タイトル画像

NORN9 ノルン+ノネット 3「芽吹く春」 感想

2016.01.28(21:00) 1684

norn3-0 aaa

画伯、降臨

それでは宜しければ続きからご覧ください。



norn3-1 (1)norn3-1 (2)norn3-1 (3)
norn3-1 (4)22norn3-1 (8)22
norn3-1 (9)norn3-1 (10)norn3-1 (11)

小学生とは思えないイケメンボイスの空汰少年がノルンに来る前、
現世で国会議事堂を見学している時の光景から今回は開始。
折角のショタパラダイスなのに、こんなに低い声だなんてお姉さんは悲しい。
男の子って早い子は小学生で変声期を迎えるんでしょうが、
そんなの一部ですし、空汰少年は見た目的にはまだであって欲しかった。
そのまま"世界”の歌声に導かれて、船へと乗り込む旨の描写が続くのですが、
まぁ真実はさておいて、原作ではこの間にもう1クッション、
空汰少年が見知らぬ街中をうろつく描写とかなかったでしたっけ。
まぁ別になくても全然物語的には困らないのですが、何となく気になる木。

norn3-2 (4)aaa
norn3-2 (5)norn3-2 (6)norn3-2 (7)
norn3-2 (9)norn3-2 (10)norn3-2 (11)
norn3-2 (13)norn3-2 (15)norn3-2 (16)

空汰少年が他のメンバーと顔合わせするシーンは尺の都合で割愛。
取りあえずは夏彦が破壊した外壁の片付けをこはる班で継続中ですが、
そんな中でもイチャイチャと仲睦まじい様子の駆とこはる。
絵に描いたような王道CPの2人ですが、こはるが駆の地雷にうっかり触れて、
若干気まずい空気が流れるも、それを微笑で隠して去っていく駆。
何か原作の時以上にこはるの、天然の度合いが強い気がして、
この2人はちゃんと恋愛として成立するのか不安になってきます。
まぁ一応こはるも赤面したりしているので、その辺りの感情をはっきり自覚すれば、
一気に状況は変わるのでしょうが、そこまで描けるのかしら。

norn3-3 (1)norn3-3 (2)norn3-3 (3)
norn3-3 (4)norn3-3 (5)norn3-3 (6)
norn3-3 (7)norn3-3 (8)norn3-3 (9)
norn3-3 (11)22norn3-3 (12)22
norn3-3 (13)aaa

「こんなに独創的な絵を描けるのは、
 深琴しかいない。高い芸術性を感じる」


一方、こちらは夏彦の完璧すぎる似顔絵を描いて内通者をいぶり出そうとする、
頭も悪ければ技術も不足している名案に自己満足中の深琴。
それに追従じゃなく、心の底から賛辞を送る朔也の態度に、
益々調子付いて自身の力作の解説を始めるチョロさが大変可愛らしいです。
というかそんな深琴の様子を見て思わず失笑している朔也の反応は、
実は内心で馬鹿にしていたんじゃないかと疑われてもおかしくない行為。
いやまぁ、真実はどうせ「深琴可愛い」とか思ってんでしょ、
夏彦の事はもういいから早く結婚しろよオマエら。
朔也にしろ深琴にしろ幼少期の可愛さからして異常なんだよ畜生。
能力によって見えた、自身の悲しい運命。
それを回避する為に「誰も好きにならない」と約束した記憶。
この2人のCPが私はいいんですよー、ごめん夏彦。

norn3-4 (1)22norn3-4 (2)22
norn3-4 (4)norn3-4 (5)norn3-4 (6)
norn3-4 (9)norn3-4 (10)norn3-4 (14)
norn3-4 (15)aaa
norn3-4 (17)norn3-4 (18)norn3-4 (19)
norn3-4 (20)norn3-4 (21)norn3-4 (22)
norn3-4 (26)22norn3-4 (27)22

