タイトル画像

Charlotte 第一話「我 他人を思う」

2015.07.29(21:00) 1480

charlotte1-0-1.jpg

正直周囲での評価はかなり低い本作ですが、
大多数の人がそうである様に、私も麻枝さんに期待して視聴します。
特段、古くからの“鍵っこ”というわけでもないんですけども、
それでもやっぱり「AIR」や「クラナド」、「AngelBeats!」はどれも感動しましたから。
例え序盤は怠くても、中盤以降に大逆転劇があると信じて、
是非とも最後まで足を止めずに駆け抜けたいと思いますので宜しくお願いします。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


charlotte1-1 (1)charlotte1-1 (2)charlotte1-1 (4)
charlotte1-1 (8)charlotte1-1 (9)charlotte1-1 (10)
charlotte1-1 (11)charlotte1-1 (12)charlotte1-1 (16)
charlotte1-1 (19)charlotte1-1 (20)charlotte1-1 (21)
charlotte1-1 (22)charlotte1-1 (24)charlotte1-1 (25)
charlotte1-1 (26)charlotte1-1 (27)charlotte1-1 (28)
charlotte1-1 (30)charlotte1-1 (31)charlotte1-1 (32)

冒頭から早速主人公が、自分の異能について説明してくれてます。
曰く“視界内の他人に自分の意識を5秒間だけ乗り移らせる”能力であると。
5秒だけだと可愛い子の下着を覗いたり他人に罪を擦り付けたり、
テストでカンニングに利用するくらいしか使い道のないショボい能力ですが、
でもまぁその5秒を最大限に有効活用すれば可能性は無限大だと思われ。
女子の恥ずかしい写真を撮るとか、間接的な窃盗とかも十分可能でしょうし。
そこまでしていない時点で悪い人間ではなさそうかな、厨二病をこじらせてる程度の。

charlotte1-2 (1)charlotte1-2 (2)charlotte1-2 (4)
charlotte1-2 (5)charlotte1-2 (8)charlotte1-2 (11)
charlotte1-2 (14)charlotte1-2 (15)charlotte1-2 (17)
charlotte1-2 (19)charlotte1-2 (20)charlotte1-2 (21)
charlotte1-2 (22)charlotte1-2 (23)charlotte1-2 (24)

しかしこういう特殊能力モノ、それも時間制限がある特殊能力には良く思うのですが、
リキャスト時間がどの程度かってのも気になる話なんですよね毎回。
見たところ殆ど間断なく連続使用しても体調に障りはない模様ですが、
その能力を本人なりに有効に活用しまくった結果、
こうして名門高校に主席で入学して爽やかな代表挨拶をするに至っているわけです。
しかも成績優秀で外見も優秀とくればモテないわけもなく、
頻繁に告白されては申し訳なさそうに断り、心の中ではゲス顔フィーバー。
声色の使い分けと良い、どこぞのギアス皇子を若干雑魚っぽくした感じね。

charlotte1-3 (2)charlotte1-3 (3)charlotte1-3 (4)
charlotte1-3 (6)charlotte1-3 (7)charlotte1-3 (8)
charlotte1-3 (9)charlotte1-3 (11)charlotte1-3 (12)
charlotte1-3 (14)charlotte1-3 (15)charlotte1-3 (16)
charlotte1-3 (18)charlotte1-3 (19)charlotte1-3 (20)
charlotte1-3 (22)charlotte1-3 (23)charlotte1-3 (24)
charlotte1-3 (25)charlotte1-3 (26)charlotte1-3 (27)

そんなゲス坂・・・もとい乙坂が狙うのは学園のマドンナ、白柳弓。
もしかしてコイツ、この子を落とす為に散々能力フル活用して、
この学校に来れる様に努力したんじゃないかってレベルです。
ストーキングしてまでチャンスを伺うその姿勢、本当にルルーシュっぽいな。
やってる事は成功率が半分あるかどうかも怪しい完全なギャンブルですが、
想い人と自分と、そして無関係な運転手の命を賭け金に何とか生還。
命の危機を救ったヒーローとして彼女に感謝される事に成功しました。
嘘も通し続ければ真実ってヤツですね、まぁ頑張って貰いましょう。

charlotte1-4 (2)charlotte1-4 (3)charlotte1-4 (4)
charlotte1-4 (5)charlotte1-4 (6)charlotte1-4 (7)
charlotte1-4 (8)charlotte1-4 (9)charlotte1-4 (10)
charlotte1-4 (11)charlotte1-4 (12)charlotte1-4 (13)
charlotte1-4 (14)charlotte1-4 (15)charlotte1-4 (16)
charlotte1-4 (17)charlotte1-4 (18)charlotte1-4 (19)
charlotte1-4 (21)charlotte1-4 (22)charlotte1-4 (23)

