タイトル画像

遥かなる時空の中で5:第1章

2012.04.11(20:35) 153

アニメもちょくちょく観てはいるんですがね。
いくつか切ってからが本番かなぁと。
全部は観てられないです、時間的に。
哀しいけど、これ戦争なのよね。



さて本題。
タイトル通り「遥か5」第1章が終わりました。

分かってはいましたが、テンションあがりましたよー。
というか、八葉揃うの相当後なんですね。
まぁ「3」からずっとそんな感じではありましたが。
まったりゆったり「遥か」旅。

お暇な方はお付き合いくださいませ。
お姉ちゃん、だーいすきっ!
これ、今週の標語です。
遥か5-1(2)

動乱。
その時歴史が動いた。

遥か5-1(3)
遥か5-1(4)

誰だ、誰だ、誰だー、空のかなたに踊る影ー。
神子ですね。
神々しい後光と共に、穢れた世界に舞い降りた一輪の花。

遥か5-1(7)

今回は3人一緒です。
誰かを背中に庇う様が似合っていますねぇ、瞬兄は。
私がお姫様然としていてるのもあるのでしょうが。

遥か5-1(8)

大名行列。
ではありませんが、まぁ胡散臭い集団です。
くるーきっとくるー。

遥か5-1(9)

チーナーミーきたーーーーーーーーーーーー!!!
お姫様扱い、ちょと嬉しい。
扱いっていうか、文字通り“お姫様”と思われたんですが。
それはそれで嬉し恥ずかし。

阿部さんの声はどうしても上条さんに聞こえてしょうがないです。
男女平等パンチで有名な上条さん。
この子はきっと女子供はグーで殴れないタイプっぽいですよね。

遥か5-1(10)

この選択肢はすげー迷いました。
確認したら2分40秒くらい迷ってました。
これ選んだらどういう展開になるだろうと考えながら、行ったり来たりー。

遥か5-1(11)

あれー思っていたのと少し違う展開。
ちょと後悔。
というか、最初のヤツの印象のせいで、
イマイチこのあたりの選択肢に意味があるのか激しく懐疑的。

遥か5-1(12)

さすが都の姐御。
というかチナミン、身長負けてるよ!
都が高いのか、チナミンが低いのか。
両方か。
流石にゆきよりチビッ子って事はないですよね。

遥か5-1(13)

な、なんだってー。
そりゃチナミンも驚きます。
というか初見で都を女性だと断定出来る人って…天海様と白虎組はいけそうか。

遥か5-1(14)

ホントにね。
外見からして男にしか見えません。
というか、胸無いよね。
流石に酷いと思うんだ。

遥か5-1(15)

か弱い女子扱い。
見た目はまぁそうですよね。
中身は結構な益荒男ですが。

遥か5-1(16)

超優男の兄上登場。
何でこの世界には、こう天然ジゴロな台詞を吐く輩ばかりなんだ。
でも大事ですよね、こういうの。
別に異性相手じゃなくても、初対面時には何か無理にでも褒めておくのが吉です。

遥か5-1(17)

行くなよ、絶対に行くなよ。
これはフラグ、完全にフラグ。

そしてチナミンのブラコン疑惑。
これもまたフラグ。
絶対兄上死ぬやん、これ。

遥か5-1(18)

兄上とこちらへの態度の温度差。
守りたい、この笑顔。

それにしてもここのBGM良いですね。
こういう調子の曲大好きです。
ちょっと間違えた平安時代風の曲。
悪口じゃなくてね。

遥か5-1(19)

これはまぁ行くしかないよね。
朱雀っぽい声もするしね。

遥か5-1(20)

怒られました。
物凄い失礼な事を言っていますが、まぁ否定は出来ませんよね。
というか、自分達も傍から見たら相当浮いた3人組なのですが。
そこらへんは完全に棚上げ。

遥か5-1(21)

瞬兄が私の意思を尊重してくれて、都も渋々ながら同意。
そしていつもの決め台詞。
これも遠大なフラグだったりするのですかね。
最終的に黒龍の神子である都と対立する事態に陥るっていう。

遥か5-1(22)

