タイトル画像

だがしかし 第4話「ふがしとふがしと…」「グリコとグリコと…」 感想

2016.02.09(21:00) 1691

dagashi4-0 (17)aaa

さくら棒は約90cm。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


dagashi4-1 (1)dagashi4-1 (2)dagashi4-1 (3)
dagashi4-1 (4)dagashi4-1 (5)dagashi4-1 (7)
dagashi4-1 (9)dagashi4-1 (10)dagashi4-1 (11)
dagashi4-1 (14)dagashi4-1 (15)dagashi4-1 (17)
dagashi4-1 (20)aaa
dagashi4-1 (23)aaa
dagashi4-1 (24)dagashi4-1 (25)dagashi4-1 (27)
dagashi4-1 (29)dagashi4-1 (30)dagashi4-1 (31)
dagashi4-1 (35)dagashi4-1 (36)dagashi4-1 (37)
dagashi4-1 (42)aaa

夏の暑い日に、駄菓子屋で目隠しプレイに興じる巨乳女子高生。
というか今回、ほたるの胸の描き方がいつもと違う気がするんですが、
何というのでしょう、二次元にありがちな球体よりもロケット寄りな感じ。
ともあれ利きふがし勝負なるものを挑んでくるほたるに付き合い、
目隠しに緊縛まで追加された女子高生相手に、
棒状のお菓子を咥えさせるという妖しい雰囲気のもと、試合は進みます。
その記念すべき一発目、当たるわけないというココノツの侮りを裏切り、
駄菓子界のプリンセス、ほたるは見事に正解。
この勝負、侮れません。

dagashi4-2 (1)dagashi4-2 (2)dagashi4-2 (3)
dagashi4-2 (5)dagashi4-2 (7)dagashi4-2 (9)
dagashi4-2 (11)22dagashi4-2 (12)222
dagashi4-2 (16)dagashi4-2 (18)dagashi4-2 (19)
dagashi4-2 (21)dagashi4-2 (22)dagashi4-2 (23)
dagashi4-2 (25)dagashi4-2 (26)dagashi4-2 (27)
dagashi4-2 (28)dagashi4-2 (31)dagashi4-2 (32)

攻守交替制を敷く利きふがし対決は思いのほか過熱して、
互いに最大限の集中力と記憶力を保ち一歩も譲らない好勝負。
思えばここまでノリノリでほたるに付き合うココノツというのもレアなので、
ほたるが本当に楽しそうに勝負に熱中しているのもむべなるかな。
形状、サイズ、味、食感、包装等々、初心者には計り知れない知識を駆使し、
両者とも連続正解を続けて一歩も引きません。
恐るべしはふがしへの、そして駄菓子への愛
もういいから結婚してしまえばいいのに、この子達。

dagashi4-3 (3)dagashi4-3 (4)dagashi4-3 (5)
dagashi4-3 (6)dagashi4-3 (7)
dagashi4-3 (8)dagashi4-3 (9)dagashi4-3 (13)
dagashi4-3 (19)dagashi4-3 (21)dagashi4-3 (23)
dagashi4-3 (27)dagashi4-3 (28)dagashi4-3 (29)

手番は再びココノツが攻める番となりますが、
勝負が長引いたせいで攻撃の選択肢が残り僅か。
これではほたるの首は獲れないと、襖の奥から秘密兵器を取り出したココノツ。
ピンク色の趙ロングサイズのふがしの攻撃に悶えるほたるは、
しかし苦難の乗り越えて完食の果てに、
静岡限定というココノツの最終兵器を見事判別、大正解。
こうして一夏の甘い束縛プレイは両者譲らずの引き分けで幕を閉じました。
父親の合意も得られたので、結婚待ったなし。

dagashi4-4 (1)dagashi4-4 (2)
dagashi4-4 (5)dagashi4-4 (6)dagashi4-4 (8)
dagashi4-4 (10)dagashi4-4 (12)dagashi4-4 (14)
dagashi4-4 (22)dagashi4-4 (26)dagashi4-4 (28)

胸囲の格差社会はいつまでも。
知り合いの女の子をイラスト化する行為に言いたい事もありますが、
今回の問題の発端はそのイラスト帳をサヤの喫茶店に忘れてきた事。
兄貴の余計な書き込みを万が一サヤに見られた場合、血を見るので、
手早く回収をしなければと焦るココノツに差し伸べられた救いの手。
それは一粒300mの合言葉で知られるグリコの駄菓子と、
そのエネルギーでポニテに進化したほたるの姿でした。
食べてすぐ栄養補給されるわけじゃないとか、まぁツッコミは色々ですが、
兎に角ほたるも一緒に喫茶店まで1500mを走破する流れに。

dagashi4-5 (3)dagashi4-5 (4)dagashi4-5 (5)
dagashi4-5 (8)dagashi4-5 (10)dagashi4-5 (11)
dagashi4-5 (13)dagashi4-5 (14)dagashi4-5 (15)
dagashi4-5 (21)dagashi4-5 (23)dagashi4-5 (25)
dagashi4-5 (29)dagashi4-5 (30)dagashi4-5 (31)
dagashi4-5 (35)dagashi4-5 (36)dagashi4-5 (39)
dagashi4-5 (42)dagashi4-5 (43)dagashi4-5 (44)
dagashi4-5 (45)dagashi4-5 (46)dagashi4-5 (47)
dagashi4-5 (48)dagashi4-5 (50)dagashi4-5 (53)
dagashi4-5 (55)aaa
dagashi4-5 (56)222dagashi4-5 (57)222

ショートカットのせいで逆にタイムロスとか、言っちゃいけません。
ついでに話している内容がただの屁理屈なのもスルー推奨です。
でも、これだけ走りながら喋り続けて息が全く乱れないって凄い。
そのまま野を越え山を越え、ついでに海岸線も走破して、
実は喫茶店エンドウがどれだけ遠方にあったのか思い知り、
これまでの苦労を振り返り偲びつつ、ラストランへと走り出す瞬間。
グリコは1箱4粒しか入っていない事に今更気づき、悲嘆するココノツに、
4粒目を食べずに己の命を燃やして走っていたほたるからの、
最後の一粒のプレゼントが贈られます。
オチは予想通りなので特に感想はありませんが、謎の感動は確かに。
スケッチブックの忘れ物はマジで死ねるので、皆、気をつけましょう。

dagashi4-5 (58)aaa

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<だがしかし 第5話「ビンラムネとベビースターラーメンと…」「ヤッターめんとすっぱいぶどうにご用心と…」 感想 | ホームへ | 無彩限のファントム・ワールド 05「特異能力が使えない!」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1691-aeb4e810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)