タイトル画像

艦これ改 プレイ日記 9「北方・南西諸島・西南海域、制圧完了です」

2016.02.27(21:00) 1723

kk6-1600.jpg

進め一億火の玉だー!

それでは宜しければ続きからご覧ください。

kk7-9 (0)AAA
kk7-9 (5)kk7-9 (6)
kk7-9 (6)AAA

北方海域は第二作戦海域、北方キス島沖から攻略再開です。
早速強化した千歳に初実戦を経験して頂いて、
挑んでみたらボス戦入れて全2戦しかなかったのに半壊状態。
出てくる敵もそんなに強い艦種は見当たらなかったんですけどね、
うーむ、気持ちよくなっているところに水を差された格好ですが、
まだまだこのゲームは奥が深い事も教えられました。
今までも表示されてる数字では説明出来ない展開が多くありましたし、
装備の選択でも、数字以上の効果をそれぞれの装備が持っている様で。
もう1周目も半ばくらいには差し掛かっていると思いますが、
まだまだ自分は若葉マークから抜け出せないでいる事を実感します。

kk7-12 (1)AAA
kk7-12 (3)kk7-12 (4)
kk7-12 (8)kk7-12 (9)
kk7-12 (11)AAA

北方海域の第三作戦海域、北方キス島後方海域。
金剛パワーをみせつける間も無く、短いマップなのでボス戦入れても3戦。
初登場かな、ぽっこりお腹がキュートな沼地棲鬼が立ちはだかりましたが、
更に強力になった金剛の砲撃の前では無力無力。
あ、ちなみにボス戦でのドロップは夕雲でした。
駆逐艦のくせに妙な色気があって、イラストを見てるとムズムズする感じ。
絵師は小梅けいと先生じゃないだろうな。
暁などの他の駆逐艦は背伸びして大人ぶる子が多いですが、
この子は普通に大人な雰囲気ですね、何故駆逐艦にしたし。

kk7-13 (1)AAA
kk7-13 (2)kk7-13 (4)
kk7-13 (8)kk7-13 (10)
kk7-13 (12)AAA

北方海域第四作戦海域、北方アルファンシーノ列島沖海域。
ここはどう足掻いてもボス戦に辿り着く優良マップで、
しかも下回りルートならば道中2試合程度でボス戦に挑めるので非常に楽。
ボス戦は流石に黄色いオーラが眩しいフラッグシップが難敵ですが、
僚艦が雑魚なのでそちらを倒すだけでも問題なさそうです。
というわけで問題なく撃破し、北方海域の制海権を確保。
先程の沼地棲鬼、どうせならこおN第四作戦海域のボスにすればいいのに。
どちらかというとフラッグシップ空母の方が怖さはありますけど、
やはり棲鬼や棲姫は特別な敵という印象なのに、
扱われ方が雑な気がして、邪K津間勿体ない感が拭えません。

kk7-14 (1)AAA
kk7-14 (2)kk7-14 (3)
kk7-14 (4)AAA

南西諸島海域の第一作戦海域、南西諸島沖。
以前、何度も挑戦しては渦潮に飲み込まれ、吐き出されていましたが、
今回はレベルが上がったからか、他に要因があるからか、
ジグザグな航路進行でやたらと回り道をさせられるも、
道中で2回程索敵エフェクトが発生してボスまで到達。
これが蒼龍の実力とでもいうのでしょうか、あっさりとクリアしてしまいました。
あの頃の苦労は一体何だったのか、急がば回れですね、人生。
勉強になります。

kk7-15 (1)AAA
kk7-15 (2)kk7-15 (4)
kk7-15 (6)AAA
kk7-15 (8)kk7-15 (9)

続けて同第二作戦海域、南西諸島サメワニ沖。
戦艦系と正規空母系が出撃不可という事で、軽空母と軽巡と重巡を2隻ずつ。
無駄にバランスの良い編成で挑戦します、旗艦は多摩。
多摩は地獄の特訓では積極的にレベルを上げなかったので若干低いですが、
意外といい仕事をしてくれる事で序盤から提督の信頼もあつい子。
後は、どんな艦娘も長い事運用していると愛着が湧きますよね、
多摩や球磨は喋り方が露骨にキャラを立てていってますし。
そんな彼女達と共に、ボスをほぼ損害なしで撃破して、次の海域へ。
北方海域へ結構な戦力を割いているので、こちらに回せる人員は少ないですが、
こういう時にこういう子が働いてくれるのが層の厚さ、大事なポイントです。

kk7-17 (1)AAA
kk7-17 (2)kk7-17 (4)
kk7-17 (5)kk7-17 (7)
kk7-17 (9)AAA

南西諸島海域の第三作戦海域、南西諸島ズンダ海峡。
西南海域も先程の勝利で開放はされていますが、まずかこちらから。
水上偵察機の力で最後の一押しに安定感が出だしてから、
マップで迷子になってボスまで辿り着けないって事が減りましたね。
お蔭で侵攻速度が以前の比じゃないくらいに高まって、一気に楽になりました。
というか毎回立ちはだかっている感のある戦艦ル級。
硬いし痛いしでこちらの被害も甚大です。
僚艦が雑魚だからまだ救われていますが、難易度が上がると地獄っぽい。
多分個別の艦の強さは変わらず、構成が変わるんですよね。
敵艦の能力が上方補正されてたりしたら無理過ぎる。

