タイトル画像

艦これ改 プレイ日記 3「新たな海域、進撃します」

2016.02.21(21:00) 1717

kk3-0.jpg

ゴッドスピード、多摩

それでは宜しければ続きからご覧ください。

kk3-1 (1)
kk3-1 (2)

前回、攻略に成功した鎮守府海域のボスドロップは天龍で被りましたが、
帰還後の任務達成報酬で噂の赤城が獲得出来ました、ご馳走様です。
任務達成報酬でドロップする艦娘は良いのが出ますね、衣笠もそうですが。
戦艦や空母は補給や入渠にかなりの資材が使われるので、
気軽に運用していいものか、気後れする部分が多々あるのですが、
まぁでもその強さはやはり魅力的ですし、華がありますから。
艦隊の中核としてご出陣願いたいのが正直な気持ち。
その為にも輸送船による兵站確保は非常に重要な意味を持ちます。
少しずつ艦娘の数にも余裕が出てきたので、護衛艦隊も考え出さないと。

kk3-2 (1)
kk3-2 (2)kk3-2 (3)
kk3-2 (4)

いつまでも鎮守府海域で引き篭もっていても仕方ありませんので、
ここから他の海域にずいずい乗り込んでいきます。
が、軽い船しか出撃出来ない南方泊地海域の第一作戦海域では、
最初の戦闘マスで旗艦が大破させられ、早々に追い出されて涙を飲み、
更に工廠が鎮守府海域にしかなかったり入渠ドックが海域毎に独立してたり、
鎮守府に艦隊がいないと工廠にアクセスすら出来ない仕様に気付いて騒然。
回航というシステムも初めて知りましたしね、艦隊運営って難しい。
海域によっては入渠ドックそのものが存在しておらず、
一々鎮守府に戻さないと修理出来ない仕様なのもかなり困りました。
1つでも入渠ドックがあれば増築は可能なのですが、
最初から1つもない場所に新たに入居ドックを作るのは、どうやら無理なようで。
そういう海域の攻略はかなり手間取りますね、レベル上げしないと駄目かしら。

kk3-2 (5)kk3-2 (6)
kk3-2 (7)kk3-2 (8)
kk3-2 (10)kk3-2 (11)
kk3-2 (14)kk3-2 (15)
kk3-2 (16)

主力艦隊はそのまま新しく出現した海域へと移動させて物語進行に着手。
第一作戦海域に挑戦しましたが、無理したせいで多摩が轟沈しました。
轟沈の仕組みは良く分かりませんが、これが思っていた以上に心に刺さります。
まぁ多摩については被った子が護衛艦隊にいたので、連れ出して誤魔化しましたが。
今後は気を付けないとなぁ、何だかんだで愛着が湧いてくる不思議。
どの子も可愛いですからね、まぁそれでも好みによって順列はありますが。
というか敵の攻撃が突然痛くなりましたね、軽巡洋艦級でも割と即死があり得ます。
というわけで多摩の犠牲もあり、南方連絡海域の第一作戦海域は突破。
千代田と神通まで大破して散々ですが、勝てばいいのです。
戦後の入渠や補給で物凄い資材を要求されても、勝てば良し。

kk3-3 (2)
kk3-3 (3)kk3-3 (4)
kk3-3 (1)kk3-3 (5)

戦闘の合間に建造や戦闘報酬で獲得した新しい艦娘の面々。
スク水姿が眩しい伊168が潜水艦の初ドロップとなりました。
潜水艦って、今後敵側にもやたらと出てくるのですが、面白いですね。
複合的な艦隊を形成すると敵の攻撃を分散させられるので、
育てておくと編成の幅が広がりそうです。
もしかしたら潜航マップとかあって、潜水艦しか出撃出来ないとか、
そういう場所がある可能性も無きにしも非ずれば。
後、艦これ初期にやたらと世間を席巻した那珂ちゃんもドロップ。
そして1文字のロリ駆逐艦の一角、響に夢喰いメリー感がハンパない木曾。
北上は見た目以上に「駆逐艦? あぁ、ウザい」がハンパなくツボでした。
そういえば曙を選択する度に「何で触るの? ウザいなぁ!」もお気に入り。
艦娘達のキャラクターを把握すればする程、夢が広がります。

kk3-4 (3)
kk3-4 (4)kk3-4 (5)
kk3-4 (10)
kk3-4 (11)kk3-4 (13)
kk3-4 (17)kk3-4 (18)

