タイトル画像

青春×機関銃 第7話「その希望、早くブチ壊してあげなきゃね」

2015.09.22(21:00) 1509

seisun07-1 (1)

いきなり“ホシシロ”と、事実上の決勝戦の如くなった“トイ☆ガンガン”。
まさかいきなりとは恐れ入りますね、もしかして残り6話くらい全部“ホシシロ”戦でしょうか。
それともTGCは早々に“ホシシロ”に敗北して脱落し、後日別の形でリベンジを計るのか。
後者の方が残り時間を考えればあり得そうというか、流石に1戦闘で6話分は無茶な話。
そもそもまずこの戦いで“トイ☆ガンガン”が勝てるとは思えないですしねぇ。
ここで買っちゃったら流石にこの後が続きませんし。
はてさて、色々な意味で先が読めない、面白い構成ですが果たして。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


seisun07-1 (10)seisun07-1 (11)
seisun07-1 (15)seisun07-1 (16)seisun07-1 (17)
seisun07-1 (18)seisun07-1 (19)seisun07-1 (21)
seisun07-1 (22)seisun07-1 (28)seisun07-1 (29)
seisun07-1 (32)seisun07-1 (34)seisun07-1 (35)

TGC四連覇中の優勝候補筆頭、チーム“ホシシロ”。
そんな強敵相手、しかも構成メンバーには因縁の永将がいるという事で、
チームとしても個人としても負ける事が絶対に許されない初戦。
その為に正宗が考えたとある秘策が雪村と立花にも通達されますが、
立花が抵抗感を覚えるという事は不意打ちとか騙し討ちとかなんでしょうかね。
その辺りは戦いが始まればすぐに分かる事か。
兎に角制限時間は20分、戦場は森林フィールド。
さぁ、戦闘開始です。

seisun07-2 (1)seisun07-2 (2)seisun07-2 (3)
seisun07-2 (4)seisun07-2 (7)seisun07-2 (11)
seisun07-2 (15)seisun07-2 (16)seisun07-2 (17)
seisun07-2 (18)seisun07-2 (19)seisun07-2 (20)
seisun07-2 (23)seisun07-2 (24)seisun07-2 (26)
seisun07-2 (29)seisun07-2 (30)seisun07-2 (31)
seisun07-2 (34)seisun07-2 (37)seisun07-2 (38)

よくもまぁ、こんな性格歪んだ人に心から敬愛して付き従うものだと感心。
そんな歪んだ性格の永将が高虎と市に下した命令は、
正宗と雪村が1年がかりで考えてきた緑永将抹殺用の作戦を受けてたち、
その上で蹂躙して相手の希望を粉々に打ち砕く、というだけのもの。
絶望を味わった時の正宗の表情でも楽しみにしているんでしょうね、
良い感じにゲスくて最高です。
とか言ってたら特攻隊長立花が手違いで“ホシシロ”の面々の側を通り過ぎ、
それを合図に重火力の高虎が立花を追い、市は永将を狙う不届き者と狙撃対決。
そして残った永将は正宗とのリーダー対決という構図がまずは定まりました。
オープニングアニメーションの流れとでもいえば分かりやすい。

seisun07-3 (1)seisun07-3 (2)
seisun07-3 (4)seisun07-3 (5)seisun07-3 (6)
seisun07-3 (8)seisun07-3 (9)seisun07-3 (10)
seisun07-3 (11)seisun07-3 (12)seisun07-3 (13)
seisun07-3 (14)seisun07-3 (15)seisun07-3 (16)
seisun07-3 (18)seisun07-3 (19)seisun07-3 (20)
seisun07-3 (22)seisun07-3 (23)seisun07-3 (24)
seisun07-3 (30)seisun07-3 (31)seisun07-3 (32)
seisun07-3 (33)seisun07-3 (34)seisun07-3 (35)
seisun07-3 (36)seisun07-3 (37)seisun07-3 (39)

おっぱいが大きな市を釣りだしたのは雪村としても作戦通り。
狙撃手同士の一騎打ちの醍醐味の説明から入り、更には狙撃手の作法まで丁寧に。
言われてみると当たり前の納得内容ですが、非常にありがたいですね、こういう手ほどき。
互いにスナイパーだからこその心理戦を展開し、裏の取りあいを披露。
こちらが考える事は相手も考える、その逆もまた真なり。
思考の迷路を解き明かして、結局両者ともに狙撃行動を囮に接近戦という選択被り。
市は相手のやられた顔を、雪村は巨乳を間近で見たいという欲求の結果、
最終的には相手の行動を読み切った雪村に軍配は上がりました。

seisun07-4 (3)seisun07-4 (4)seisun07-4 (5)
seisun07-4 (6)seisun07-4 (7)seisun07-4 (8)
seisun07-4 (10)seisun07-4 (11)seisun07-4 (12)
seisun07-4 (13)seisun07-4 (14)seisun07-4 (15)
seisun07-4 (18)seisun07-4 (19)seisun07-4 (20)
seisun07-4 (21)seisun07-4 (22)seisun07-4 (23)
seisun07-4 (25)seisun07-4 (27)seisun07-4 (29)