キョエエエエエエエエエエッ!
東照宮に近付くと、戦闘の空気と共に、朱雀の苦しそうな声も聞こえてきます。
この朱雀は良い朱雀。
決して“ウザク”だなんて呼ばないで上げてください。

遥か5-1(23)

グギギ…。
グギギ仲間が増えました。
流石直純さん。

遥か5-1(24)

近くまできたはいいけれども。
まぁ普通に瞬兄に止められます。
そうしているうちに、火の手がこちらまで伸びてきて。
燃えろーよ燃えろー。

遥か5-1(25)

「え…?」

まさにそんな感じ。
いつ来たの天海様。
相変らず火の粉を払う(物理)事に定評のあるお方です。

遥か5-1(26)

とりあえず、そんなオーパーツを何で持ってたかツッコもうよ。
明らかに神様レベルの神器じゃないさ。
何でしょうね、天海様も麒麟の化身とか、そんな設定があるのでしょうか。
とりあえず真っ当な人間では無いですよね、どうも。

遥か5-1(27)

はぁ、八葉ですら四神の声は聞こえないって事ですか、つまり。
今回も合体技で四神召喚使えるのかな。
あとは、「遥か」の合体技と言えば八葉の天地で繰り出す明王シリーズ。

遥か5-1(28)

思いっきり天海様に誘導されているというか、巧い事利用されている感じがヒシヒシですが。
この人はこの人で勿論何らかの目的意識があるんですよねぇ。
何となく感じる空気というか、雰囲気というか、アクラムを連想するのですが。
「2」のアクラムみたいに利用されてるのかなぁ。

遥か5-1(29)

普通の女子高生がこんな風景見たら卒倒ものだと思うのですが。
というか、見せるなや。
隠せ隠せ。

遥か5-1(30)

水戸藩の一派。
桜田門外の変で井伊直弼を殺した人らのオマージュとかなのでしょうか。
過激派ってやつですね。

遥か5-1(31)

話術が巧みな天海様。
完全に思考誘導かけられています。

遥か5-1(32)

番犬チナミン。
意外と将としての素質も持ち合わせているようです。
ただのチビっ子に非ず。

遥か5-1(33)

ウザク。
じゃなくて朱雀。
朱い雀と書いて朱雀。
どうみてもスズメってレベルじゃねー。

遥か5-1(34)

深い問いです。
そして誰も正解を知らない問いです。
生きる事は戦いなのですよ。
物理に限った話ではなく。

遥か5-1(35)

勘違い乙。
どこをどう見てそんな判断を下したのか判りませんが。
いや、実際に朱雀を従えているのはチナミで、
その命令権を兄上に貸している可能性も無きにしも非ずか。

遥か5-1(36)

これもちょっと迷いましたが、消去法で。
上だと月並みであまりインパクトを残せないような気がしたので。
最初の印象付けが大事ですよね、恋愛事は。
良くも悪くも、自分の事を覚えてもらうのがまず第一です。

遥か5-1(37)

結局周囲からのツッコミで、朱雀を操っているのはマコトだと知った一行。
当然こうなります。
ここを通りたくば、俺を倒していけ!
百鬼夜行をぶった斬る、地獄の番犬デカマスターだ!

遥か5-1(38)

そして暴走を開始した朱雀と戦うハメに。
こいつ…動くぞ。
チナミンも手伝ってくれてもいいのに。

戦闘BGMテンション上がる上がる。
というか仲間の行動は個性が出そうなのでオートに任せているのですが、
瞬兄の気力が14とかになっても全く回復する気配の無い都に笑いました。
これは酷い。
私がかすり傷負ったら最優先で回復してきそうなのに。

遥か5-1(39)

とりあえず殴って大人しくなった朱雀を浄化しようとする私。
私って、スチルだと本当に可憐で可愛いですよね。
実際に口を開くと可愛いというより格好良い感じを与えるのですが。
しっかり者。

遥か5-1(40)

その最中、砂時計が光り輝いて。
突然ゆき達が姿を消した事に驚くチナミン。

名前覚えてくれたようです。
第一段階クリア。
まだまだ勝負はこれから。

遥か5-1(41)