友達が要らん空気を読んで先に帰り、めでたくゲス坂と白柳さんは2人きり。
店の前にある看板については敢えてツッコむまでもないでしょう。
良い雰囲気だったのか判断に迷いますが、
店から出た後に白柳さん側からまたこうしてデートしようと申し出たので、
少なくとも向こうからしたら悪くない感触だったのでしょう。
社会の為には役立ちそうもないスキルですが、何事も使い方次第、か・

charlotte1-5 (1)charlotte1-5 (2)charlotte1-5 (3)
charlotte1-5 (4)charlotte1-5 (5)charlotte1-5 (6)
charlotte1-5 (7)charlotte1-5 (8)charlotte1-5 (9)
charlotte1-5 (11)charlotte1-5 (12)charlotte1-5 (13)

翌日、早速白柳さんから下校デートの誘いが来ましたが、
折悪く生徒会からの呼び出しがかかって先に生徒会室へ。
険しい表情の生徒会長が言うには、ゲス坂にカンニング容疑があるとか。
そりゃそうですよね、記述問題とか、まんま他人の答えをコピーでしょうから、
多少なりとも疑惑があれば、こうなる事はわかりきっていた事。
無実を証明するには先日満点をとったテストを、
この場で解いて90点以上を取るしかないという状況、しかも上層部の了承済み。
ここで逃げれば即退学という言質も貰っているらしく、
強気な生徒会長に逆らえないゲス坂は渋々指示に従います。

charlotte1-6 (2)charlotte1-6 (3)charlotte1-6 (4)
charlotte1-6 (5)charlotte1-6 (6)charlotte1-6 (8)
charlotte1-6 (9)charlotte1-6 (10)charlotte1-6 (11)
charlotte1-6 (14)charlotte1-6 (15)charlotte1-6 (16)

他に逃げ道を塞がれ、能力を使用し、罠にハマってゲームセット。
突然そこに出現した謎の女子生徒から動かぬ証拠を突きつけられ、
二の句が継げずにただただ呆然とするばかり。
しかしまぁ、驚愕している表情が本当にルルーシュに似ていますね、コイツ。
自分が白柳さんをストーキングしていると思ったら、
それより前からずっと自分自身がストーキングされていたという事実。
こういうキャラは、えてして逆境に弱いというのが相場と決まっていますし、
相手のペースに巻き込まれて自分のペースを崩されるのはもっと苦手なもの。

charlotte1-7 (1)charlotte1-7 (2)charlotte1-7 (3)
charlotte1-7 (4)charlotte1-7 (5)charlotte1-7 (6)
charlotte1-7 (7)charlotte1-7 (8)charlotte1-7 (9)
charlotte1-7 (10)charlotte1-7 (11)charlotte1-7 (12)
charlotte1-7 (14)charlotte1-7 (16)charlotte1-7 (17)

上手い反論も思いつかず、強引に逃げ出したゲス坂を待ち受ける第3の矢。
これまた頭が悪そうな眼鏡キャラが出てきたものですね、
全身から溢れ出るネタキャラオーラが半端なくて格好良いです。
そんな彼の追撃を振り切る事で精一杯で、待っていてくれ白柳も見捨て、
化けの皮が剥がれたままで街中へと駆け出していくゲス坂。
もう第1話目にしてこの凋落っぷりとは、自業自得とはいえ同情を禁じえません。
そんな彼を追いかける高速移動の追跡者。
男子高校生一人を捕まえる為だけに街中への被害が甚大なものとなってますが、
気にせず追いかけ続ける様はある意味恐怖の極地。

charlotte1-8 (2)charlotte1-8 (3)charlotte1-8 (4)
charlotte1-8 (5)charlotte1-8 (7)charlotte1-8 (9)
charlotte1-8 (10)charlotte1-8 (12)charlotte1-8 (13)
charlotte1-8 (15)charlotte1-8 (16)charlotte1-8 (17)

少し暮れなずむ夕陽を背に受け、疾走してくる眼鏡男の能力は“瞬間移動”。
いや移動途中でゲス坂を捕獲してるし、そのまま慣性が働くままに、
川の上を人体水切り状態で跳ねている事と良い、
明らかに“瞬間”の移動ではないんですが、ツッコんだら駄目な雰囲気かしら。
どっちかというと“高速移動”くらいの能力ですよね、制御も不安定っぽいし。
止まりたいところで止まれない高速移動とか、よく今まで死ななかったものです。
ちょっとタイミング悪いだけでも車道に飛び出して車に轢かれそう。

charlotte1-9 (1)charlotte1-9 (2)charlotte1-9 (3)
charlotte1-9 (4)charlotte1-9 (6)charlotte1-9 (7)
charlotte1-9 (8)charlotte1-9 (9)charlotte1-9 (10)
charlotte1-9 (11)charlotte1-9 (12)charlotte1-9 (13)
charlotte1-9 (14)charlotte1-9 (16)charlotte1-9 (17)

