タイトル画像

オーバーロード ぷれぷれぷれあです 3&4

2015.08.29(21:00) 1521

ぷれぷれ0

第5話終了時から放映開始となった「ぷれぷれぷれあです」。
という事は本編が全12話程度だとして、全部で8話分くらいになるのでしょうか。
どうも内容的にはモモンガ様のうっかりで精神鎮静効果が消失した、
その状態異常が回復するまでの、各キャラとの会話劇なのかと推察します。
となると次に出てくるのは各階層守護者達か、普通にシャルティアからかしらねぇ。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



bure03 (1)bure03 (2)
bure03 (3)bure03 (4)
bure03 (5)bure03 (6)
bure03 (7)bure03 (8)
bure03 (9)bure03 (10)
bure03 (11)

ぷれ3:嘘を切り裂く双拳。
本編ではナーベラル・ガンマとしての姿は、まぁ次回出てきそうではありますが、
現状ではじっくりと鑑賞出来ない環境下でのここでの全身図。
“プレイアデス”の中で誰が好きかは好みが別れるところですが、
私は前回言った通りにシズが一番かなぁ、見た目的にはナーベラルなんですけどね。
それにしても本編では割かしシリアステンション高めだし、
元となる書籍版でもあまりここまでのテンションを示す事は少ないので、
このおまけアニメでの日野ちゃまのテンションは大変観ていて心地よいです。
大元のweb版のモモンガ様は割かしこんなテンションだった気もしますが。
ていうかソリュシャンの声、前回は気付かなかったけどこんな大人びているのか・・・。

bure04 (1)bure04 (2)
bure04 (3)bure04 (4)
bure04 (5)bure04 (6)
bure04 (7)bure04 (8)
bure04 (9)bure04 (10)
bure04 (11)bure04 (12)
bure04 (13)

ぷれ4:二人の被害者。
本編に出番の少ない“プレイアデス”救済的な意味合いを持ち始めたこのおまけアニメ。
というわけで今回スポットライトが当たるのは、次章から活躍予定のソリュシャン。
まさか本編で明かす前にこんなところで正体のネタバレが入るとは恐れ入ります。
ついでにエントマの食人嗜好もバラされてますが、斯様に姉妹で仕様が違うという事。
そもそもまともに出番が多いのってナーベラルとソリュシャン、エントマあたりでしょうか。
ルプスレギナも、まぁまだマシな方なのかなぁ・・・ユリとシズはいまいち・・・。
アニメ本編、この調子だと今年一杯ありそうですしね、それは大変よきかな。
何だかんだでやっぱり楽しいですから、出来れば一段落するところまでやって欲しいです。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<ビキニ・ウォーリアーズ エピソード7~8 | ホームへ | オーバーロード ぷれぷれぷれあです 1&2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1521-8f9ff975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)