タイトル画像

イグジスト・アーカイヴ 5:第五章「声が聞こえる」

2015.12.13(21:00) 1637

EA5-0AAA.jpg

最初はPTメンバーしか経験値得られなかったらどうしようとか、
そういう不安がずっと脳内をよぎっていましたが、
どうやら問題なく全員が100%経験値を獲得出来るみたいですね。
まぁ流石に戦闘終了時点で戦闘不能になっていると貰えないので、
エンカウントチェインの最終戦辺りは気を付けておかないといけません。
逆に言えばそれ以外では特に気にする事もないですかね。
正直ボス戦もそこまで大量に経験値が貰えるワケでもなく、
雑魚敵を如何に丁寧に皆殺しにするかが鍛錬の秘訣ですからして。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


第五章「声が聞こえる」

EA5-1 (12)AAA
EA5-1 (13)AAA

第四章終了時点でプレイ時間は8時間程。
単にストーリー進めるだけならもっと短いんでしょうが、
このゲーム、何気に雑魚との戦闘が一番時間を喰うんですよね。
中型が1匹混じるだけでも1~2ターンでの速攻勝利がほぼあり得ないし、
小型のみの場合は数が多いので、範囲攻撃がないと即時殲滅は無理。
また、大量の敵に一度に殴りかかられるとガードにAPを多く回す事になり、
結果殲滅速度が落ちるという、何かそんな感じで。
というわけで“フリーズ・マギ”たるレンを新たな仲間に加え、
暫くはスルーしてきたフリークエストで調整試合をこなします。
どうやら将来的には回復魔法も覚えるみたいなので、
早く成長してまゆら頼みの現体制を変えて欲しいものです。

EA5-2 (6)EA5-2 (7)
EA5-2 (8)AAA
EA5-2 (13)EA5-2 (14)
EA5-2 (17)EA5-2 (26)
EA5-2 (27)AAA

ヤマトガと対に称されるシャサールの真祖ゼノビア
この頭から蛇が生えている様な髪型、何かデジャヴってます。
そんなメデューサちっくな彼女が言うには、
12人の地球人の内、1人は既に虜囚となっているとか何とか。
トロフィーにわざわざ記載がある事も併せて考えれば、
きっとこの捕まっている地球人は敵に回るんでしょうねぇ。
少なくともゼノビア自身は、ヤマトガへの義理立てか、
依代達に直接危害を加える様な事はしない模様ですけれども。
そういえば配下のシャサールも各々の判断で敵対しただけで、
ヤマトガに対しては一定の敬意は払ってましたもんね、これまでも。
ま、結局はヤマトガが何を思って何を目指しているのか。
この物語の行きつく先も、それ次第という事で。

EA5-3 (1)EA5-3 (11)
EA5-3 (12)EA5-3 (15)

仲間の報告では各自が食料などの調達も行ってくれるのですが、
キリヤが馬鹿の1つ覚えみたいに“焼き魚”を作るのが何とも。
そういえば趣味が釣りだとか、どこかに説明文があった気がします。
一体この世界の何処でどんな魚を釣って、調理しているのか。
後は地味に「帰りが遅いので心配していた」という内容にも、
ツンデレ臭を感じて思わずニヤニヤしてしまいます。
本人は常々悪者ぶった雰囲気を醸し出していますが、
バイクに乗る時もちゃんとヘルメット被っていましたし、安全運転だし、
やっぱりアレでしょうか、ちょいワルに憧れるお年頃なのでしょうか。
所謂、人生の黒歴史シーズン。

EA5-4 (1)EA5-4 (4)
EA5-4 (5)EA5-4 (6)
EA5-4 (7)AAA
EA5-4 (8)EA5-4 (11)
EA5-4 (12)EA5-4 (13)
EA5-4 (14)AAA
EA5-4 (18)EA5-4 (19)
EA5-4 (20)EA5-4 (22)
EA5-4 (24)AAA
EA5-4 (27)EA5-4 (28)
EA5-4 (30)AAA

その他、取り留めもない会話が続くクエストクリア後の会話。
まゆらの態度はカナタへの異性としての好意の表れか。
そういえばコハルも何気にカナタにアピールしている節があったし、
流石は主人公、特にイベントが無くても何気にモテモテですねぇ。
まぁランゼの本心は謎ですし、ミツヒデはコハルですよねぇ。
レンはランゼに一目惚れしてて、スザクとなめろうはセット販売。
うーむ、キリヤだけが恋愛模様の中に入り込めていない。
それともちょいワルを目指す彼には色恋沙汰なんて興味なしか。
そもそも割とキャラの掘り下げが淡泊な本作の中で、
どこまで恋愛要素を感じさせてくれるか、それが一番心配です。

ea5-7 (2)aaa
ea5-7 (6)ea5-7 (7)
ea5-7 (8)ea5-7 (9)
ea5-7 (12)aaa
ea5-7 (16)ea5-7 (17)
ea5-7 (18)ea5-7 (19)
ea5-7 (21)ea5-7 (23)
ea5-7 (34)aaa
ea5-7 (38)ea5-7 (41)

