タイトル画像

DIABOLIK LOVERS MORE, BLOOD episode07

2015.11.08(21:00) 1594

dia7hd-0.jpg

最近友達と通話とかしていて今期アニメの話が話題に出るのですが、
色々な作品を挙げては「泣けるよねー」みたいな流れになって思う事。
「私が見ている今期アニメ、両方とも泣けない・・・!」
泣くところないですよね、本作ももう1つも。
別にだから悪いとか良いとかって話では勿論ないんですが、
思い返してみると何でだろうと思ってしまうのは人の性か。
まぁそんなこんなで今回も別に泣き所は無いのでしょうけれども、
きっとそれに代わる素敵なシーンが目白押しだと信じて視聴いたしましょう。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


dia7hd-1 (1)dia7hd-1 (2)dia7hd-1 (3)
dia7hd-1 (4)dia7hd-1 (5)dia7hd-1 (6)
dia7hd-1 (8)dia7hd-1 (9)dia7hd-1 (11)

「逆巻ん家のN.E.E.T.」という良い得手妙でユーマから呼ばれるシュウ。
前回もそうでしたが、ぐぅの音も出ない程的確過ぎてどうしようもないですね。
ユイちゃんから見たシュウの印象というのがここで語られてますが、
①あんまり喋らない
②よく音楽を聴いている
③家でも寝ている事が多い

という事で、まぁ特に奇抜な意見等は聴取出来ませんでした、残念。
それを受けてもユーマの感想も「マジでN.E.E.T.だな」と通り一辺倒。
厳密には学校に通っているのでN.E.T.なんですが、授業聴いてないだろうしなぁ。
しかし相変わらず青空の下、家庭菜園での会話は健康的で眩しい

dia7hd-2 (1)dia7hd-2 (2)dia7hd-2 (3)
dia7hd-2 (4)dia7hd-2 (5)dia7hd-2 (6)
dia7hd-2 (7)dia7hd-2 (8)dia7hd-2 (9)
dia7hd-2 (10)dia7hd-2 (11)dia7hd-2 (12)
dia7hd-2 (13)dia7hd-2 (14)dia7hd-2 (15)

今回はルキのお当番回も兼ねているのかな、突然始まるルキの回想シーン
幼少期から無神兄弟の中でのリーダー格だったんですね、没落貴族らしいし。
まぁアズサは兎も角としてユーマとかコウとか、よくもまぁルキについてきたもんだ。
それだけのカリスマがあったって事なんでしょうけど。
逆巻家にはそんなカリスマの持ち主なんていないなぁ・・・およよ。
で、追手に捕らえられ、身も心もズタボロになったルキを助けた“あの方”。
彼に助けられてルキは最初は単身吸血鬼化したんでしょうけど、
その後わざわざアズサやコウ、ユーマを再び迎えに行っているのは、
ルキからしても他の3人を既に大切に思っていたという事の証なんでしょうねぇ。
良い話やわぁ。

dia7hd-3 (2)dia7hd-3 (3)dia7hd-3 (4)
dia7hd-3 (5)dia7hd-3 (6)dia7hd-3 (7)
dia7hd-3 (9)dia7hd-3 (10)dia7hd-3 (11)
dia7hd-3 (12)dia7hd-3 (13)dia7hd-3 (15)
dia7hd-3 (16)dia7hd-3 (17)dia7hd-3 (19)

第1期では空気にも程があった学校のシーンですが、
第2期も中盤に差し掛かり、少しずつ出番が増えてきましたね、何よりです。
各キャラ(※ユイちゃん含む)の私服も悪くはないですが、
やはり制服姿が一番しっくりくるんですよねー、イケメン度が増して。
しかし入浴中のラッキースケベといい、角砂糖口移し(+指で押し込み)といい、
この血を吸われまくって体調不良のユイちゃんをお姫様抱っこするのといい、
ユーマは本作にはあるまじき、王道的な対応をするキャラですねー。
ただでさえ青空の下が似合う吸血鬼なのに、
ユーマ見てるとこのアニメが「DIABOLIK LOVERS」だって事を忘れます。
第1期のスバルもそうでしたが、野生系男子は優遇される傾向なのかしら。
ユイちゃんも乙女らしく赤面してるし、悦いぞ悦いぞー。
ていうか通常のお姫様抱っこも良いですが、この幼女を大男が抱くような、
片手抱っこを何でもない風の表情でしているのがまた萌えます。
畜生、ユーマ推しになりそうだぜ!