朱雀の加護を失った天狗党の皆さん。
お縄頂戴です。
全て天海様の計画通り。

遥か5-1(42)

ちなみに朱雀の札もちゃっかり確保しています。
抜け目ないイケメンです。
しばらくは四神巡りになるのでしょうか。
ますます「2」のアクラムっぽさが増してきました。

遥か5-1(43)

その頃、ゆき達は三度現代へバックトゥザフューチャー。

遥か5-1(44)

その姿を認めた仔犬が一目散に駆け寄ってきました。
崇って何歳なんですかね。
この感じだと中学生くらいか。
まぁ中学生男子なら仕方ない。

遥か5-1(45)

下野ボイスはやっぱり反則だよなぁ…。

「お姉ちゃん、だーいすき!」

反則だよなぁ…。

遥か5-1(46)

探索なう。
砂遊びしていたら怒られました。

でも気持ちはわかりますよね。
波打ち際とかの砂とか、凄いサラサラで触ると凄い気持ちいいんですよね。
低反発枕並みの気持ちよさ。
さらさらさら。

遥か5-1(47)

む、中々男心をくすぐりそうな台詞を吐きおりますね、私は。
勘違いさせるような台詞を吐いてしまうのも如何なものかと思わなくもないですが。

お兄ちゃんですからね、そこは。
実際頼りにはなりますし。
キツイ物言いももう慣れてますし。

遥か5-1(48)

ここは素直に。
私はとても素直な子だと近所でも評判なのです。
素直すぎて悪い男に騙されるんじゃないかと心配されるくらい素直。
現時点での容疑者ランキングぶっちぎりトップは天海様ですね、勿論。

遥か5-1(49)

好感度の上がる音がする。
仏頂面していても心の中では大喜びの瞬兄。
ククク…男なんてチョロいものですよ、この可憐な美貌を以てすれば。

遥か5-1(51)

私ってば超良い子。
皆大好きだよ。
なんてね。

遥か5-1(52)

そして心の欠片でも心の関でもなく、今回は心の結晶。
まず1つ、ゲットです。
各キャラ毎に6つあるそうで。
まぁいつも通りヒント見れば問題はないでしょう。

遥か5-1(53)

瞬兄の回想。
何だか激しくリズ先生っぽさを感じます。
龍馬も10年前がどうこうと言ってましたし、リズ先生+風早みたいな設定なのでしょうかね。
色々と。

遥か5-1(54)

ナチュラルに喧嘩を売る仔犬。
そしてそれを完全にスルーする兄犬。

遥か5-1(55)

この選択肢は迷う必要も無いでしょう。
むしろ何で『全然信用出来ない』という選択肢が無いのか不思議でなりません。
まぁあったところで選ぶ選択肢は同じですが。

遥か5-1(56)

実際はそんな単純な話でも無いとは思いますが。
シンプルに褒めてくれるというのは良い事です。
やる気が出ない事には何も成し遂げられませんからね。

遥か5-1(57)

姐御もいつも通り平常運転。
ブレません。
黒龍の神子でパーティメンバーならEDもあるのかな、「3」の朔みたいに。
「4」の黒龍は一の姫でしたか、あっちはパーティーメンバーじゃないからか、ED無かったですよね。
ありましたっけ?
覚えていない…。

遥か5-1(58)
遥か5-1(59)
遥か5-1(60)
遥か5-1(61)
遥か5-1(63)

ここ、めちゃ笑った。
中学生…微妙なラインですね。
崇が高校生なら完全にアウトなんですが。
や、中学生でも若干アウトっぽいですが。

遥か5-1(64)

ナチュラル喧嘩売りアゲイン。
そしてスルーアゲイン。
流石、瞬兄は大人です。

遥か5-1(65)

この世界を元に戻すために。
手がかりを求めて再び幕末へ渡る一行。
このCG超可愛い。



そんなわけで第2章「邂逅」に続きます。
この分なら1記事1章でやっていけるのでしょうか。
まぁ急ぐ旅でもありませんし、まったりとね。



がっちの言葉戯び


<<「マージャン★ドリームクラブ」リーグ戦ですよ | ホームへ | 「マージャン★ドリームクラブ」の続きですよ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/153-d2b62bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)