さてさて、立花と高虎の戦場を差し置いて先にリーダー対決。
高虎には“撃墜王”、市には“鷲の目”という厨二な二つ名がある事も判明しましたが、
ともあれ、戦力の分散に成功し、こうして一騎打ちの舞台が整ったのは事実。
後は正宗が永将に勝てるかどうかなわけですが、
そんな決意を嘲笑うかの様に状況はすぐさま変容し、
一旦白紙に戻った狙撃手対決の余波がリーダー対決に影響しそうな予感。
少なくともそう考えて雪村は慌てて正宗への合流を目指します。
ここまではまだ立花の方はさっぱりどうなったか全然情報が入ってきませんね。
ていうか試合時間20分しかないのに、もう5分くらいは経過してると思いますが、
まさかの時間切れ判定とかヤメテクダサイヨ。

seisun07-5 (4)seisun07-5 (5)seisun07-5 (7)
seisun07-5 (9)seisun07-5 (10)seisun07-5 (11)
seisun07-5 (13)seisun07-5 (14)seisun07-5 (15)
seisun07-5 (17)seisun07-5 (18)seisun07-5 (21)
seisun07-5 (23)seisun07-5 (25)seisun07-5 (26)

とか言ってたらやってきました、高虎vs立花。
そもそも携行用ガトリング砲とかって実際のサバゲーでも使われているんですかね。
堂々と身も隠さずに歩いているものだから立花が少し色気を出してみたら、
些細な音にも的確に反応して銃弾の雨が降り注ぐ恐怖。
木の表面とかががっつりエグられているんですが、威力設定おかしくないかしら。
あんなの、素肌とかに着弾したら普通に皮とか裂けるレベルですよね、いいのかソレ。
そうでなくても戦闘モードの高虎の表情は青いランタンでも灯した様に怖くなるし。
頼みの立花の高機動力も大した優位点とはなりえていないみたいですし。
20kg以上もあるガトリング構えながら立花に追いすがるとか、身体能力やば。

seisun07-6 (1)seisun07-6 (2)seisun07-6 (3)
seisun07-6 (4)seisun07-6 (5)seisun07-6 (6)
seisun07-6 (9)seisun07-6 (11)seisun07-6 (16)
seisun07-6 (17)seisun07-6 (18)seisun07-6 (19)
seisun07-6 (21)seisun07-6 (22)seisun07-6 (23)
seisun07-6 (25)seisun07-6 (26)seisun07-6 (29)
seisun07-6 (30)seisun07-6 (32)seisun07-6 (33)
seisun07-6 (34)seisun07-6 (36)seisun07-6 (37)
seisun07-6 (38)seisun07-6 (39)seisun07-6 (40)
seisun07-6 (41)seisun07-6 (42)seisun07-6 (44)
seisun07-6 (46)seisun07-6 (47)seisun07-6 (48)
seisun07-6 (52)seisun07-6 (54)seisun07-6 (55)
seisun07-6 (56)seisun07-6 (57)seisun07-6 (58)
seisun07-6 (60)seisun07-6 (61)seisun07-6 (64)
seisun07-6 (65)seisun07-6 (66)seisun07-6 (67)

戦闘エリアの端まで追い詰められ、窮地に陥った立花に棄権を勧める高虎。
そんな優しく親切な申し出に逆に疑惑の種を生長させる立花は、
逆に高虎から“トイ☆ガンガン”への疑惑の種を渡されて動揺。
かつての“トイ☆ガンガン”を崩壊させた悪の権化だと思っていた“ホシシロ”が、
実際には何も卑怯で卑劣な行いなどしていなかったのではないか、
正宗や雪村が嘘をついているのではないか、そんな風に迷いも、しかし一瞬の事。
ただ信じる仲間の為に力を尽くす、それだけをシンプルに考え、
高城の提案を断り、勝利を求めていざ尋常に勝負。
酷いオチがあって結局どちらも撃ったり撃たれたりは無かったのですが、
チーム同士の諍いとかはさて置いて、プレイ内容で完全に負けを認めた高虎が降参。
互いの健闘を讃え合い、ここにサバゲーを通じての友情が育まれるのでした。
これこそが健全な有様なんでしょうねぇ、しみじみ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<青春×機関銃 第8話「今、君の心を支配するもの」 | ホームへ | 青春×機関銃 第6話「嵐が、来る」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1509-ce931612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)