タイトル画像

ストライク・ザ・ブラッド OVA「ヴァルキュリアの王国 後篇」

2015.12.15(21:00) 1639


ストブラova2-0

結局、敵にあっさりと操られたまま、雪菜とラフォリアを拉致った古城。
ああいう催眠系能力は寧ろ吸血鬼の領分だと思うんですが、
その割には何の抵抗もなく簡単に陥落しましたね、情けない。
主人公としての面目躍如を期するには生半可な活躍では足りませんが、
無双し過ぎると視聴者サービスが不足する可能性もあって難しいところ。
前篇であれだけ大盤振る舞いしましたから、後篇は少な目なのかな。
出来れば今度こそ那月ちゃんの出番を宜しくお願いします。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


ストブラova2-1 (2)ストブラova2-1 (3)ストブラova2-1 (4)
ストブラova2-1 (5)ストブラova2-1 (8)ストブラova2-1 (9)
ストブラova2-1 (10)ストブラova2-1 (14)
ストブラova2-1 (15)ストブラova2-1 (19)
ストブラova2-1 (27)ストブラova2-1 (28)ストブラova2-1 (36)
ストブラova2-1 (37)ストブラova2-1 (39)ストブラova2-1 (40)
ストブラova2-1 (41)ストブラova2-1 (42)ストブラova2-1 (43)

古城を手懐けた誘拐犯の要求は収監中の政治犯釈放
大胆不敵な計画の割には、要求がショボいというか、
わざわざ特区で仕掛けなくても他にやりようはあるのでは、という疑問。
まぁ実際のところはヴァトラーあたりの抹殺が真の目的っぽいですけど、
そんな事より犯人に生足の手入れをさせられている第四真祖の姿が哀れ。
特殊な嗜好の方にはある意味幸せな奉仕作業に勤しむ姿は、
催眠状態でイケボモード継続中なせいで、妙なシュールさが。
前に入れ替わりもどき状態だった時もそうですが、
古城ってそれっぽく振る舞えばイケメンですよね、普段は気付きませんけど。

ストブラova2-2 (1)ストブラova2-2 (2)ストブラova2-2 (3)
ストブラova2-2 (6)ストブラova2-2 (7)ストブラova2-2 (8)
ストブラova2-2 (9)ストブラova2-2 (11)ストブラova2-2 (12)
ストブラova2-2 (13)aaa
ストブラova2-2 (14)ストブラova2-2 (15)ストブラova2-2 (18)
ストブラova2-2 (23)ストブラova2-2 (24)ストブラova2-2 (25)
ストブラova2-2 (28)ストブラova2-2 (33)
ストブラova2-2 (38)ストブラova2-2 (39)ストブラova2-2 (41)
ストブラova2-2 (42)ストブラova2-2 (43)ストブラova2-2 (46)

「神々に呪われしこの拳の重みを知るがいい」

催眠状態で付き従うのは全然良いんですけど、
何をどういう風に催眠かけたらこんな勘違い厨二キャラになるのでしょう。
思えば先程も犯人の事を「お嬢様」と呼んでいましたし、
ナイトか何かの役になりきっているのかしらね。
雪菜の見立てでも真祖相手に催眠なんて効かない筈だというし、
だとすればいつぞやの入れ替わりもどき同様、何らかのトリックの可能性。
兎も角、アルデギア王国の装甲飛行船を乗っ取り、
艦載火器でヴァトラーをぶっ殺そうという計画を高らかに暴露したら、
何故か超乗り気になってヴァトラー抹殺に協力する王女様。
ストックホルム症候群と似て非なる共犯体制の下、
鋼鉄の鳥が下着姿の王女の命で出発進行よーそろー。

ストブラova2-3 (1)ストブラova2-3 (2)ストブラova2-3 (3)
ストブラova2-3 (6)ストブラova2-3 (11)
ストブラova2-3 (16)ストブラova2-3 (24)
ストブラova2-3 (27)aaa
ストブラova2-3 (34)ストブラova2-3 (36)ストブラova2-3 (37)
ストブラova2-3 (45)ストブラova2-3 (46)ストブラova2-3 (47)
ストブラova2-3 (57)ストブラova2-3 (58)ストブラova2-3 (60)
ストブラova2-3 (64)ストブラova2-3 (66)ストブラova2-3 (67)
ストブラova2-3 (69)ストブラova2-3 (70)
ストブラova2-3 (73)ストブラova2-3 (74)ストブラova2-3 (75)
ストブラova2-3 (77)aaa
ストブラova2-3 (79)ストブラova2-3 (80)ストブラova2-3 (82)
ストブラova2-3 (86)ストブラova2-3 (92)ストブラova2-3 (97)
ストブラova2-3 (98)aaa
ストブラova2-3 (107)ストブラova2-3 (108)ストブラova2-3 (109)
ストブラova2-3 (112)ストブラova2-3 (116)ストブラova2-3 (119)
ストブラova2-3 (122)2ストブラova2-3 (123)2
ストブラova2-3 (126)ストブラova2-3 (128)ストブラova2-3 (129)
ストブラova2-3 (131)ストブラova2-3 (132)ストブラova2-3 (133)
ストブラova2-3 (134)aaa

式典の方は花音が変装してラフォリアになりすまし、予定通りに開会。
迫りくる魔道兵器は便利屋チョロ坂とアスタルテが身体を張って食い止め、
浅葱と基樹は協力体制で艦のシステムにハッキング構成。
ついでに苦し紛れの巡航ミサイルまで自壊させて、電脳戦組は超有能
この活躍によって調印式は無事に終了し、この時点で戦局的にはほぼ勝利l。
後は未だに正気を失ったままの第四真祖をどうにかするだけ。
それも愛の力かフェチズムの勝利か、割かし簡単に解決して候。
若々しい女子中学生の汗の匂いは香水臭いオバ様の体臭に勝るそうです。
ていうか前篇が視聴者サービスに尺を使い過ぎたせいか、
後篇の駆け足展開感が半端ないですね、サックサクやで。

「やっぱり姫柊は、良い匂いがするな」


ストブラova2-4 (2)ストブラova2-4 (4)ストブラova2-4 (5)
ストブラova2-4 (6)ストブラova2-4 (7)ストブラova2-4 (8)
ストブラova2-4 (10)ストブラova2-4 (12)ストブラova2-4 (14)
ストブラova2-4 (15)aaa
ストブラova2-4 (16)ストブラova2-4 (18)ストブラova2-4 (19)

事件終わって、締めの部分でも特に波乱はなし。
リハヴァイン一家は思い外あっさりと引き上げて、
チョロ坂や浅葱が茶々をいれることもなく、
雪菜と古城がいつもの通りに夫婦漫才でいちゃいちゃして終了です。
思えば後篇は全然直接的なサービスシーンが無かったですね。
汗の匂いを好きな人に嗅がれて羞恥に悶絶する、
若々しい女子中学生の姿が見られた事くらいか、深い作品です。
那月ちゃんも一瞬だけですが出番があって良かったなぁ。

ストブラova2-4 (20)

ありがとうございました、流石にこれ以上のアニメ展開は無いですかね。
もしもありましたら、その際はまた宜しくお願い致します。
原作小説もそろそろ手の出し時かもしれません。
ではでは、失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<イグジスト・アーカイヴ 6:第六章「それぞれの想い」 | ホームへ | ストライク・ザ・ブラッド OVA「ヴァルキュリアの王国 前篇」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1639-1ba1ab75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)