タイトル画像

青春×機関銃 第4話「こいつはあの大会には向いてねぇよ」

2015.08.10(21:00) 1497

seisun04-0.jpg

店長の試験、そして永将と雪村の因縁。
大会が本格的に開始するのは次回か次々回でしょうか。
その大会が終了するところまでいってアニメ自体も終わる感じか。
うむ、必要最低限の内容が端的に纏められそうで悪くない段取りですね。
まぁ、下手に各キャラを深く掘り下げたりもせず、構成通りに纏め上げる方が、
変な事をするよりも完成度として、後の記憶としてプラスなので問題なし。
さぁて、立花や雪村もいいけど、私は早くあの青髪ナースさんの戦闘姿を観たいです。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



seisun04-1 (1)seisun04-1 (2)
seisun04-1 (3)seisun04-1 (4)seisun04-1 (7)
seisun04-1 (9)seisun04-1 (10)seisun04-1 (11)
seisun04-1 (12)seisun04-1 (13)seisun04-1 (14)

店内で雪村と永将が一瞬即発、というか既に発した後ですが、
緊張感漂う裏側で、別種の緊張の中、立花は店長のテストを受講中。
とはいえ、元々射撃が得意なわけでも無ければ才能もない立花、
案の定、的にかすりもしないで命中率0%という、逆に凄い記録を叩き出してます。
あれだけの運動神経があって、微調整しても1発も当たらないとか最早才能レベル。
それでもまぁテストはテストなので、店長も一度見限りかけるのですが、
立花が“トイ☆ガンガン”の新メンバーであると知って追試をしてくれる事に。
“トイ☆ガンガン”が有名だって事は、以前の大会とか出ていたんですよね。
という事は今は亡き3人目が昔はいたわけで、その人は今何をしているのか。
まさかそれが永将とかってオチじゃないでしょうね、凄くあり得る。

seisun04-2 (2)seisun04-2 (3)seisun04-2 (4)
seisun04-2 (6)seisun04-2 (7)seisun04-2 (10)
seisun04-2 (11)seisun04-2 (12)seisun04-2 (13)
seisun04-2 (15)seisun04-2 (16)seisun04-2 (17)

追試内容は時間制限5分の屋内フィールドでの鬼ごっこ。
店長が武器を持たずにひたすら逃げ回るので、
立花は景品のH&K G3HCを使用して店長を時間内に仕留める係。
そもそもこんな屋内フィールドをDIYで、しかも1部屋無駄遣いして作り上げるとは、
この店長も当然のことながら、筋金入りのサバゲー愛好者のご様子です。
そんな店長に向かって、丸腰相手に発砲は出来ないと帯銃を願う立花。
アンフェアを許さない真っ直ぐな性根を感じて、店長は望み通り銃を持ちますが、
内心ではサブタイトルの如き感想を抱いて失望を感じていたりするわけです。
まぁ、別に何もおかしくなく当然の感想。

seisun04-3 (1)seisun04-3 (2)seisun04-3 (3)
seisun04-3 (5)seisun04-3 (6)seisun04-3 (7)
seisun04-3 (8)seisun04-3 (10)seisun04-3 (11)
seisun04-3 (12)seisun04-3 (13)seisun04-3 (14)
seisun04-3 (16)seisun04-3 (17)seisun04-3 (18)

一方、長い事永将に抑えつけられたままの雪村もお疲れ様。
ようやく解放されて、改めて永将に挑戦状を突きつけますが、
どうしても性格の悪さでは永将の方に圧倒的に軍配が上がるらしく、
弱点を突かれてあっさりと泣き顔へと追いやられてしまいます。
しかし何故こうも雪村は乙女ちっくなのでしょうね、正宗への愛情といい。
どちらかというと立花じゃなくて雪村が“実は女”説に相応しく見えてくる不思議。
そして“トイ☆ガンガン”のメンバーが2人に減ったのは、
永将が何かやらかしたからみたいな空気が流れていますが、さて。

seisun04-4 (4)seisun04-4 (5)seisun04-4 (6)
seisun04-4 (7)seisun04-4 (11)seisun04-4 (12)
seisun04-4 (19)seisun04-4 (20)seisun04-4 (21)
seisun04-4 (24)seisun04-4 (25)seisun04-4 (27)
seisun04-4 (28)seisun04-4 (29)seisun04-4 (30)
seisun04-4 (32)seisun04-4 (33)seisun04-4 (34)
seisun04-4 (39)seisun04-4 (40)seisun04-4 (41)

一方の一方、立花は店長との模擬戦闘を開始。
これまでのハンドガンと違う、サブマシンガンの性能に魅了された立花は、
どうしてもこの銃を獲得する為、勝利への強い意志を燃やします。
ていうか店長、元々プロの傭兵だったんかい、もろ本職じゃないですか。
そんな人がこんな秋葉原の片隅でサバゲー用品の店を構えているなんて、
店長には店長の人生があったわけですねぇ、しみじみ。
その元・プロをして、肝胆寒からしめるのは猟犬本能全開の立花の殺気。
もう、女子高生からどんどん離れていくなぁ、表情と思考が。
裏では相変わらず仲悪そうな雪村と永将がイチャついてます。
正宗の大会参戦目的が永将チームを倒す事だという事は一応理解。
その為に加入させた新メンバーについて、永将は酷く興味をそそられる様ですが。

seisun04-5 (10)seisun04-5 (12)seisun04-5 (14)
seisun04-5 (15)seisun04-5 (18)seisun04-5 (28)
seisun04-5 (37)seisun04-5 (39)seisun04-5 (40)
seisun04-5 (49)seisun04-5 (52)seisun04-5 (54)
seisun04-5 (57)seisun04-5 (59)seisun04-5 (64)
seisun04-5 (67)seisun04-5 (68)seisun04-5 (69)
seisun04-5 (70)seisun04-5 (71)seisun04-5 (75)

