タイトル画像

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ STEP01「ON YOUR MARK 運命のはじまり」 感想

2016.01.06(21:00) 1656


st1-0.jpg

2016年冬アニメ第一弾「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」。
どうしようかとも思ったのですが、ゲームの方が少し熱が落ちついてきたので、
こちらから始めてみようかと思った次第です。
元々候補に挙がってはいましたし。
ストライドというスポーツがどのようなものかイメージが湧きませんが、
走る時の1歩の幅が確か同じ名前で表現されてるので、
まぁ走るんでしょうねぇ、きっと。
取り敢えず好みのイケメンを見つけるところからスタートです。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


st1-1 (1)st1-1 (2)
st1-1 (3)aaa
st1-1 (5)st1-1 (6)st1-1 (7)
st1-1 (8)st1-1 (9)st1-1 (10)
st1-1 (11)aaa
st1-1 (12)st1-1 (18)
st1-1 (19)aaa
st1-1 (23)st1-1 (27)
st1-1 (29)st1-1 (32)
st1-1 (33)aaa
st1-1 (34)st1-1 (35)
st1-1 (36)st1-1 (38)
st1-1 (39)aaa

これ以上ないってくらい完璧な木村良平と、
どこをどう聴いても間違えようがないくらいな花澤香菜から始まる物語。
最初、ヒロインが意味不明に黄色い花畑に佇む絵を見て、
「あれ、クラナド始まった?」とか思ったりも。
そしてどうやら“ストライド”とは街中を走る駅伝みたいな競技っぽい。
多分主人公である陸の動きを見る限り、立体的なコースを走るのか、
単にスタートとゴールだけが決まっていて、コース取りは自由なのか、
そういう内容なのかなーとは思います。
かつての栄光に憧れて入学って、「ハイキュー」みたいね。

st1-2 (3)aaa
st1-2 (4)st1-2 (5)st1-2 (6)
st1-2 (7)st1-2 (8)st1-2 (9)
st1-2 (18)st1-2 (19)st1-2 (20)
st1-2 (21)st1-2 (22)st1-2 (23)
st1-2 (24)
st1-2 (25)st1-2 (26)
st1-2 (27)st1-2 (28)
st1-2 (29)aaa

オープニングテーマは想像に違わぬ疾走感のあるテクノ調というのかな。
タイトルデザインがスポーツメーカーのロゴちっく
取り敢えずつらつらと眺めて思ったことは「あ、アルミンがいる!」でした。
アルミンというか、「ヘヴィーオブジェクト」のお姫様の方がより適切ですが、
後はピンク色のジャージの一番前にいた研磨っぽい子とか、
黒色のジャージの中にいた双子とか、その辺りがパッと見のお気に入り。
えぇ、そうです、私はどちらかといえっば年下好きなものですからして。
後は声を聴いて、動いている姿を見て、性格を把握して。
放映が終わるまでにはイチオシを確定出来ますよーに。

st1-3 (2)aaa
st1-3 (3)st1-3 (4)
st1-3 (5)st1-3 (8)
st1-3 (12)st1-3 (14)
st1-3 (15)aaa
st1-3 (18)st1-3 (19)st1-3 (20)
st1-3 (22)st1-3 (25)st1-3 (26)
st1-3 (31)st1-3 (32)st1-3 (34)
st1-3 (37)st1-3 (39)st1-3 (40)
st1-3 (41)aaa
st1-3 (42)st1-3 (44)

