タイトル画像

最弱無敗の神装機竜 episode6「最強の帰還」 感想

2016.04.15(21:00) 1713

saijaku6-0.jpg

学園最強はあざとい。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


saijaku6-1 (1)saijaku6-1 (2)
saijaku6-1 (3)saijaku6-1 (4)saijaku6-1 (5)
saijaku6-1 (9)saijaku6-1 (10)saijaku6-1 (12)
saijaku6-1 (13)saijaku6-1 (14)saijaku6-1 (15)

巷で噂の美少女は、粋でいなせないつものアイツ。
さて、何故ルクス=アーカディアが似合いすぎる女装をしているかというと、
近頃学園内に出没するという不審者への対策の為、
下着まで着用しての完璧な囮捜査を仕掛ける目論見なわけで。
元々ヒロイン達よりも可愛かったですから、素材に不安はなくとも、
いやだからこそ本人的には納得出来ないものらしく、
あまり接点がない生徒はおろか、教師にすら判別されない悲しみ。
似合ってますけどね、色は違えどアイリっぽいウィッグはノクトの差し金か。

saijaku6-2 (3)saijaku6-2 (4)saijaku6-2 (5)
saijaku6-2 (8)saijaku6-2 (9)saijaku6-2 (10)
saijaku6-2 (13)saijaku6-2 (14)saijaku6-2 (15)
saijaku6-2 (16)aaaa
saijaku6-2 (17)saijaku6-2 (19)saijaku6-2 (21)
saijaku6-2 (22)saijaku6-2 (23)saijaku6-2 (24)

男嫌いで有名な学園最強の3年生、セリスティア=ラルグリス
暫く王都に出向していたとかで、この度ようやく登場出来ました。
初登場時から草陰で猫と会話している辺り、キャラが知れますが、
本当に現れた不審者に不意を突かれたルクスを颯爽と救出し、
彼が男性だと気づかないまま、手当てしてくれる優しさも完備。
ていうか今更ですけど、ルクスが着けている下着って誰のものでしょう。
まさかノクトがアイリのを盗んできたのか、三和音の誰かのものか。
何だかそう考え出すとテンション上がってきますね。
あと、セリスも中々の巨乳さんで素晴らしい。

saijaku6-3 (0)aaa
saijaku6-3 (3)saijaku6-3 (5)saijaku6-3 (7)
saijaku6-3 (9)saijaku6-3 (11)saijaku6-3 (12)

日中、完全にルクスをロックオンしたクルルシファーと、
存在感の薄いメインヒロイン、リーシャが醜い争いを繰り広げる裏。
とある地下牢では昨夜の不審者が暗躍していました。
ルクスの兄貴、フギルかと思わせての別人という、謎の少女。
牢屋から人生の大逆転を狙っていたバルゼリッド卿も、
この子の毒牙にかけられて舞台から完全に退場させられてしまいました。
まぁ所詮は道化師なのでもう日の目を見る機会はないかと思ってましたが、
まさかこんなあっさりと殺されてしまうとは、悲しい限りです。
さらば、まじ兄。

saijaku6-4 (1)saijaku6-4 (2)saijaku6-4 (3)
saijaku6-4 (4)saijaku6-4 (6)saijaku6-4 (10)
saijaku6-4 (11)saijaku6-4 (12)saijaku6-4 (14)
saijaku6-4 (16)aaa

終焉神獣討伐の件も含めて、セリスとは一度話をしなければという矢先、
そのセリスからルクスの学園編入に関しての意義申し立て騒動が勃発。
噂の男嫌いがどうこうというよりは、単に規律を守る意識が高いのと、
責任感が無駄に強過ぎて一人で背負う込もうとするきらいがある感じ。
ついでに何やら個人的な引け目もあるみたいですが、さて。
そんなセリスは一方的に自分の意見をゴリ押すばかりで、
ルクスの終焉神獣討伐への助力申し出も歯牙にかけず一蹴。
一応学園長の仲裁で、二人の直接対決によって判断する運びとなりましたが、
さて、またぞろバハムートも使えずに汎用機竜fr神装機竜を相手にするのか。
世の中ままならないものです。

saijaku6-5 (1)saijaku6-5 (2)
saijaku6-5 (3)saijaku6-5 (4)saijaku6-5 (5)
saijaku6-5 (8)saijaku6-5 (9)saijaku6-5 (10)
saijaku6-5 (11)saijaku6-5 (12)saijaku6-5 (13)

