タイトル画像

夜廻 4:第4章

2015.11.03(21:00) 1589


yoma4-0.jpg

この作品は言うなれば、一昔前にブームを起こしたフリーホラーゲームを、
プロのスタッフが作ってみたらどうなるか、という感じ。
その表現については賛否あるでしょうが、まぁでも完全に外れてもいないでしょう。
謎解きは殆どなく、“お化け”の恐怖に怯えながら逃げ惑う雰囲気ゲー
この絶妙な視界の悪さとスタミナ管理、敵の配置などは流石にプロの技。
お蔭様で久し振りに程よい恐怖感を味わって脳細胞が活性化されてます。
「零」とかのリアルホラーも良いです、洋風ホラーより和風ホラー好き
そんなこんなで今回も頑張ります。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


yoma4-1 (3)aaa
yoma4-1 (10)yoma4-1 (11)
yoma4-1 (12)yoma4-1 (13)
yoma4-1 (14)yoma4-1 (15)
yoma4-1 (17)yoma4-1 (18)


第4章です。
この章では飼い犬に導かれる様に、街の南東にある商店街を抜けて、
その東の林・墓地エリアへと向かう事になります。
一応商店街も見て回れますが、この時点では特に何もなし。
メイン通りも寂れていて、世界経済の不況の煽りをモロに喰らっている印象。
この商店街を潰して大型のショッピングモールを開発する計画もあるらしく、
世の中の無常さを感じさせてくれる切なさ乱れ撃ちの場所となっております。
というか道中、犬の鳴き声が遠くから聞こえてくるのが地味に怖いです。
「バイオハザード」で廊下の窓ガラスから出てくるケルベロスを思い出すぅ。
途中の巨大ルンバの挟み撃ちは、気付いてしまえば単純な罠なのですが、
これが意外と不意を突かれると対応出来なくで圧殺されたりしてました。

yoma4-2 (0)aaa
yoma4-2 (3)yoma4-2 (5)
yoma4-2 (8)yoma4-2 (10)
yoma4-2 (11)yoma4-2 (13)

街中と違って林の中には街灯が敷設されていないので、
ただでさえ悪い主人公ちゃんの視界が更に悪化するのが困りもの。
ついでに調べると蝋燭の火が消える、ダミーお地蔵様も地味に嫌がらせ。
いつ“お化け”が出てくるか分からない暗い林の中で、
お地蔵様の明かりというのは精神的ストレスを癒す心のオアシスなのに、
それが空振りに終わった時の絶望感と徒労感たるや、殺意が湧くレベル
ていうかイマイチ理解が及んでいないのですが、何故火が消えているのか。
頭っぽいものが落ちてきていますけど、暗くて小さくてよく見えなくて。
というかこんな林道にお地蔵様が大量にあるって事自体がそもそもホラー
色々と考えさせられます。

yoma4-3 (1)aaa
yoma4-3 (2)yoma4-3 (7)

この林の中で大量にうろついている、岩で出来た顔面の“お化け”
最初は全然生態が理解出来ておらず、訳が分からないながらも強引に、
アイテム等を利用したり忍び足で隙をついて突破していたんですが、
大分後になってから気付きましたけど、光で起動していたんですね。
街灯がある場所は仕方ないとして、暗い場所のは懐中電灯で照らさなければ、
全く動かず襲わず、無害な単なる岩として扱える事に気付いてからは楽勝。
出来ればもっと早く気付きたかったですけどね。

そもそも懐中電灯、SELECTボタンでON/OFF切り替えだなんて。
あれこれ試して初めて知りましたけど、私が説明読んでなかっただけかしら。
光に反応すると気づいてから、必死に平行移動で懐中電灯の光を当てない様に、
神経使ってすり足移動していたのが馬鹿みたいです。
おのれ日本一ソフトウェア、何十回殺されたと思っていやがる・・・・・・。
岩の顔面“お化け”と通常の“お化け”の連携が鬼畜なステージでございます。

yoma4-4 (1)aaa
yoma4-4 (3)yoma4-4 (4)
yoma4-4 (5)yoma4-4 (7)
yoma4-4 (9)yoma4-4 (14)

墓地で手に入れた“マッチ”の光は岩の顔面“お化け”の誘導に便利。
というかこれを使わないと先へと進めないので必須アイテムなわけですが。
相変わらずの岩の顔面“お化け”と通常の“お化け”のコンビネーションに、
こまめな懐中電灯のスイッチ切り替えを駆使して立ち向かう主人公ちゃん。
何気に襲い掛かってくる敵よりも無害な手とか人影とか、
「何だよアレ、怖いわー」って余韻に浸れる系の方が良いですね。
雰囲気ゲーとしての楽しみ方が出来るというか、
この辺りから普通に歩いて探索するだけでも死にまくり始めますから。
コンティニューによるデスペナルティが無いとはいえ、
余りに死に過ぎていると怖さも無くなってくるのが難点。

yoma4-5 (1)yoma4-5 (2)yoma4-5 (4)
yoma4-5 (5)yoma4-5 (6)yoma4-5 (7)
yoma4-5 (12)aaaaaa
yoma4-5 (13)yoma4-5 (14)

林の最奥にてポロを発見
残念ながら奇跡は起こらず、冒頭の事故で亡くなっていて、
その幽霊が主人公ちゃんをここまで導いていたという、王道的展開でした。
周囲を確認すると、冒頭の事故現場のすぐ崖下だと分かります。
血痕も轢かれた場所から崖下に向かって続いていましたからね。

まぁ現実問題、犬が車に轢かれて何故死体が原型を留めているのかとか、
衝突して吹っ飛ばされただろうに何故引き摺られたような血痕があるかとか、
疑問は何処まで行っても尽きませんが、一応感動する場面なので自粛。
自分の身の丈と互する墓石を何処からか運んでお墓を作り、
亡き飼い犬の死を思ったよりもあっさりと受け入れて供養する幼女先輩。
帰り道で電車に轢かれても何事もなく生還するタフさも完備して、
まぁ実際にはペロの幽霊が庇ってくれたとかなのかな、首輪あるし。
ともあれこれにて飼い犬の方は無事に一段落、チャプターエンド
次章からはお姉ちゃん探しが始まります。

<第4章フローチャート>
①商店街を抜けて林に入り、“つちがつまったカギ”で目の前の扉を開ける
②墓地で“マッチ”を手に入れ、岩顔の“お化け”を誘導して道を開く
③お寺エリアに進み、線路を抜けてポロを発見する
④ポロに何回か話しかける
⑤来た道を戻り、電車に轢かれるイベントを見る



ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<夜廻 5:第5章 | ホームへ | 夜廻 3:第3章>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1589-a73dec18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)