カバベゥイ?
というわけで本日から高校入学を果たして、恒例の自己紹介タイム。
主人公の木村良平改め、八神陸は底抜けに明るい運動大好き少年。
そして相方(予定)の藤原尊はクール系のムッツリ眼鏡少年。
花澤香菜改め、桜井奈々は割と素朴な見た目でも華のある少女。
後者2人は最初からストライド部に入部希望で出番少ないですが、
その分、陸が各運動部を順番に体験入部して荒らして回って、
その身体能力の高さ、特に平面的なスピードを披露しております。
この時点で既に王道的展開の準備はほぼ整ってます。
というかこの時点で尊を好きになってきたかも、変態ちっくで。
見た目は眼鏡かけた飛雄みたいなのにね。

st1-4 (4)st1-4 (6)st1-4 (10)
st1-4 (11)st1-4 (12)st1-4 (15)
st1-4 (17)aaa
st1-4 (18)st1-4 (19)st1-4 (20)
st1-4 (21)st1-4 (22)st1-4 (23)
st1-4 (24)aaa
st1-4 (26)st1-4 (27)
st1-4 (28)aaa
st1-4 (29)st1-4 (31)st1-4 (32)
st1-4 (33)st1-4 (35)st1-4 (36)
st1-4 (37)aaa
st1-4 (38)st1-4 (39)st1-4 (40)
st1-4 (41)st1-4 (43)st1-4 (44)
st1-4 (47)aaa
st1-4 (48)st1-4 (49)st1-4 (51)
st1-4 (52)st1-4 (53)st1-4 (56)
st1-4 (57)st1-4 (58)st1-4 (59)
st1-4 (60)st1-4 (61)st1-4 (62)

アルミン改め、小日向穂積(2年)はほんわかした空気のまとめ役。
小野D改め、支倉ヒース(3年)はひねくれ系のスト部部長。
しもんぬ改め、門脇歩(2年)は顔も声も性格も煩い将棋を愛する少年。
尊は中学時代から有名選手だったんですね、本気で飛雄じゃないか。
1年生2人は活動停止状態だったスト部に入部希望しますが、
先輩方は希望溢れる2人に対して非情な現実を説明。
オープニングでも映っていましたが、奈々が憧れた動画の2人は、
今となっては別の高校に転校してしまった敵側の人間で、
部員はここにいる3名のみ、試合にも出られない状態だという事で。
かつての仲間が別の学校に移って因縁が生まれる。
何処となくキセキの世代ちっくですが、土壌整備としては優良。

st1-5 (3)aaa
st1-5 (4)st1-5 (5)
st1-5 (7)aaa
st1-5 (10)st1-5 (11)st1-5 (12)
st1-5 (14)st1-5 (15)
st1-5 (16)aaa
st1-5 (17)st1-5 (18)st1-5 (19)
st1-5 (22)st1-5 (23)st1-5 (24)
st1-5 (25)st1-5 (26)st1-5 (29)

試合に出るには5人のランナーと1人のリレーショナーが必要。
要するに後2人揃えば最低限のチームが作れるわけで、
その内の1人が誰かなんて今更疑問に思う人は誰もおりません。
拒否する歩も、その筋肉に尊が太鼓判を押してメンバー入り。
ていうか筋肉を触って素質を把握するなんて、小鞠みたいな変態性です。
寧ろ男性の足を触りまくるところがそもそも変態なんですけど。
そんな尊に強制的に任意同行を強いられて部室へとやってきた陸は、
何やら方南学園ストライド部に深い因縁があるとの事。
彼の顔を見てヒースも突然やる気を出し始めましたし、
かつて方南高校に、八神という名字の選手が存在したとかで。
中々どうして、少年漫画の王道的盛り上がりを見せてまいりました。

st1-6 (3)st1-6 (4)st1-6 (6)
st1-6 (7)st1-6 (8)
st1-6 (9)aaa
st1-6 (11)st1-6 (12)st1-6 (13)
st1-6 (14)st1-6 (15)st1-6 (16)
st1-6 (18)st1-6 (19)st1-6 (20)
st1-6 (21)st1-6 (24)
st1-6 (25)aaa

