タイトル画像

NORN9 ノルン+ノネット 4「彼誰のセレナーデ」 感想

2016.02.03(21:00) 1690

norn4-0 aaa

遠い日の約束。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



norn4-1 (4)norn4-1 (5)norn4-1 (6)
norn4-1 (7)norn4-1 (10)norn4-1 (11)
norn4-1 (12)22norn4-1 (13)22
norn4-1 (15)norn4-1 (16)norn4-1 (19)
norn4-1 (20)aaa

こんな夜中にどういう理由で、そしてどういうタイミングで駆けつければ、
蔦による救出活動が間に合うのか、胡散臭さ抜群の駆の登場。
まぁ兎に角何の能力もない一般人の暁人に奇跡は起こせず、
七海と2人揃って命を救われたわけですが、命の恩人に感謝するより先に、
自分勝手な理屈で互いの行動を詰りあい始めたので駆も思わず魔王モード
やれやれ、暁人が子供なのは今更の話ですが、七海も中々に五十歩百歩。
変に意地張りますし、良いカップルですね、ここには何も文句言いません。
そんな素敵な2人に駆から手錠という、素晴らしいプレゼントがなされ、
今後より一層の関係の進展が望めそうです。
ちなみに手錠をかけた駆本人は能力の過負荷による体調不良を装いダウン。
病人になる事で相手の反論をかわす如才のなさは流石です。

norn4-2 (2)norn4-2 (9)
norn4-2 (10)norn4-2 (11)norn4-2 (12)
norn4-2 (13)norn4-2 (14)norn4-2 (16)
norn4-2 (26)aaa
norn4-2 (27)norn4-2 (28)norn4-2 (31)
norn4-2 (33)22norn4-2 (34)22

昨夜の顛末など知らない朝食会場では、欠席者が多い事に疑問は持つものの、
特に緊急性も感じず和やかな雰囲気はいつも通り。
こはるが駆の不在を気にしたり、そんなこはるに一月がちょっかいだしたり、
そんな一月を同じ班の深琴が鉄拳制裁したりと、穏やかな朝の団欒風景。
駆だけでなく、手錠で繋がった暁人と七海もおらず、そして何故か正宗まで不在。
千里がいないのは当然だとしても、12人中5人もいなければ寂しいものです。
まぁ途中で来た正宗の言によれば、彼は駆の看病をしていたらしいですが。
大事を取って隔離を言い渡す正宗に頼み込み、看病役をもぎ取るこはる。
渋々ながらも承諾し、こはる自身の健康にも気を付けろと念を押して、
退室していく正宗はまさに皆のお父さん役

norn4-3 (3)norn4-3 (4)norn4-3 (5)
norn4-3 (8)norn4-3 (10)norn4-3 (11)
norn4-3 (12)norn4-3 (13)norn4-3 (14)
norn4-3 (17)22norn4-3 (18)22

さて、今日は定期的に外の世界から物資を補給してくる日。
今回の担当は深琴と朔也のペアになった模様です。
別に急ぎの仕事なんて特にないんだから、大人数でいけばいいのに、
たった2人で持てる量なんて限られてるでしょうにねぇ。
殆どの食材を自給自足で賄える環境とはいえ、
調味料などは流石に限界があるから、ある程度仕入れが必要に思うんですが。
ともあれ、その2人に空汰少年を加えた3名が外の世界へ出ている頃、
駆の看病をするこはるのところへは、誰が言いふらしたのか、
暇そうな一月と平士がやってきて見舞いと称したお邪魔虫業務に精進。
まぁそれもすぐさま空気を読んで退室するも、今度は暁人と七海が、
今までどこに隠れていたのか、疲れた感じで駆の病室を訪れます。
寧ろこの2人の、ここに至るまでのドラマをこそ見たかった。

norn4-4 (2)norn4-4 (3)norn4-4 (4)
norn4-4 (6)22norn4-4 (7)22
norn4-4 (8)norn4-4 (9)norn4-4 (11)
norn4-4 (12)norn4-4 (13)norn4-4 (14)
norn4-4 (16)22norn4-4 (18)22
norn4-4 (20)norn4-4 (21)norn4-4 (23)
norn4-4 (25)norn4-4 (26)norn4-4 (27)