kk7-18 (1)AAA
kk7-18 (2)kk7-18 (3)
kk7-18 (5)kk7-18 (8)
kk7-18 (12)AAA

更に更に続けて第四作戦海域、ポートワイン沖海域。
破竹の勢いで突き進みます、ターンは流石に跨いでますが。
ボス戦の港湾棲姫は耐久力が380もある化け物ガール。
僚艦が雑魚輸送船なのでいつもながらそこに救われます。
そいつらさえ撃沈させておけば勝利判定貰えるので。
しかし深海棲艦とでもいうんでしたっけ、この敵側の幹部みたいな艦娘達。
この子達と戦う時のBGMの盛り上がり効果は半端ないです。
そしてどの子もセクシー路線なので、視覚的にも大変美味しい。
イラストとかフィギュアを作られている方、結構いますものね。
人気者です。

kk7-16 (1)AAA
kk7-16 (2)kk7-16 (3)
kk7-16 (4)
kk7-16 (7)kk7-16 (11)
kk7-16 (14)AAA

新しく開放された西南海域もドンドコドコドコ。
その第一作戦海域、西南作戦沿岸部。
流石に第一作戦海域だけあってパッと見でもシンプルな作りです。
ボス戦での戦艦ル級2隻もそれなりに強くはありましたが、
ここでのメインイベントは道中でひょっこり入手した荒潮の方。
名前からも制服からも、満潮とか大潮達と同じ駆逐隊所属なんでしょうね、
こういう予想外のサプライズプレゼントが発生すると、俄然盛り上がります。
本作の艦娘はどの子も可愛いですからね、同じ艦娘の統一艦隊とか作りたい。
まだ見ぬ艦娘も沢山いるんでしょうしねー、楽しみです。

kk7-19 (1)AAA
kk7-19 (2)kk7-19 (5)
kk7-19 (9)kk7-19 (11)
kk7-19 (12)AAA

西南海域の第二作戦海域、西南海域中央。
何だか物凄い軌道で海域を横断しましたが、ボス戦には迷わず。
にしても道中雑魚4戦ってやっぱりキツいですねぇ、
しかもたまに、ボス戦よりも強い構成が迎撃してきたりして、
ボス戦前に艦隊がボロボロにされる事もあるので油断できません。
特に駆逐艦は攻撃を避ける確率が高い代わりに、
喰らったらほぼ大破するので、びくびくしながら戦闘を見守ってます。
で、最近ウチの艦娘達が弾着観測射撃をする様になったんですが、
これは水上偵察機と主砲のコンビネーション攻撃と考えていいのかしら。
威力が上がっているかは良く分かりませんが、必中効果っぽいです。
砲撃を1発当てるか外すかってかなり差が生まれるポイントなので、
こういうものの発生率を高めるのも上手い艦隊編成法なのでしょうかね。

kk7-20 (1)AAA
kk7-20 (3)kk7-20 (4)
kk7-20 (5)kk7-20 (7)
kk7-20 (8)AAA

西南海域の第三作戦海域、西南海域要塞沖(要塞攻略戦)。
港湾棲姫は相変わらず体力有り余り過ぎてて墜とせません。
本気で絶対殺すマンしようと思ったら戦艦3隻は必要かしら、
カットインとか連撃が効率よく発生すれば少ない火力でもいけそうですけど。
というわけでいつもながら、僚艦の輸送船2隻を撃沈して勝利判定。
納得いかない部分は多々ありますけど、まぁ仕方ないですね。
今の我々にはこの程度の力しかないという事で、
この反省をバネに未来に向かって歩いていきましょう。

kk7-21 (1)AAA
kk7-21 (2)kk7-21 (4)
kk7-21 (6)kk7-21 (7)
kk7-21 (9)

西南海域の第四作戦海域、西南海域要塞沖(東洋艦隊追撃戦)。
戦艦2隻という熱い布陣で蹂躙を開始し、迷わずボス戦まで一直線。
この海域は全マップ、初挑戦時にボスまで辿り着けてますね、楽で結構。
ボスのフラッグシップ重巡洋艦リ級は強敵ですが、
装甲さえ貫けば耐久力は少ないので港湾棲姫よりは討伐可能性は高いはず。
まぁ夜戦をせずに逃げましたけども。
ボス艦を轟沈させた方がドロップする艦娘のレアリティ上がるとかあるかしら。
取り敢えず任務達成報酬も美味しくて気分はハッピー。
制海権確保の戦略ポイント1000に加え、任務報酬で800追加。
その他のマンスリー任務報酬と併せて、かなり弾薬不足が改善されました。
毎月恒例の特訓を始めてから、弾薬の枯渇具合が深刻なので。
というところで、今回はこれまで。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<艦これ改 プレイ日記 10「西方・南方・中部海域、制圧完了です」 | ホームへ | 艦これ改 プレイ日記 8「改二への改造、推進中です」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1723-b526f02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)