)KK7-31 (4)

設計図を必要とする利根、鳥海も改二へ改造。
利根は改二になるといきなり“穿いてない”感が強調されて動揺を隠せません。
鳥海の方は、うん、まぁ“無理してる”感が強調されてるかな。
それにしてもこの設計図、勲章以外で入手は出来ないのでしょうか。
勲章自体が海域制覇の報酬か、後はたまに任務報酬で貰えてましたっけ。
何にしてもレア度が高いのは間違いありません、というか足りません。
後、ネットで調べてみたら瑞鶴と翔鶴の改造には専用アイテムが必要らしいのですが、
そちらがどこで入手出来るのか、さっぱり分からなくて困惑状態。
彼女達に関係する任務の達成報酬なのか、それとも丁難易度では出ないのか。
改造も中々奥が深いですね、まぁ楽しいから苦にはなりませんけど。

KK8-1 (1)
KK8-1 (2)KK8-1 (3)
KK8-1 (6)KK8-1 (7)
KK8-1 (10)KK8-1 (11)
KK8-1 (14)

現状唯一未攻略の南方海域の第一作戦海域、ショートランド沖。
ここに来る途中で各地の特定艦娘構成による出撃系任務をこなしつつ、
手分けしながら進軍してきて若干動員出来る戦力に制限はありましたが、
迷う事のないど真ん中一直線の進路構成が非常に優しくて感謝。
指揮ボックスも安定の5枠確保ですね、艦隊強化の手応えを感じます。
道中の雑魚もボスも大した目玉商品はなく、無難に終了。
輸送艦のフラッグシップって強いのか弱いのか、謎過ぎる存在です。
それにしても改二になった暁の可愛さが際立ちます。
でも通常状態の暁も可愛かったなぁ、悩ましい話です。
通常の暁と改造後の暁って別艦扱いで同時編成とか出来ないかしら。
大破後の色気では改二が上ですよ。

KK8-2 (0)
KK8-2 (7)KK8-2 (8)
KK8-2 (11)KK8-2 (12)
KK8-2 (13)
KK8-3 (11)KK8-3 (12)

南方海域の第二作戦海域、南方海域珊瑚諸島沖。
空母系多めの編成で進撃します、先程損傷した金剛姉様に代わって、
こちらでは四姉妹の次女、比叡が戦力の要のフィニッシャー。
しかし後半の海域は入渠ドックが無いのがデフォルトで面倒くさいですね。
このマップは道中にもフラッグシップ重巡洋艦がうろついているので、
下手に迷子になると要らない被弾をしてしまうのが玉に瑕。
ボス戦のBGMは種類が多くてどれも格好いいですが、
棲鬼や棲姫の曲を聴いてしまうと通常のボス戦用では物足りない感じ。
しかもここの場合はフラッグシップすらいないエリート編成。
問題なく倒して、新たに3つのマップが開放されました。
うーむ、いきなり忙しくなりそうな気配。

KK8-4 (1)
KK8-4 (2)KK8-4 (3)
KK8-4 (7)
KK8-4 (16)KK8-4 (17)
KK8-4 (19)KK8-4 (21)
KK8-4 (23)

南方海域の第三作戦海域、アイアンボトムサウンド。
取り敢えずは目の前の南方海域を終わらせてしまいましょう。
というか複数艦隊を送り込んでいるので、それが当然の流れ。
中途半端な損傷と新しい海域への対応で若干手勢が足りませんが、
かき集めたメンバーで挑んでみると、何だか面倒くさそうな地形。
でもまぁ実際に移動してみると何もないマスが思いのほか多くて、
結構な回り道をしてもそれ程戦闘数は増えないで済んだので良かったです。
後、今までも極まれに見かけていましたが、夜戦限定マスがありますね。
夜戦は攻撃力がインフレするので被弾が怖くて戦々恐々です。
こういうところでは回避が高い駆逐艦が活躍するんですかね。
南方棲鬼は方面長みたいな立ち位置なのでしょうか、
流石に良い火力をしていましたが、夜戦に持ち込めば防御力は並。
珍しく棲鬼系を討伐成功して、マップクリアです。

KK8-5 (1)
KK8-5 (2)KK8-5 (4)
KK8-5 (6)KK8-5 (7)
KK8-5 (8)