dia7hd-4 (1)dia7hd-4 (2)dia7hd-4 (3)
dia7hd-4 (4)dia7hd-4 (5)dia7hd-4 (7)
dia7hd-4 (8)dia7hd-4 (9)dia7hd-4 (10)
dia7hd-4 (11)dia7hd-4 (12)dia7hd-4 (13)
dia7hd-4 (15)dia7hd-4 (16)dia7hd-4 (17)

シュウとユーマの対立構図をここまで描くとは、何か因縁があるのかしら。
前回までならこの2人が対峙した場合、心情的にシュウ側だったのですが、
一連の流れを経た今ではユーマ側になってしまっている自分がいます。
やたらと優しいユーマの後だとシュウのいつもの態度が余計酷く思えたり。
いや、酷いからこその「DIABOLIK LOVERS」な筈なのですが、むむむ。
話を聞く限り、逆巻家が貴族の家柄なのがユーマには許せないらしく、
嫌がらせ的にシュウの目の前でユイちゃんの血を吸って優越感を味わう流れ。
真正面、咽喉ぼとけ辺りから吸血していますね、超吸いづらそう
それに対してシュウは特に何の感想も表さず、面倒くさそうに立ち去るのみ。
この勝負はお互いにどうかと思う態度なので引き分けで1つ。

dia7hd-5 (1)dia7hd-5 (4)dia7hd-5 (5)
dia7hd-5 (6)dia7hd-5 (7)dia7hd-5 (8)
dia7hd-5 (10)dia7hd-5 (11)dia7hd-5 (12)
dia7hd-5 (13)dia7hd-5 (14)dia7hd-5 (15)
dia7hd-5 (18)dia7hd-5 (20)dia7hd-5 (22)
dia7hd-5 (25)dia7hd-5 (26)dia7hd-5 (27)
dia7hd-5 (28)dia7hd-5 (29)dia7hd-5 (30)

ここで中々に興味深い、シュウとユーマの回想シーン
幼少期のシュウはこんなに表情豊かな子供だったのですね。
それが母親の愛情がMAX過ぎてどんどん薄れていってしまったのか。
対するユーマは皮肉で粗暴な感じが全くなく、とても好少年という印象
身なりもまだ普通だし、シュウに渡しているリンゴは自宅栽培だというし、
元々は農園でも経営している家の息子だったんですかねぇ。
この出来事は今でもシュウの中に強く残っているらしく、
この時のエドガー少年と先程喧嘩売ってきた無神ユーマを重ねては、
同じ人物なわけはないと脳内否定しているご様子。
時間の流れが如何に人を変えるか、シュウが一番知ってるくせにね。
ついでに言うとレイジが「生きている筈が・・・」と言っていたので、
まさかシュウに関わったせいでエドガー少年は抹殺されたとか、
そういう裏事情が有りや無しや。

dia7hd-5 (31)

「熱いな・・・俺の牙を期待しているのか?」

アニメだけのニワカの身としては、とてもシュウの台詞とは思えない
というわけでシュウとユーマ、ついでにレイジの妙な因縁も披露されましたが、
これって果たしてちゃんと回収される伏線になるんですかね。
そうでなくても次回は遂にアヤトがルキと直接対決しそうな勢いで、
今後益々無神と逆巻が入り乱れて忙しくなりそうなのに。
というか月浪兄弟は今の今まで全く出番ないんですが、
何故アイツらは第2期の冒頭でわざわざ思わせぶりに姿を見せたのか。
思い返せば返す程ツッコミが増えていく不思議な作品「ディアラバ」。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<よるのないくに 8:第2章 part3「黒の書」 | ホームへ | 夜廻 8:クリア後(終)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1594-cd7f5a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)