予想外ながらも存在結晶探索、その一番手はコハル
縁の深い者には探さずとも自ずと見つかるという存在結晶。
どちらかというと過去の体験談の追想をイメージしていたのですが、
カナタ達が異世界に召喚されてから後の模様が流れるみたいで。
両親と犬の合計3人+1匹暮らし、最近はやりの核家族ですね。
別に不思議パワーで家族と異世界通話が可能になるとか、
娘に言えなかった秘話が暴かれるとか全然なくて、
普通に家族の近況報告で終わってしまって何がなんだか。
一番手だからかもしれませんが、シャサールを倒した事以外は波風なく、
キャラの掘り下げにも大してならなかった気がして心配です。

ea5-8 (3)aaa
ea5-8 (5)ea5-8 (8)

コハルの存在結晶をアマツメに捧げて、エリアルジャンプ獲得。
要するに二段ジャンプの事ですね、これで痒いところにも手が届きます。
ここから1つクエストをクリアする度に推奨レベルが結構上昇していくので、
きちんと雑魚敵を掃討していかないと苦戦は免れません。
まぁ、足りない分はフリークエストで十分補えますけれども。
なめろうやスザクら、新加入の仲間達の特性も把握出来ましたし、
後は好みの問題なのでしょう、基本は男女比1:1でP組みたいです。

カナタは一応主人公枠で固定として、後は男1人、女2人。
出来ればランゼも固定にしたいところですが、
4人しかいない中で2人も固定は流石に流動性の観点から却下で。
でも現状気になるのはランゼとキリヤなので、
この2人は気持ち多めに使っていきたいです。
カナタとキリヤは完全に戦闘能力被ってますけどねー。

EA5-11 (1)AAA
EA5-11 (11)EA5-11 (12)
EA5-11 (13)EA5-11 (16)
EA5-11 (17)AAA
EA5-11 (18)EA5-11 (19)
EA5-11 (20)AAA

その後は不特定の存在結晶を集める為、指定されたマップへ。
先程手に入れたエリアルジャンプで踏破可能領域がかなり広がり、
今まで以上にマップを埋める作業が楽しくなってまいりました。
とはいえ、それでもまだ100%には出来ないみたいなので、
今後更に何か新しい移動用のスキルが出てくるのでしょう。
ともあれ、デモンズ・グリードを楽しんだり、新しい宝箱を開けたりしながら、
今回の存在結晶は守護するボスも何もなく、普通に触れて回収完了。
これをアマツメに捧げて新しくバインド・スフィアを習得。
単に敵を拘束するだけで大した使い道はない気がしますが、はて。

EA5-12 (5)EA5-12 (6)
EA5-12 (8)EA5-12 (9)
EA5-12 (11)AAA
EA5-12 (13)EA5-12 (14)
EA5-12 (15)EA5-12 (16)
EA5-12 (21)AAA

そうそう、それとは別に野良存在結晶とでもいうべきか、
仲間の存在結晶の欠片とでもいうべきか。
今回見つけた5個くらいはどれもコハルに関する内容のものばかり。
これらは(多分)ノーヒントで設置されているっぽいので、
クエスト等でマップを訪れた際には隅まで調べておく必要が出てきます。
多分無視してもストーリー上は何の問題もないのでしょうが、
キャラクターの魅力を深める上では結構な重大事なので。
取り敢えず仲良し4人組の様子が垣間見れたのが何よりでした。
後は体育館裏事件、これは普通に声出して笑いました。
コハルの声優さんの演技がとっても面白くて。
クエスト後の会話イベントと併せて、コハルが好きになってきましたよ。

EA5-13AAA.jpg

最近、サーバーが不調なのか私のPSN設定がおかしいのか、
各マツプに入る際と、そこから全体画面に戻って来る際に、
数十秒の読み込み時間を経て、このエラー表示が出る事案が頻発中。
キチンとサインインは出来ていて、他のPSN機能に何ら不具合はないのに、
何故か本作についてだけはサーバー応答なしなんですよね、鬱陶しい。
別に大したサポート内容でもないのでオフラインにしてもいいんですが、
フレンドから他のゲームへの招待が結構飛んでくるので、
やはりオンラインにしておきたい、でもそうするとこのエラーが鬱陶しい。
中々困った状況です、どうしたものですかねぇ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<ストライク・ザ・ブラッド OVA「ヴァルキュリアの王国 前篇」 | ホームへ | DIABOLIK LOVERS MORE, BLOOD episode12>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1637-43409213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)