騎士団の強化合宿地で、二人の決闘も行われる予定なのですが、
私事を後にして公事を優先するという事で、普通に訓練風景から。
これが意外とスポコンというか、素振り100回とか必要なのかしら。
そしてさも当然の様にクルルシファーまで同行していてかなり状況はカオス。
訓練後も一人で後片付けをしたりして、良き導き手なのは理解出来ますが、
たかだか一介の3年生がここまでしなければいけない理由とは何なのか。
クルルシファーも言及している通り、胸の奥に何か重いものがあるのでしょう。
それがまた、ルクスの身を案じる原因にも繋がっている様で、
フィルフィーに負けないくらいの関係性を持っているご様子。
あぁ、またぞろメインヒロインの影が薄くなる予感。

saijaku6-6 (2)aaaa
saijaku6-6 (4)saijaku6-6 (5)saijaku6-6 (8)
saijaku6-6 (9)saijaku6-6 (10)saijaku6-6 (12)
saijaku6-6 (16)saijaku6-6 (17)saijaku6-6 (18)
saijaku6-6 (21)saijaku6-6 (22)saijaku6-6 (23)

サニアでしたっけ、セリスの腰巾着っぽい気の強い女の子。
彼女から受けた依頼の内容は何とセリスのマッサージ
しかも対象は全裸にタオルをかけただけの状態で誘っております。
律儀に目を瞑っているセリスのお蔭でマッサージ師が男性だとバレず、
それでも誤魔化しがてら、心なし声が女性っぽくなったルクス。
バレそうになっても音速の女装早着替えで対処する有能さ。
基本的なスペックが多岐に渡って、本当に髙い主人公です。
そして色々とツッコミどころ満載の受け答えに違和感を感じないセリス。
残念ながら肝心のマッサージシーンは割愛されましたが、
きっと円盤の特典映像で用意されていると信じています。

saijaku6-7 (2)saijaku6-7 (4)saijaku6-7 (5)
saijaku6-7 (6)saijaku6-7 (12)saijaku6-7 (13)
saijaku6-7 (15)aaa

きました、残り一人のヒロイン。
今夜もエロい格好ですね、またぞろ姉の差し金でしょうか。
リーシャ、クルルシファー、セリス、アイリ、三和音と、それぞれに良さがありますが、
やはりこのフィルフィーこそがメインヒロインに思えて仕方ない昨今。
幼馴染ポジションはもっと報われないものなのですが、
いやまぁ恋愛感情的には別に報われてなんかいないのですが、
最早恋人と超越した、姉とか母の如き包容力。
物語的にも大きな役割をちゃんともっていますし、勝ち組です。

saijaku6-8 (1)saijaku6-8 (2)saijaku6-8 (3)
saijaku6-8 (4)saijaku6-8 (5)saijaku6-8 (7)
saijaku6-8 (9)saijaku6-8 (10)
saijaku6-8 (18)saijaku6-8 (21)saijaku6-8 (23)
saijaku6-8 (24)saijaku6-8 (25)saijaku6-8 (29)

街中デートが定番化しています。
リーシャやクルルシファーとも行った定番行事を、
今回は女装姿でセリスと行う乙女系美少年主人公。
しかし、今までとは違い性別を偽っているせいか、
女性用の水着売り場へと赴く事になり、大ピンチを迎えます。
しかしまぁ、それでもこれまでの街中デートよりは幸福度が高いかな。
郊外の草原でプチ・ピクニック気分も味わえましたし、
手作りお菓子という世にも稀なる珍味を頂けましたし、
性別偽証の罪はいつまでも付きまといますが、非常に良い雰囲気です。
セリスの男嫌いが実は誤解だと教えても貰いましたし、
これは意外と簡単に問題が解決しそうな空気を醸しつつ、終了。

saijaku6-8 (30)saijaku6-8 (31)
saijaku6-8 (32)

セリスが正式参戦して、エンディングが多少お色直し。
ルクスが女装姿を晒されているのは完全に罰ゲームですね。
ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<最弱無敗の神装機竜 epsode07「少女の真実」 感想 | ホームへ | コメント対応:少女たちは荒野を目指す>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1713-aba52879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)