本日のお昼ご飯は暁人と七海が用意したピクニック風味のランチパック。
疲れているであろう、皆に元気をつけて貰おうと、
不知火家に伝わる薬草を用いた独創的な手裏剣型おにぎりを作ったら、
味は不評だわ、空汰には毒呼ばわりされるわで傷心乙女。
普段無表情な子が悲しげな表情を浮かべると辛さが倍増します。
そんな七海に悪態つきながらも、放っておけない暁人は、
彼女のおにぎりを奪い取り、人目のないところで捨てずに完食するという、
テンプレながらも乙女心がときめく行動を取るのでした。
いや、描かれてませんけどね、実際どうしたかなんて。
こちらも幼少期に色々とありますからねぇ、ロリ七海可愛すぎ

norn3-5 (1)norn3-5 (2)
norn3-5 (3)norn3-5 (4)
norn3-5 (5)norn3-5 (6)
norn3-5 (7)norn3-5 (8)norn3-5 (9)

少しずつ、メイン攻略対象以外にもスポットライトが当たり始めたのか、
こはるは駆に頼まれて千里へとおにぎりを届ける役割を拝命。
てっきりまた引きこもって扉越しの攻防が続くかと思ったら、
返事がないことを良い事に屋敷内へとズカズカ侵入し、
千里の部屋にまで押し入る事に成功したこはるは剛の者
まぁ最後は直後の駆の来訪に怯えた千里が、
無理矢理こはるを自分の部屋に連れ込んだ格好ではありますが。
男子に薄暗い部屋に連れ込まれても平常心なこはるはやはり剛の者
それでも駆を避ける千里に、こはるは駆の優しさを懇々と説きますが、
若干その台詞内容が酷い事にお互い気付かないのは何なのか。

norn3-6 (1)norn3-6 (2)
norn3-6 (9)norn3-6 (10)norn3-6 (11)
norn3-6 (13)norn3-6 (15)norn3-6 (16)
norn3-6 (19)norn3-6 (20)norn3-6 (21)
norn3-6 (24)22norn3-6 (25)22
norn3-6 (27)norn3-6 (28)norn3-6 (30)
norn3-6 (31)norn3-6 (32)

空汰少年がアイオンを見かけ、一月達から馬鹿にされている頃、
夕暮れの船内に駆の姿を見つけたこはるは一目散にダッシュ。
昼間、こはるに対して酷い態度を取った事を気に病む駆は、
こはるの温かい心に暗い気持ちと迷いを払って貰い、
謝罪の意味も込めて、耳飾りの由来について説明を始めます。
それは4年前に殺された父親が遺した形見の品。
まぁその辺の裏側についてもどうせその内説明があるでしょうが、
兎に角、また1つ公式CPへの階段を上ったらしい駆とこはる。
最後は一月と平士の出歯亀行為に怒れる駆が、
微笑の魔王と化して2人に制裁を加えるべく出陣し、
決定的な言葉は次回以降に持ち越しとなりました。

norn3-7 (1)22norn3-7 (4)22
norn3-7 (5)aaa
norn3-7 (8)norn3-7 (10)norn3-7 (11)
norn3-7 (15)norn3-7 (16)norn3-7 (17)
norn3-7 (19)norn3-7 (22)norn3-7 (23)
norn3-7 (28)norn3-7 (29)norn3-7 (30)
norn3-7 (32)22norn3-7 (33)22

さてさて、昼間の事件以降、怯えた感じで暁人の様子を伺う七海に、
暁人はいつもと変わらない、憎悪の視線と言葉を向けるのみ。
そして内通者の存在が日に日に重くのしかかる中、
不穏な動きを見せる人物が散見され、そして七海は、
暁人が見知らぬ人物と密会している姿を目撃し、問い詰めます。
というより懇願か、私が憎いなら今すぐこの場で殺せ、という。
そんな折、船内に吹き荒れる横風が七海の身体を乗せて駆け抜け、
踏み外して落下しようとする彼女を暁人が寸でのところで繋ぎ止めます。
皆に秘密にしている、暁人が何の能力もない一般人であるという事実。
その一般人の暁人がここからどんなウルトラCで大逆転を図るのか。
気が抜けない展開の最中で、次回に続きます。

norn3-7 (34)aaa

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>

がっちの言葉戯び


<<コメレス ~イラリクおよびブレイブビーツ画像~ | ホームへ | だがしかし 第3話「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」「ボンタンアメとセブンネオンと…」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1684-4daf93b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)