タイトル画像

青春×機関銃 第11話「いいこと、しましょうか」

2015.10.02(21:00) 1555

seisun11-0.jpg

前回喋った通り、一体どういう展開で“トイ☆ガンガン”が復活するのか。
当然、立花・正宗・雪村の3人チームでの話ですよ。
雪村と正宗の間の確執は、そうは言っても大人組ですから問題はないとして、
問題はあくまでも立花と正宗の間の確執の方。
その解決策が果たして永将との勝負の先にあるのか、どうか。
永将が本当にゲスか、それとも実は良い人フラグを構築するのか。
出来れば前者であって欲しいけど、そうなると物語的に、ねぇ。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


seisun11-1 (2)seisun11-1 (3)seisun11-1 (4)
seisun11-1 (6)seisun11-1 (7)seisun11-1 (9)
seisun11-1 (10)seisun11-1 (11)seisun11-1 (12)
seisun11-1 (13)seisun11-1 (19)seisun11-1 (20)
seisun11-1 (30)seisun11-1 (31)seisun11-1 (35)

流石に本格的なサバゲーフィールドが用意されてるとは思ってなかったので、
この設備ぐらいが丁度予想の範疇ではあったのですが。
というわけで射撃が出来るメイド喫茶という、誰をターゲットに開店したのか謎な店。
当然射撃勝負になるのですが、まぁ実際撃つまでもなく勝てるわけないですわな。
立花の射撃センスで勝てる相手なんて、この地球上に存在するのか怪しいレベル。
だからこその大逆転の一手と考えたのかもしれませんが、
成功率0%の作戦なんてそもそも成立してません。
似たような事を永将からも言われてしょんぼり風味ですが、実際の勝負はこれから。

seisun11-2 (1)seisun11-2 (2)seisun11-2 (3)
seisun11-2 (7)seisun11-2 (9)seisun11-2 (10)
seisun11-2 (12)seisun11-2 (14)seisun11-2 (15)
seisun11-2 (18)seisun11-2 (20)seisun11-2 (21)

立花が弱いからでもなく、女性だとバレたからでもなく、生理的に無理とかでもない。
原因は正宗自身の臆病さだと語る永将には大体の心情は把握済みらしいです。
そんな永将は一体立花にどの様な道を示してくれるのか。
兎にも角にも企画された2人の勝負方法は、はっきりいって複雑怪奇。
的の部位を予め決められている順番通りに撃ち抜いていくらしいのですが、
究極的には手順の一番最後、額の極小の的をヘッドショットした方が勝ち。
撃つ順番を覚えるだけでも大変ですが、BB弾1つ分の大きさしかない額の的。
どうやって当てろって言うのよねー。
店員のメイドさんもやたら気合いが入った掛け声で盛り上げてくれてますよ。

seisun11-3 (1)seisun11-3 (3)seisun11-3 (4)
seisun11-3 (7)seisun11-3 (9)seisun11-3 (10)
seisun11-3 (12)seisun11-3 (13)seisun11-3 (14)
seisun11-3 (16)seisun11-3 (19)seisun11-3 (22)
seisun11-3 (23)seisun11-3 (29)seisun11-3 (30)
seisun11-3 (31)seisun11-3 (32)seisun11-3 (33)

勝負の最中も煽りに煽って、立花の心を必要以上に掻き乱す永将。
勝負の方も立花に全く手を出させずに順調に撃ち抜き続け、
気が付けば残りは最後のヘッドショットのみ、つまりはチェックメイト状態。
これで永将の勝利が確定したと誰もが思った瞬間、
遅まきながらも覚醒した立花が迷わず一発で最難関を撃ち抜き勝利という結末に。
どうもTGCの時以来、永将は立花のこのモードがお気に入りになったらしく、
意図的にこの本性を引き摺りだした模様です、ホント歪んでらっしゃる事で。
ただまぁ、そのお蔭で立花も完全に吹っ切れたらしく、
正宗へと再び挑戦し、そして永将との戦場での再会を誓ってこの場は終了。
思ったよりもあっさりと話が進みましたね、これはどう捉えるべきか。

