タイトル画像

ビキニ・ウォーリアーズ エピソード11~12

2015.09.19(21:00) 1539

びきに1 (1)

色々とチャレンジ精神が旺盛過ぎる作品でしたが、
こんな内容(褒め言葉)でも終わりを迎えると寂しさを感じてしまうのが日本人の風流。
ビキニに始まりビキニに終わる。
こういう作品が元気である限り、日本の未来も捨てたものじゃありません。
そう思わないとやってられない、という言い方も出来ますが、はてさて。
勇者様御一行の大冒険、これにて完結。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



bi11 (1)bi11 (2)bi11 (3)
bi11 (4)bi11 (5)bi11 (6)
bi11 (7)bi11 (8)bi11 (9)
bi11 (10)bi11 (11)bi11 (12)
bi11 (13)bi11 (14)bi11 (15)
bi11 (16)bi11 (17)

第11話。
冒頭のスライム型モンスターの存在意義が良く分かりませんが、
兎に角現状ではとても敵わない強敵を前に、命を懸けて仲間を救うパラディンの図。
聖騎士というより性騎士という呼び名でネット上に定着してしまった感がありますが、
パラディンは全編通して結局一番おいしいキャラでござりました。
にしてもセクシーファンタジーにおける王道ともいえる衣服限定溶解スライム。
折角の登場なのにあっさりと使い捨てられた感じの出番なのは残念至極。
そしてここから先へ通す代わりに結婚を迫るセクハラハゲ村長に嫁ぐパラディン。
話のオチは兎も角、入浴時にポニテになったパラディンの可愛さは異常でした。
エリーチカとか言わない。

bi12 (1)bi12 (2)
bi12 (3)
bi12 (4)bi12 (5)
bi12 (6)bi12 (7)
bi12 (8)bi12 (9)
bi12 (10)bi12 (11)
bi12 (12)bi12 (13)
bi12 (14)bi12 (15)
bi12 (16)bi12 (17)
bi12 (18)bi12 (19)
bi12 (20)bi12 (21)
bi12 (22)
bi12 (23)
bi12 (24)bi12 (25)

第12話。
良く分からないけど劇的な展開をブツ切りで詰め込まれた、
これでもかというくらいに露骨な早回しの打ち切り展開風味の最終話。
色々とツッコみどころは満載なのですが、ファイターとパラディンの百合は特に謎。
結局最後まで佳奈様が喘ぎ続けましたね、本当にお疲れ様です。
というかやたらめったら途中に百合カット入れるのやめなさい。
そして幾度となくパラディンを爆死させるのもやめなさい。
最後には次回へと続く感じのシーンをこれでもかと詰め込んでますが、
2期とかありえるのかしら、この作品・・・・・・。
ともあれ、非常に楽しませて頂きまして、スタッフの皆様には感謝申し上げる次第。

ありがとうございました、これにて本作品は終了となります。
またの機会がございましたらぜひとも宜しくお願い致します。。
それでは失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<拍手コメント対応分になります | ホームへ | オーバーロード ぷれぷれぷれあです7&8>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1539-b4ac1027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)