タイトル画像

艦これ改 プレイ日記 2「鎮守府海域、制海権確保します」

2016.02.20(21:00) 1716

kk2 (33)

帰国子女の金剛デース!

それでは宜しければ続きからご覧ください。

kk2-1 (1)
kk2-1 (2)

任務達成報酬でしたかね、第2艦隊が解放されました。
とはいえ、まだまだ艦娘の数が艦隊1つ分程度しかおらず、
同じく任務達成報酬でしたかね、吹雪の妹の初雪を獲得したので、
第2艦隊の旗艦(ぼっち)に据えてみたら、提督室にも顔を出してくれました。
成程、てっきり第1艦隊の旗艦だけが専属秘書みたいに出てくるのかと思ったら、
そういう仕様なのですね、ふむふむ。  
絵柄的にも一番本作らしい、この特型駆逐艦姉妹ですが、
その中でもこの初雪は非常に素晴らしいポテンシャルを秘めています。
海戦能力は知りませんが、この無感情ちっくな性格が最高に素晴らしい。
私の中で、川内の存在が早くも薄れかける勢い。

kk2-2 (1)kk2-2 (2)
kk2-2 (3)kk2-2 (4)
kk2-2 (5)kk2-2 (6)
034_20160222021019f8e.jpg

その他、第2艦隊の本格設立に向けて艦娘の建造に着手。
ある程度豊富な初期資材を惜しみなく工廠に投入して、
我が艦隊の未来を担う、前途有望な若者達を受け入れていきます。
開口一番、いきなり罵倒してくる曙や高飛車な叢雲といった駆逐艦。
特に叢雲の前髪パッツン&白セーラーワンピース&黒タイツはやばい。
睦月はロリ、文月もロリと駆逐艦はロリだらけかと思いきや、
時雨、夕月の白露型駆逐艦姉妹は女子高生な出で立ちでよーわからんちん。
そうそう、川内と同型の妹、神通も出てきました、あと重巡洋艦の加古。
ちなみに神通と文月は何故か獲得時のスクショを取り逃していたらしいです。
何となく薄幸そうな顔してますからね、哀れな事よ。
というわけでネットから拾ってきた画像なので無駄にサイズが邪魔。

kk2-3 (4)
kk2-3 (1)kk2-3 (2)
kk2-3 (6)
kk2-3 (3)kk2-3 (5)

戦闘ショートカットするとかなり進行が早くてストレスフリー。
こうなると純粋にシミュレーションを楽しめますね、時間の節約がグッド。
先程獲得していた艦娘の中には戦闘でのドロップも含まれています。
まぁドロップ率は調整されているのか、こういうものなのか、
基本的にはボス戦くらいしかドロップしない印象ですが、
極まれに道中の雑魚戦でも入手出来る事があるかな。
序盤はほぼ毎回、新しい子がお目見えするのでテンション上がります。
それとは別に演習任務もこなして、雷撃戦演習の報酬に魚雷を獲得。
こういう装備の充実もいずれ、検討する必要があるのでしょうが、
現状ではまだ眼前の問題に対処するのが精一杯なので、後回しで。

kk2-4 (1)kk2-4 (2)
kk2-4 (3)
kk2-4 (4)kk2-4 (5)

戦略ポイントでドック開放も行っておきます。
ある程度艦娘が増えてきたので、先に修理能力の上がる入渠ドック優先で。
資材の回転率がまだまだ微妙な序盤では、無理に建造ドック増設要らんですし。
その他、家具は専用のポイントがあるらしいですが、ここでは割愛。
確かトロフィーにも関係してましたし、いずれは内装をゴージャスにしますが、
今は質素な駆け出し気分を味わう方がプライスレスなエクスペリエンス。
にしてもこの戦略ポイント、でしたっけ、名称忘れましたけど。
これで購入出来る物資はどれもゲーム進行に重要なものばかりで、
将来的にどの程度貰えるものなのか分からない内に無駄遣い出来ないのが辛いです。
一応、マンスリーミッション(ゲーム内時間)の達成報酬で獲得出来るので、
下手に使っても詰む事はない筈なのですが、うーむ。

kk2-5 (1)
kk2-5 (2)kk2-5 (3)
kk2-5 (4)
kk2-5 (5)kk2-5 (6)