眼鏡男よりもこのビデオカメラを持った子の方が得体が知れない分、恐怖度は上。
何故全力疾走で学校から遠く離れた、しかもまだ特定出来ていない筈のこの場所に。
何食わぬ顔で存在しているんでしょうね、この子は。
あれですか、ストーキングに特化した能力ってヤツですか、
対象の行動に関わらず距離が常に一定に保たれて、しかも知覚されない能力、みたいな。
彼女の要求は「能力はいずれ消える。消えるまで能力者の集まる学校に来い」というもの。
そこで彼女達に協力し、能力を悪用するヤツらを懲らしめろ、という話。
ちなみに彼女の能力は特定対象者1名のみから知覚されない、というだけmものでした。
じゃあさっきのあの瞬間移動は一体何だったんだよって話。

charlotte1-10 (1)charlotte1-10 (2)charlotte1-10 (3)
charlotte1-10 (4)charlotte1-10 (5)charlotte1-10 (6)
charlotte1-10 (7)charlotte1-10 (8)charlotte1-10 (9)
charlotte1-10 (12)charlotte1-10 (13)charlotte1-10 (20)
charlotte1-10 (21)charlotte1-10 (22)charlotte1-10 (23)
charlotte1-10 (24)charlotte1-10 (25)charlotte1-10 (26)

家に帰ると思った以上に質素な暮らしぶりが見受けられて素直に驚き。
そんな複雑な家庭環境の中でも天真爛漫な妹の存在が一筋の光明ですね。
本当に血が繋がっているのかと疑うくらい、清らかな心の持ち主、歩未ちゃん。
兄と共に特待生で星ノ海学園に転入出来る事を、素直に喜ぶ可愛い子です。
よくこんな兄を持って、こんな妹が育ったものだと宇宙の神秘に感動。
ゲス坂も妹の前でだけは良いお兄ちゃんを演じているのか、素なのか。
益々もってルルーシュっぽく感じてしまうんですが、どうしたらいいの。

charlotte1-11 (2)charlotte1-11 (4)charlotte1-11 (5)
charlotte1-11 (7)charlotte1-11 (8)charlotte1-11 (9)
charlotte1-11 (10)charlotte1-11 (11)charlotte1-11 (12)
charlotte1-11 (13)charlotte1-11 (14)charlotte1-11 (15)
charlotte1-11 (16)charlotte1-11 (18)charlotte1-11 (19)

何この場所、学生寮なのか、それとも学園近くのマンションを斡旋してくれたのか、
今まで住んでいたアパートから見事な栄達を遂げて歩未ちゃんは大喜びですが、
代わりに監視外への移動を制限されたことで前の学校の知人とは強制的に疎遠に。
白柳さんとも折角上手くいきかけていたのに、あっさりと破局。
まぁ確かに付き合ってもいないので、破局も何もないのですが。
いやはや、第1話から激動な事ですね、可哀想ですがこれも自業自得。
それにしても白柳さん、意外と芯がしっかりしている子の様で安心しました。
今後のご活躍を期待申し上げます。

charlotte1-12 (1)charlotte1-12 (3)charlotte1-12 (4)
charlotte1-12 (5)charlotte1-12 (6)charlotte1-12 (7)
charlotte1-12 (9)charlotte1-12 (11)charlotte1-12 (12)
charlotte1-12 (14)charlotte1-12 (15)charlotte1-12 (16)
charlotte1-12 (17)charlotte1-12 (18)charlotte1-12 (19)
charlotte1-12 (22)charlotte1-12 (23)charlotte1-12 (24)

ちゃんとスカート巻き込んで座ってますかね、友利生徒会長。
この位置関係だと普通にゲス坂からパンツみえてそうですけど。
というわけでわざわざ引越しの手伝いに来てくれた生徒会メンバー。
揃いも揃ってこういう状況には何の役にも立たない能力ですからね、
普通に肉体労働に汗を流して、どうにかこうにか整理を済ませ、
明日からの新しい学園生活に期待を不安を抱きながらおやすみなさい。
髪を下した歩未ちゃんも可愛いですね、将来絶対美人になる。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<Charlotte 第二話「絶望の旋律」 | ホームへ | オーバーロード Chapter.3「カルネ村の戦い」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1480-6108fb1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)