南方連絡海域の第二作戦海域では敵に潜水艦が出てきます。
まぁ出てくると言っても単機だったり2機編成だったり、
戦力規模としてはお粗末なものなのですが、何せ戦い方が分からなくて。
敗退して、対潜能力の高い艦娘を選んでみてもやはり厳しい戦い。
そもそもが全然攻撃出来ないのが意味不明なんですよね、
まぁそこは単に対潜攻撃を選んでいなかっただけという酷いオチなのですけど。
そうか、潜水艦相手だとこの攻撃しか効かないのか・・・・・・面倒くさい。
その後、別艦隊を北方泊地海域に移動させるも、こちらでも立ちはだかる潜水艦の影。
ただ、潜水艦だけとか分かっていれば駆逐艦艦隊でも十分進撃可能と分かりました。
軽巡洋艦では由良と五十鈴が対潜能力が高くて大活躍。
成程、また1つ賢くなったなぁ。

kk3-5 (1)kk3-5 (2)
kk3-5 (3)kk3-5 (4)
kk3-5 (5)kk3-5 (6)
kk3-5 (7)kk3-5 (8)
kk3-5 (9)
kk3-5 (10)kk3-5 (11)

南方連絡海域の第二作戦海域ではいくら頑張ってもボス戦まで辿り着けず、
そんな感じでぐるぐる回っている間に新しい艦娘が次々と。
満潮、不知火、霞の絵師さんはpakoさんらしさを感じで好きなのですが、
それよりも個人的には曙とか潮とかをデザインしていらっしゃる方の絵柄がツボ。
若干身体のバランスとかに違和感がなくはないですけど、私の心に刺さります。
しかし駆逐艦が大量に増えていくなぁ、艦隊がどんどんロリ属性に偏ります。
まぁ日本人はロリコンだとフランス人の記者にもぶった切られましたし、
実際時代を遡れば遡る程、ロリコンですからねぇ。
こうなるのもむべなるかな、
暁の「一人前のレディーとして扱ってよね」という台詞も余計にロリコン度が上がります。

kk3 (53)
kk3-7 (2)kk3-7 (3)
kk3-8 (1)
kk3-8 (2)kk3-8 (9)
kk3 (71)

余りに南方連絡海域が進展しない内に、突破出来てしまった北方泊地海域。
このお蔭で第二作戦海域の開放と共に、何故か開放される中部西海域。
ただでさえ現状の海域の攻略が進展していないのに、新しく増えるとか。
でも、挑戦出来る海域が増えると輸送船による資材確保量が増えるので、
正直かなり美味しいです、資材はどれだけあっても不要という事はないので。
ちなみに北方泊地海域の第二作戦海域は、どう足掻いてもボス戦にいける優良面。
こういうマップが経験値稼ぎと艦娘稼ぎに向いていそうですね、
入渠ドックを増設するのもありかな、今後出てくる敵の種類にもよりますけど。
というわけで何も苦労なく、第二作戦海域も突破です。

kk3 (73)
kk3 (75)kk3 (76)
kk3 (74)

建造は何だか気分転換でするくらいの勢いですね、
もっと積極的に行って戦力増強を図らないといけないのですが。
取り敢えず建造日数が20日前後で表示されるとテンション上がります。
今回の建造日数24日という大台の結果は謙遜家の正規空母、瑞鶴。
艦載機を弓矢で飛ばすイメージって、考ええてみたら凄いセンスですね。
いやぁ、同じ正規空母の赤城よりも私はこちらの方が好きです、ツインテ。
他には軽空母の鳳翔と隼鷹という、空母祭りが開催されて、
悪くない投資になりました、まぁ被った巡洋艦とかもそれなりにいましたけども。
まだ序盤ですから、それでも被り少ない方かな。
後になれば後になる程、コンプ率を上げるのが大変になるのは自明の理。
いいんですよ、好きな子がいればテンションも保てますから。

kk3 (72)

回航というシステムがあるので、複数海域の同時攻略は中々骨が折れます。
特に入渠ドックがない海域の攻略は、人海戦術でゴリ押すしかない状況。
もう少し個々のレベル上げをする期間を取った方がいいのでしょうか。
そんな事を考えつつ、今回はこれにて切らさせて頂きます。
これからが本番ですものねー、大変だ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<艦これ改 プレイ日記 4「各海域、激戦です」 | ホームへ | 艦これ改 プレイ日記 2「鎮守府海域、制海権確保します」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1717-8b1cc753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)