金剛デース、テンション上がるデース。
初戦艦は金剛でした、これは地味に嬉しいサプライズ。
改めて姿を見ると可愛いですよね、この独特の喋り方と言い、ツボです。
そして戦艦の名に相応しい凄まじい戦闘力を誇ります、文句なしの主力級。
続いて獲得した軽巡洋艦の五十鈴と由良も潜水艦キラーで有用なのですが、
金剛の登場で完全に陰に隠れてしまった感が否めません。
しかも五十鈴も由良も、それぞれ2連続で被るというアクシデントもありましたし。
どうやら同じレシピで複数ドック同時に回すのは危険っぽいです。
ついでに言うと初の正規空母は加賀、初の軽空母は祥鳳でした。
加賀は中々良い無表情系委員長、祥鳳はサラシがセクシーの一言に尽きます。
建造開始した時の残り日数の長さは、心のトキメキの大きさに比例。

kk2 (26)kk2 (27)
kk2 (28)kk2 (29)
kk2 (30)kk2 (37)
kk26 (9)

装備開発には失敗もありえるのが恐ろしいところ。
ただまぁ、これはvita版だけの仕様なのか元からかは知りませんが、
失敗した場合、投入した資材が返ってくる謎の優しさはありがたいです。
理屈的には意味が分かりませんけどね、気にしたら負けです。
その他、近代化改修に初めて挑戦し、被った五十鈴と由良を1人に纏めます。
お金も資材もかからず、余った艦娘を消費して全体的な能力の底上げ。
考えてみれば合成材料に使われた艦娘は哀れ極まりないですが、
彼女達の遺志は残った面々の血となり肉となるのです。

ちなみに近代化改修では失敗した場合、素材に使った艦娘はロストします。
というかやたらと成功率が低い気がするのは気のせいでしょうか。
体感的には成功率6~7割といったところなんですけど。
ついでに遠征にも手を出し始めましたが、こちらもっ成功率が低過ぎ。
遠征内容毎に成功率をあげる艦の組み合わせがあるのでしょうが、
そんなの新人提督には難し過ぎてさっぱりさっぱり。

kk2-7 (13)
kk2-7 (1)kk2-7 (15)
kk2-7 (6)kk2-7 (8)
kk2-7 (7)kk2-7 (4)kk2-7 (11)
kk2-7 (12)kk2-7 (2)
kk2-7 (3)kk2-7 (5)
kk2-7 (9)kk2-7 (10)
kk2-7 (14)

メンバーを微調整しながらボスに辿り着ける構成を模索して、
第三海域をこっそり突破しつつ、新たな艦娘達も多数お迎えしております。
任務報酬で獲得した龍田、天龍コンビを始めとして、
ロリ要素を前面に押し出した黒セーラー軍団の月シリーズ。
深雪と敷波の特型駆逐艦姉妹に漣、雷といった1文字シリーズ。
珍しい水上機母艦というタイプの千代田、安易な猫キャラをゴリ押す多摩。
それにしても駆逐艦の数は本当に多いですね、それも史実通りか。
ちなみにこの間、工廠ではひたすら輸送艦建造祭りが開催されてます。
資材確保へようやく本腰を入れる時が来ました。
というか既に燃料に不安を抱え始めているのが若干危うい。

kk2-8 (5)
kk2-8 (4)kk2-8 (8)
kk2-8 (10)kk2-8 (12)
kk2-8 (13)kk2-8 (14)
kk2-8 (15)

空母が加わって航空権が取れる様になったのが強いなぁ。
相手側の航空機は逆に撃ち落したいところなのですが、
まだまだ対空数値が足りていないのか、それとも既に影響は出ているのか。
何にしても多摩や祥鳳が大破しながらもどうにか第四海域のボスを追い詰めて、
最後は金剛パワーのごり押しで見事、鎮守府海域を攻略しました。
クリア時の艦娘が集合絵になるの、素敵ですね。
それにしても金剛は本当に可愛いなぁ。
というか敵にも艦娘ちっくなのがいるんですね、何だか妖艶な雰囲気でアダルティ。
兎にも角にも一番最初の海域の制海権を確保して、ようやく若葉マークがとれた気分。
ここからが本番なんでしょうけど、もう暫くはぬるま湯に浸かっていたいです。
さぁ、次なる海が呼んでいるーという事で。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<艦これ改 プレイ日記 3「新たな海域、進撃します」 | ホームへ | 艦これ改 プレイ日記 1「vita提督、着任します」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1716-e9f50997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)