タイトル画像

ビキニ・ウォーリアーズ エピソード7~8

2015.08.30(21:00) 1514


びきに1 (1)

短くて纏まりがあるのも要因ではあるのでしょうが、
毎回あれこれネタを仕込んでいるので意外と面白みがある本作。
変なところにケンカを売っているというか、スタッフの情熱が斜め上を向いているというか、
兎に角単純な肌色アニメとは違うシュールさを演出している怪作品というところ。
考えるな、感じろ、でもやっぱり少しは考えろ。
そんな感じでしょうかね、イメージを言葉に落とし込んでみると。
我ながら何をいっているのやら、ともあれ、第7話と第8話です。

それでは宜しければ続きからご覧ください。




bi07 (1)bi07 (2)
bi07 (3)bi07 (4)
bi07 (5)bi07 (6)bi07 (7)
bi07 (8)bi07 (9)
bi07 (10)bi07 (11)bi07 (12)
bi07 (13)
bi07 (16)bi07 (18)bi07 (19)
bi07 (20)bi07 (21)

第7話。
冒険が厳しさを増してきたからか、酒場で新規メンバーを探す勇者一行は、
かつてダークエルフを仲間に加えた時の経緯に思いを馳せます。
要するに如何にダークエルフが役立たずか紹介する回。
世間的にも役立たずとして愛されている彼女が遂に公式に認められる瞬間です。
というか最初に姿を見た時からずっと疑問だったんですが、
ダークエルフの胸当てはどうやって固定されているのでしょう、シールか何かかしら。
ただ、一番の見どころは双頭のサイクロプスに胸を舐められて喘ぐメイジとパラディンか。
佳奈様毎回喘いでいる気がしますね、良いと思います。
ちなみに珍しく内容が次回に続く系、魔王との戦いの行方は如何に。

bi08 (1)bi08 (2)
bi08 (3)bi08 (4)bi08 (5)
bi08 (6)bi08 (7)bi08 (8)
bi08 (9)bi08 (10)bi08 (11)
bi08 (12)bi08 (13)bi08 (14)
bi08 (15)
bi08 (16)
bi08 (17)bi08 (18)bi08 (19)
bi08 (20)bi08 (21)
bi08 (22)
bi08 (23)bi08 (24)

第8話。
新しい仲間候補として、素朴な田舎者のハンターと、勘違いお嬢様なヴァルキリーと、
お互いに一長一短ですが、今後の冒険の活性化を計る意味では後者かなぁ。
エロいし、馬鹿だし、ウザいし、色々な物を兼ね備えています。
ただ若干パラディンと外見とかが被らなくもないのが玉に瑕。
まぁ結局は一騎打ちで勝った方を仲間にするとの約束となり、
力の限り戦い合った二人の間には奇妙な友情というか愛情が芽生え、
そのままどちらも仲間にならずに二人の世界を形成して去っていくわけですが。
何やねん、新キャラ入れてテコ入れかと思ったらマンネリ打破のスパイスかいな。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<Charlotte 第八話「邂逅」 | ホームへ | オーバーロード ぷれぷれぷれあです 3&4>>
コメント
しかしスライムの干物料理は某大罪の団長の料理と並ぶ「食べたくない料理」ですね。

ヴァルキリーの声が朱乃さんと同じなので、ファイターと対決してほしかったのは私だけか?
【2016/03/28 10:32】 | ts iloveyou... #- | [edit]
こんにちは、コメントありがとうございます^^

メリ〇ダスの悪口はやめてください! 
まぁ確かに食べろと言われれば両方とも遠慮しますけど・・・・・・。
作り手が可愛いだけでは味をカバー出来たりはしませんね。
現実は非情です。

> ヴァルキリーの声が朱乃さんと同じなので、
 ファイターと対決してほしかったのは私だけか?

そこに気付くとは、天才か・・・。
言われてみれば確かにそうでした、何ということでしょう。
残念ながら今期では敵いませんでしたが、2期に期待ですね(?)
【2016/03/30 18:07】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1514-679bd5b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)