例の気配を読む能力をフル稼働させて、元・プロの気配遮断術を看破する立花。
が、店長も流石は歴戦の猛者、そんな立花の追撃を4分以上逃げ切り、
かつ、巧妙に姿をチラつかせる事で立花の無駄撃ちを誘発させるというテクニック。
時間管理も空間把握も完璧に把握し、気が付けば試合時間は残り5秒。
彼我の距離は壁を隔てて数十cmなれども、順路通りに行けばタイムオーバー。
店長が勝利を確信したその瞬間、立花は直感的に最短距離を進み、
壁という存在を概念的にも物理的にも乗り越えて、チェック状態に辿り着きます。
裏では雪村が永将相手にそんな立花の一番の才能を自慢中。
しかし実際はもう一波乱あり、店長が抜くつもりのなかった腰のハンドガンを早撃ちし、
立花のサブマシンガンを撃ち落して試合終了、結果は立花の敗北となりました。
いや、モデルガンの事は全然知らないんですが、
まさか相手の手を吹っ飛ばせるくらい威力あるとは知りませんでした、ていうか怖い。
ついでに獲物を追い詰めた時の立花の表情が女子高生離れし過ぎてて怖い。

seisun04-6 (1)seisun04-6 (2)seisun04-6 (3)
seisun04-6 (4)seisun04-6 (5)seisun04-6 (6)
seisun04-6 (7)seisun04-6 (8)seisun04-6 (9)
seisun04-6 (14)seisun04-6 (18)seisun04-6 (20)
seisun04-6 (21)seisun04-6 (22)seisun04-6 (23)
seisun04-6 (25)seisun04-6 (26)seisun04-6 (27)
seisun04-6 (29)seisun04-6 (30)seisun04-6 (31)
seisun04-6 (32)seisun04-6 (33)seisun04-6 (34)

試合には負けたものの、勝負には勝ったというか、店長のお墨付きを貰い、
立花は念願のマイガン“H&K G3HC”を正式に入手する事に成功しました。
しかもお代はテスト受講料の1000円のみという破格のお値段。
将来有望と認めた若者に、こうして秘密裏に銃を無償で横流ししているのか、この店。
この店長が何故こんな店を構えて、しかもこういう裏ルールを設けているのか、
下手したら本編の物語よりも気になるのですが、まぁよかろうなのだ式。
一先ずは立花vs永将のゲス顔対決の方を注視するとしましょう。

seisun04-7 (1)seisun04-7 (3)seisun04-7 (5)
seisun04-7 (8)seisun04-7 (10)seisun04-7 (11)
seisun04-7 (13)seisun04-7 (14)seisun04-7 (15)
seisun04-7 (16)seisun04-7 (20)seisun04-7 (22)
seisun04-7 (23)seisun04-7 (24)seisun04-7 (25)
seisun04-7 (27)seisun04-7 (29)seisun04-7 (30)

例の日本一を決める大会に出場する前に、小さな交流会で新しい銃の試運転と、
そして立花の復帰を以て正式に復活した新生“トイ☆ガンガン”としての肩慣らし。
ショートカットのお姉さん、相楽隊長から本日の趣向を伺い、
黄色チームと赤チームに分かれてのフラッグ戦という事になったそうです。
相楽隊長は赤チームのリーダー、そして我らが正宗が黄色チームのリーダー。
これだけの人数が集まる中でも即リーダーに指名されるとは、実力者の証よね。
他のメンバーも最低限のスキルは当然備えているらしく、
素人同然の立花は何ゲーム繰り返しても秒殺で退場させられるという屈辱の時間。
まぁ今までが上手くいき過ぎていただけですからね、現実は非常です。

seisun04-8 (1)seisun04-8 (2)seisun04-8 (3)
seisun04-8 (4)seisun04-8 (7)seisun04-8 (8)
seisun04-8 (10)seisun04-8 (21)seisun04-8 (22)
seisun04-8 (23)seisun04-8 (26)seisun04-8 (27)
seisun04-8 (29)seisun04-8 (30)seisun04-8 (31)
seisun04-8 (33)seisun04-8 (34)seisun04-8 (35)
seisun04-8 (37)seisun04-8 (38)seisun04-8 (40)
seisun04-8 (41)seisun04-8 (42)seisun04-8 (43)
seisun04-8 (46)seisun04-8 (47)seisun04-8 (52)

日本一決定戦まで残り2週間のこの時期、流石に正宗達も甘やかしていられません。
特に雪村はこういう時、ガチで怖いので勘弁。
取り敢えず開始早々にいなくなってたんじゃ経験値も増えやしないと、
正宗は自分の指示通りに動けと命じ、雪村も同意しますが、立花はこれを拒否。
個々人が自由なプレイを認められた上に存在するべきチームプレーを履き違え、
ともすれば自分好みの独裁を敷こうとする正宗への反発でしたが、
これがどうも正宗と永将の間にあるトラウマを完全に刺激したらしく、
突然黄色チームから三行半を突き付けられ、赤チームへ勝手に転属される立花。
さて、正宗とはホストクラブ以来2回目の、そして雪村とは初めての手合わせ。
果たしてどういう意図を持ってこの状況を作り出したのか、それはまた来週。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<青春×機関銃 第5話「このチームを抜けたくないっ!」 | ホームへ | 青春×機関銃 第3話「最高の戦友になるんだからよ!」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1497-ceda5f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)