タイトル画像

閑話休題:北陸旅行記

2015.11.19(21:00) 1603

093.jpg
002_201511220156000fa.jpg096.jpg

去る11月11日~13日まで、二泊三日の研修旅行に行ってまいりました。
遊びじゃないので自由度はほぼありませんでしたが、
まぁ北陸地方への出征は初めてだったので中々興味深かったです。
研修内容自体は後で当然レポートに纏めて提出するのですが、
取り敢えずここでは観て回ったところの感想というか、ご紹介をば。
たまにはこういう個人ブログらしい記事も書いておかないとねー。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



soumu1 (1)

鹿児島県は所詮日本国内でも相当南に位置しているので、
東日本とか北日本へ向かう時の移動時間が中々半端ではありません。
というわけで11月11日の出発日は午前6時にバスが出るとの事だったので、
頑張って朝起きてどうにかこうにか午前5時50分には到着いたしました。
「明日朝早いから・・・」といってスカイプのお誘いを2件断っといて、
結局寝たのは午前2時過ぎという社会人にあるまじきギャンブル生活。
ちなみに一番最初の待ち合わせ場所では午前5時30分集合だったとか。
そちらだったら遅刻してましたね、はっはっは。
別に遊んでいたわけじゃなくて、仕事していてそんな時間になったんですが、
所詮全ては言い訳、間に合ったからいいんですよ。(社会のクズ)

soumu1 (2)
soumu1 (3)soumu1 (4)

6時集合→バス移動1時間→鹿児島空港から飛行機で1時間半→
羽田空港から東京駅まで30分→新幹線で富山駅まで2時間→
バス移動30分→昼食→バス移動30分→研修2時間→
バス移動1時間→18時ホテル到着


初日の移動模様は大体上記の通りになりました。
約2時間の研修の為に移動が空き時間と食事時間含めて10時間程度ですか。
正直要した時間のバランスが悪いというか、拘束時間が長過ぎです。
研修内容自体は非常に為になったのですが、流石にねぇ。
しかも研修中は相手方の課長様が熱の入った説明をし続けて、
質疑応答時間が結局20分くらいしかなかったという罠。
そうでなくても昼食直後にずっと聞き手に回るだけで眠気MAXでしたのに。

ちなみに研修内容の1つに婚活事業があったのですが、
今回研修旅行に参加したメンバー内で未婚者は私だけだったので、
周囲から「ここの事業に参加しろよ」とか言われてました。
どうせなら栃木県に住みたいです、諸事情あるので。

soumu2 (7)soumu2 (14)
soumu2 (16)
soumu2 (20)soumu2 (22)
soumu2 (23)soumu2 (27)
soumu2 (29)soumu2 (32)

7時30分ホテルを出発→バス移動2時間→研修1時間→
現地視察1時間→昼食→バス移動10分→東尋坊で観光10分→
バス移動1時間→永平寺で観光1時間→バス移動30分→
恐竜博物館で1時間→バス移動1時間30分→18時ホテル到着


2日目は午前中に福井県へとバスで移動して研修を済ませた後、
午後はホテルまでの道すがら観光と洒落込みました。
永平寺はお寺とは思えない作りの中にお坊さんと観光客が山程いて、
何とも言えない感想を味あわされた趣深い場所でございました。
東尋坊は、うん、火曜サスペンス劇場のBGMが脳内再生されますね。
恐竜博物館は読み物を読んでいるととても楽しかったのですが、
如何せん滞在時間の制約で駆け足になってしまったのが悔やまれます。
子供連れとかなら楽しめるんでしょうねぇ、もっと。
兎に角思う事は、観光名所がこれだけたくさんあるっていいなぁって事。
我が地元の自治体には時機を問わずに観光客を集客出来る場所が無くて。
そういう意味でも考えさせられる観光となりました。

soumu3 (2)soumu3 (8)
soumu3 (14)soumu3 (18)
soumu3 (20)soumu3 (21)
soumu3 (22)soumu3 (23)

3日目は研修はなく、ただ単に金沢市内を散策するだけのお散歩ツアー。
まぁ来た時と同じくらい鹿児島への移動時間がかかるので、
時間的にそのくらいしか出来ないというだけなんですけれどね。
というわけで周遊バスの1日フリーパスを購入して、動き回りました。
兼六園、ひがし茶屋街、金沢城跡等々観て回り、
金沢駅でお土産を各自見繕って後は鹿児島まで移動ラッシュ。
流石に新幹線開通効果なのか、金沢は平日とは思えない観光客の数でした。
交通機関の利便性が如何に大事かって事ですねー。
それに加えて、街全体としての方向性の一本化が大事というお話。
それが教訓。

以上、深く喋るといくらでも長くなるので、一言コメント程度で走り抜けました。
旅行いいですよね、大概が一緒に行くメンバーが誰かで変わりますけど。
今回は私以外、殆どのメンバーが年齢が倍近い方々ばかりでしたので、
今度来る機会がある時は同世代メンバーで来れたら等と思います。
まぁ、言うだけならタダですね、絶対にありえませんけれども。
希望を胸に、まずはレポートを完成させましょう。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<閑話休題:あくせっさりー | ホームへ | DIABOLIK LOVERS MORE, BLOOD episode09>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1603-cf54f752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)