カメラは戻って仕入れ組。
買い出し組に何故か別便で下りてきていたロンも加わり、
物資の買い付けと夏彦の目撃情報の収集に励む深琴班。
いや、本当はロンは七海班であって、いるべきは一月の筈なのですが、
まぁ出てきたものは仕方ありませんね、というか人相書きの芸術性に爆笑し過ぎ。
で、その頃、暁人と七海は駆の早期回復を目論見、病人食を量産中。
この手錠、一応最低限の人権の尊重を理由に、30分だけ別離が可能らしいです。
それが1日に30分なのか、より厳密な縛りを知りたいところですが、
そもそも言ってしまえば離れる機能要らなかったですよね。
もういっその事、お風呂やトイレも一緒で良いと思うのです、透明性って大事。
更には何やら歯切れの悪い怪しい態度の正宗が深琴とは別便で船外へ。
ていうか、あれ、空汰少年は深琴達と同じ便で地上に下りたんじゃなかったのか。
それぞれがバラバラに行動するこのカオスさこそ、群像劇っぽさですわね。
伊達に登場キャラが多いわけではございません。

norn4-6 (1)norn4-6 (2)norn4-6 (3)
norn4-6 (6)22norn4-6 (7)22
norn4-6 (11)norn4-6 (12)
norn4-6 (13)norn4-6 (14)norn4-6 (15)
norn4-6 (19)norn4-6 (22)norn4-6 (24)
norn4-6 (26)norn4-6 (27)norn4-6 (29)
norn4-6 (35)22norn4-6 (37)22

突然の雨に、深琴が手近な店に入ろうとした瞬間、突如発動する朔也の未来視
その暗示された未来で深琴と夏彦が2人きりでいる光景を見せられ、
濡れるのも構わず、思わず抱き付いてしまう朔也の可愛さクライマックス
そしてそんな彼の不安を優しく受け止めてあげる慈母の微笑みの深琴。
やっぱりこの2人は最高だなぁ、これが最後の素敵イベントにならない事を祈ります。
で、内通者を待ちぼうけの夏彦、空汰少年を確保して連れ戻す正宗と続き、
舞台は再び船へと戻って、主演となるのは千里とこはる。
駆が倒れ、その看病をこはるが担当している事で、班の仕事が全て、
千里と正宗の2人にのしかかっている事に酷くご立腹の千里。
まぁまずはそんな状況だからとはいえ、きちんと仕事をしているのは偉いと思います。
でも普段千里が引き篭もっている分、他のメンバーの負担が増えていた事について、
一体どのような認識を持っているんでしょうねぇ、この子は。
キャラがブレないってのは良い事ですけれども。

norn4-7 (3)norn4-7 (6)norn4-7 (11)
norn4-7 (16)norn4-7 (18)norn4-7 (21)
norn4-7 (26)norn4-7 (27)norn4-7 (28)
norn4-7 (31)norn4-7 (32)norn4-7 (35)
norn4-7 (37)aaa

そんな千里を軽くスルーして駆のところへ駆け戻ると、
いつの間に戻ってきたのか深琴と朔也の姿がそこに。
外の世界で仕入れるついでに、駆の為に薬などを手配したそうで、
それらの持参品と共にお見舞いに来てくれたとか。
で、そこから退室して今度は七海と行き会い、
暁人の人体実験によって手錠の鎖を外すリスクも勉強したところで、
七海に対して暁人が放った暴言に朔也がピシャリとぶった切る一言。
流石は朔也、いつもは深琴の陰に隠れてますが、言う事は言う男。

norn4-8 (1)norn4-8 (5)norn4-8 (6)
norn4-8 (7)norn4-8 (8)norn4-8 (10)
norn4-8 (22)22norn4-8 (23)22
norn4-8 (28)norn4-8 (42)norn4-8 (43)
norn4-8 (44)aaa

こはるの必死の看病もあり、どうにか夜には目を覚ました駆。
起きてすぐさま、歯の浮くような台詞を言える辺り十分元気な気がしますが、
それでも何か心の壁を作って逃げる雰囲気を見せる駆に、
こはるは勢い任せで突撃して臆病な精神を零距離攻撃。
どうやら無事、心の欠片を収集成功したみたいで、
ようやく本作が始まって初めて恋愛イベントっぽい雰囲気が発生しました。
結局、女の子の方が強いのよね、こういう時。
でもその後の手錠組の会話を聞けば、暁人も七海に負けないくらい強い子で、
いやはや、この年頃の少年少女は、これだから面白いわけで。

norn4-9 (8)22norn4-9 (9)22
norn4-9 (10)aaa
norn4-9 (17)norn4-9 (18)norn4-9 (20)
norn4-9 (29)norn4-9 (31)norn4-9 (34)
norn4-9 (36)22norn4-9 (38)22

翌朝。
七海は何処かへ行って暁人が駆の為に朝食を作るのをこはるが手伝い、
2人で持っていけば何故か動揺した風の駆は侵入者の可能性を示唆。
気のせいだろうと冗談めかしていたら、大事な耳飾りの紛失に気付いて。
ただでさえ内通者の炙り出しが出来ていない中、新たに発生する事件。
そして結局外してもらえなかった暁人と七海の手錠。
その辺の謎を持ち越しで、次回はどうやらお遊戯会が開催される模様です。
おめかしした深琴、かわゆす。

norn4-9 (39)aaa

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<最弱無敗の神装機竜 epsode03「北の令嬢の婚約事情」 感想 | ホームへ | 灰と幻想のグリムガル episode.4「灰の舞う空へ」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1690-b085f054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)