リレーショナーは奈々が務める事でメンバーは揃いましたが、
それでも乗り気でない陸を何とか獲得するべく、
ストライドの問題はストライドで解決しようという精神の名の下に、
ここに2on2の校内レースが開催される運びとなりました。
それを受けて、全然関係ない生徒達がコース作りを始める異様な光景。
ずっと活動休止していても、かつての栄光を皆が誇りに思っていて、
いつかこういう日が来る事を期待していたって証左なんですかねぇ。
わざわざ体操服に着替えて設営する部隊もいれば、
新聞部は速攻で号外を刷り上げて配りだす異常な機動力。
体育倉庫の用具を使用しているって事は教師の許可も貰ってるわけで、
この世界におけるストライドの認識の大きさが垣間見える光景。

st1-7 (2)st1-7 (3)st1-7 (4)
st1-7 (7)st1-7 (8)st1-7 (9)
st1-7 (12)st1-7 (14)st1-7 (16)
st1-7 (18)aaa
st1-7 (25)st1-7 (26)st1-7 (28)
st1-7 (29)st1-7 (39)st1-7 (42)
st1-7 (43)aaa
st1-7 (45)st1-7 (47)st1-7 (48)
st1-7 (49)st1-7 (51)st1-7 (52)
st1-7 (55)aaa
st1-7 (56)st1-7 (59)st1-7 (60)
st1-7 (61)st1-7 (63)st1-7 (65)
st1-7 (67)aaa
st1-7 (68)st1-7 (69)
st1-7 (70)st1-7 (71)
st1-7 (79)aaa
st1-7 (80)st1-7 (81)st1-7 (82)
st1-7 (83)st1-7 (84)st1-7 (85)
st1-7 (87)st1-7 (88)st1-7 (89)
st1-7 (91)aaa

「ただいまより、方南学園ストライド部、
 復活記念レースを開始いたします!」


先輩側は穂積からヒースへのリレー、リレーショナーは歩。
後輩側は尊から陸へのリレー、リレーショナーは奈々。
校内1周なので距離こそ短いが高低差があるコースだとか。
前髪を上げてお団子みたいにしてるアルミン先輩可愛いですね。
「ハートに良い風、吹かせようぜ」とヒースも痛い台詞をノリノリで、
「負ける筈がない、俺とお前が、負ける筈がない!」と、
尊は自身と陸の力に絶対の自信を持ってレーススタンバイ。
試合が始まれば“方南のトリックスター”穂積が技術で尊の先を行き、
タイミングを合わせて歩と奈々が第2走者に合図を送る。
相手の姿が見えない難しい中継エリアでは尊のすぐ後に陸が到着。
後を追ってくる陸の姿を視界に捉えた尊は、速度を緩めず逆に加速。
リレー前に中継エリアを飛び出すかの勢いに先輩達は驚きますが、
お互いを信じる尊と陸はエリアぎりぎりで見事に全速力のリレーを成功。
最終的な試合結果こそは同着1位に終わりましたが、
一連のアクションシーンはまさに息も付かせぬ勢いのある映像でした。
これが次回以降も継続されるなら、覇権に手もかかるんじゃないかしら。

st1-8aaa.jpg

尊の壁ドンが斬新過ぎて笑える予告画像。
次回「天然酵母と筋繊維再生の怪しい関係」に続きます。
方南学園内の問題が一先ず片付き、早速他校の刺客が姿を見せます。
彼らの内、誰かが陸の兄貴とかなんでしょうか。
まずは過不足ない綺麗な第1話の王道的展開に感謝を。
予想以上の良い出来に、次回以降にも期待しております。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<To LOVEる -とらぶる- ダークネス OVA第7巻 感想 | ホームへ | イグジスト・アーカイヴ プレイ日記15:エクストラダンジョン「或いは、彼らこそが・・・」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1656-b4add4c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ】第1話『ON YOUR MARK運命の始まり』キャプ付感想

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 第1話『ON YOUR MARK運命の始まり』 感想(画像付) 2016年最初の新作アニメです。 なんと!! 火曜放送のアニメは、今期これしかありません……………。 さて、内容は作品オリジナルのスポーツ「ストライド」をする青春もの。 「ストライド」はパルクール×駅伝のような街中障害物リレー。 主人公の学園だけでなくライバル校の...
  1. 2016/01/11(月) 23:52:16 |
  2. 空 と 夏 の 間 ...