南方海域の第四作戦海域、アイアンボトムサウンド深部。
こちらもボスまでの道のりは長そうに見えて、実際はかなり楽でした。
とはいえ、こちらも連戦で満足な補修も出来ず、
中途半端にダメージを負った状態で挑んだのでどうなるかと思いましたが、
航空部隊の攻撃力が半端なくてボス戦でもきちんと制空権を確保。
というかそもそも、フラッグシップがいるとはいえ輸送船3隻とか、
ここのボスは舐め過ぎですね、一応海域守護者的立ち位置の癖に。
先程の南方棲鬼も、ここで出てくればもっと盛り上がったのに、
敵側の人材配置もつくづく謎です、というわけで南方海域の制海権確保。

KK8-6 (1)
KK8-6 (2)KK8-6 (6)
KK8-6 (6-2)KK8-6 (7)
KK8-6 (12)

中部海域の第一作戦海域、中部海域哨戒線。
雰囲気的に潜水艦と潜水空母しか出撃出来ないとか思ったら、
普通に全艦種出撃可能で拍子抜けした感じの中部海域。
見た感じ嫌らしい分岐点が並んでいますが、
水上偵察機エフェクトが2回連続で出るなどして、あっさりボス戦。
結局1匹も潜水艦がいなかったんですか、海域名詐欺でしょうか。
折角こちらはなけなしの潜水艦2隻を連れて行ったのに。
しかし今まで全然使用していませんでしたが、
潜水艦って開幕雷撃出来たんですね、知らなかったです。
そうなると数字以上の火力があるんだなぁ、見直しました。

KK8-7 (1)
KK8-7 (5)KK8-7 (7)
KK8-7 (11)KK8-7 (12)
KK8-7 (14)

中部海域の第二作戦海域、中部太平洋海域。
多分間違ってはいなかったと思うのですが、
マップ説明文に従って水雷戦隊基準の編成で挑んだら、
防御力が足りなくて一度撤退させられるという憂き目に遭いました。
まぁそれも駆逐艦の回避力依存の運ゲーなので、2回目はきちんとボスへ。
BGMが妙に格好いいのは何なんでしょうね、内容以上の盛り上がり。
フラッグシップも軽巡洋艦では大した脅威にはならず、
夜戦を苦にしない水雷戦隊の本領発揮で壊滅させてやりました。
ボスドロップは山城が出ましたね、近代化改修材料、ご馳走様です。
後、阿武隈はノーブラみたいですね、良い事です。

KK8-9 (1)
KK8-9 (2)KK8-9 (5)
KK8-9 (8)KK8-9 (13)
KK8-9 (22)KK8-9 (23)
KK8-9 (28)

中部海域の第三作戦海域、中部太平洋海域深部。
途中で何回か索敵判定に失敗して、隠しルートを通れなかったんですが、
あそこで判定に成功していたら、何が変わっていたんでしょう。
良く分からないままにボスへは辿り着いて、死闘。
上手い事大破している艦娘に敵の連撃が吸い込まれてくれて、
それでも大破3隻、中破1隻という惨憺たる状況ではありますが、
こちらもカットインや連撃が発動し、敵側をほぼ撃沈して勝利判定。
北上の手ブラが大変美味しゅうございました。
いやー、それにしても戦闘が厳しい。
やはり戦艦のフラッグシップは勘弁して欲しいです。

KK8-10 (1)
KK8-10 (2)KK8-10 (5)
KK8-10 (10)KK8-10 (12)
KK8-10 (14)

中部海域の第四作戦海域、中部太平洋MS諸島沖。
変な歩き方をさせられましたけど、適当編成で適当に初回突破。
久し振りに自由な構成が許されそうだったので、
懐かしの高速戦艦、霧島の出番です、ヒャッハー。
蒼龍のお蔭で敵のフラッグシップ化した空母相手に制空権も取れて、
伊8の開幕雷撃も実はかなりの破壊力でお役立ち。
流石にフラッグシップ相手では無傷とはいきませんが、
というか割と損害が大きくなってしまいましたが、ともあれ勝利です。
伊8の大破画像も見せて貰って、中部海域は面白いところでした。
ここの制海権獲得で、そろそろ1周目も終盤ですね、頑張りましょう。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<コメント対応:霊剣山 星屑たちの宴 | ホームへ | 艦これ改 プレイ日記 9「北方・南西諸島・西南海域、制圧完了です」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1724-a360e5cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)