seisun11-4 (2)seisun11-4 (3)seisun11-4 (4)
seisun11-4 (6)seisun11-4 (7)seisun11-4 (9)
seisun11-4 (11)seisun11-4 (12)seisun11-4 (13)
seisun11-4 (18)seisun11-4 (19)seisun11-4 (20)
seisun11-4 (22)seisun11-4 (23)seisun11-4 (24)
seisun11-4 (30)seisun11-4 (31)seisun11-4 (32)
seisun11-4 (34)seisun11-4 (38)seisun11-4 (39)
seisun11-4 (40)seisun11-4 (41)seisun11-4 (42)
seisun11-4 (43)seisun11-4 (44)seisun11-4 (45)
seisun11-4 (48)seisun11-4 (49)seisun11-4 (50)

正宗との直接対決の前に、何故か雪村に引きずり込まれて思い出話を一方的に。
もっと最近のアレかと思っていたんですが、結構長い知り合いなのか。
中学とかのまだまだ可愛らしかった思春期時代を見せびらかされ、
何と反応すればいいのか分からないのは立花も視聴者も同じです。
と、そういう空気を察したのか、ようやく本題に入る雪村が差し出したのは、
ずっと気になっていた“トイ☆ガンガン”のかつての“3人目”の写真。
そして語られる、永将との、“ホシシロ”との戦いの真実。
以前に高虎が立花に語った通り、確かに“ホシシロ”側にルール違反はなく、
永将の性格がゲスだっただけできちんとした勝負の結果しかありませんでした。
意図的にこの事実を隠していた事を謝罪する雪村。
これが第1の犠牲者という事は、もう1人の男性が第2の犠牲者か。

seisun11-5 (3)seisun11-5 (4)seisun11-5 (5)
seisun11-5 (8)seisun11-5 (9)seisun11-5 (10)
seisun11-5 (12)seisun11-5 (13)seisun11-5 (14)
seisun11-5 (19)seisun11-5 (20)seisun11-5 (21)
seisun11-5 (23)seisun11-5 (24)seisun11-5 (25)
seisun11-5 (27)seisun11-5 (29)seisun11-5 (30)
seisun11-5 (33)seisun11-5 (36)seisun11-5 (37)
seisun11-5 (43)seisun11-5 (45)seisun11-5 (46)
seisun11-5 (47)seisun11-5 (48)seisun11-5 (49)
seisun11-5 (50)seisun11-5 (51)seisun11-5 (52)

話す雪村と聞く立花。
両者共に心の痛みに耐えながらの対峙となる暴露大会も次のステージへ。
先程の流れ通りに、第2の犠牲者となった男性へと話題は移ります。
元々チームに入る前からサバゲーに慣れ親しんでいた、サバゲー好きの青年が、
“トイ☆ガンガン”はおろか、サバゲー自体を辞める決意をした事。
そしてその原因が正宗のせいだと、正宗のせいでサバゲーを嫌いになったと、
そう面と向かって言い放った事がずっと正宗の心の傷となり、今回の事態に繋がったと。
全ての事情を話した上で、その上で雪村が望む未来は、
正宗に切り捨てられ、雪村に騙された、そんな立花が“トイ☆ガンガン”に戻る事。
虫のいい話なのは重々承知で恥を忍び、涙ながらに土下座をするも効果なし。
元々心を決めていたと話す立花は、早速仕事帰りの正宗へ、
素敵なプレゼントを贈ります、3人の未来を左右する、大事な大事なラブレターを。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<青春×機関銃 第12話「この場所は譲らないっ!」(終) | ホームへ | よるのないくに 3:第1章 part1「始まりへの道程」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1555-638de9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)