タイトル画像

オーバーロード Chapter.3「カルネ村の戦い」

2015.07.28(21:00) 1479

over01-0.jpg

ここまでは仲間内の力試しと、女同士の醜い嫉妬合戦以外には争いの無かった展開。
それが今回からは流石に動きを見せる模様ですよ、何となれば子安さんが降臨しますから。
オープニングにすら顔出ししていないので噛ませ犬である可能性が大ですが、
これを機に世界征服を企む魔王モモンガを討伐する勇者が押し寄せるとか、
そういう展開になるのかも知れませんねぇ、楽しみです。
かつてのギルドメンバーが敵に回ったりとかもあるのかもー。
というより是非ともそうなる様に期待しております。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


over03-1 (1)over03-1 (2)over03-1 (4)
over03-1 (5)over03-1 (6)over03-1 (7)
over03-1 (12)over03-1 (13)over03-1 (15)
over03-1 (16)over03-1 (17)over03-1 (18)

むむ、暫く見ない内にかなりのシリアス展開が始まってますね。
リビドーに翻弄される骸骨様と愉快な仲間達の世界征服ごっこから一転して、
何やらゲーム内勢力同士の小競り合いが発生している模様。
隊長と副長が何やら格好いいセリフを言っていますが、
確かに穿った見方をすればゲームキャラっぽい発言に見えなくもなし。
ヒーローが窮地を救ってくれる事をかつて夢見た云々言っているのは、
モモンガ様がこの人達を助けるフラグといっていいのでしょうかね。

over03-2 (4)over03-2 (5)over03-2 (6)
over03-2 (7)over03-2 (8)over03-2 (9)
over03-2 (10)over03-2 (11)over03-2 (12)
over03-2 (13)over03-2 (15)over03-2 (17)
over03-2 (18)over03-2 (20)over03-2 (21)
over03-2 (22)over03-2 (24)over03-2 (25)

そのモモンガ様は今日も優雅にナザリック大墳墓から外界を視察中。
本拠地に居ながらにして周辺情報をリアルタイム確認出来るのは便利ですね、
というわけでどこかの軍に襲われている村を見つけたモモンガ様。
見捨てると決めた主の判断に不服そうなセバスの、
その背後にセバスを設定した同志“タッチ・ミー”の姿を幻視します。
かつて他のプレイヤーから集団リンチを受けた際に助けてくれた恩人、
「誰かが困っていたら助けるのは当たり前!」と嘯いた正義の味方。
ここで見ず知らずのNPCを助ける事が、彼への恩返しになると信じて、
モモンガ様はアルベドを伴い、かの村へと降臨する事に決めます。

over03-3 (1)over03-3 (3)over03-3 (4)
over03-3 (5)over03-3 (9)over03-3 (11)
over03-3 (12)over03-3 (13)over03-3 (15)
over03-3 (17)over03-3 (19)over03-3 (21)
over03-3 (22)over03-3 (23)over03-3 (24)
over03-3 (27)over03-3 (32)over03-3 (33)
over03-3 (34)over03-3 (35)over03-3 (36)

瞬間移動で現地に赴き、出会って早々、有無を言わさぬ先制攻撃。
相手の心臓の鏡体を作り出し、それを潰す事て相手の心臓も潰す荒業。
見た目通りに死霊系の魔法が得意というモモンガ様、情け容赦ない一撃です。
女子供の前で披露するのはどうかと思いましたが、
良く考えたら外傷が発生しない殺し方なので教育上問題もないか。
そこまで考えて魔法選択したんだとしたら大したものですけど、さて。
まぁ曲がりなりにも自分の手で他者を殺してるのに、
特に何も感じていない方が寧ろ問題なのかもしれませんね、あぼん。
ついでに死体を利用してアンデッドナイトを召喚し、村を襲う他の騎士の掃除を指示。
若干元の世界の仕様とは違うみたいですが、魔法が使えるって便利過ぎです。

over03-5 (2)over03-5 (3)over03-5 (4)
over03-5 (7)over03-5 (8)over03-5 (9)
over03-5 (11)over03-5 (12)over03-5 (13)
over03-5 (14)over03-5 (16)over03-5 (17)
over03-5 (19)over03-5 (21)over03-5 (22)
over03-5 (24)over03-5 (26)over03-5 (27)

出陣という事で完全装備のアルベドは、露出もへったくれもなくて哀しい外見。
そんなアルベドを制しつつ、怪我した村娘に回復薬を渡そうとするのですが、
残念ながら主に外見と先程の戦闘態度のせいで怖がられるばかり。
それでも何とか説明して受け取って貰い、ついでに遠近防護フィールドも張って、
更には窮地打開用のゴブリン軍団召喚アイテムまでも下賜する大盤振る舞い。
“アインズ・ウール・ゴウン”というギルド名をそのまま自身の呼称とし、
幼気な少女達に強烈なインパクトを残して、外界の人間との初邂逅を終えます。

over03-6 (8)over03-6 (10)over03-6 (12)
over03-6 (14)over03-6 (15)over03-6 (16)
over03-6 (17)over03-6 (18)over03-6 (19)
over03-6 (21)over03-6 (25)over03-6 (26)
over03-6 (27)over03-6 (28)over03-6 (29)
over03-6 (30)over03-6 (31)over03-6 (34)
over03-6 (38)over03-6 (39)over03-6 (40)

モモンガ様本体よりも圧倒的な“魔”のオーラと威圧感を放つアンデッド騎士。
突如村に現れたその異形の存在に、逃げる村人も狩る騎士達も呆然。
というか単なる召喚モンスターのくせにこの死霊騎士、
霧状に変化して素早く移動まで出来るという優れものというから驚きです。
この程度の騎士団なら1体で全滅させられそうな圧倒感、マジぱないの。
余りに圧倒的過ぎて観衆からしたらトラウマ100%ですけどね、
折角良い人ポイントが溜まったのに、モモンガ様の世間的評価に傷つきそう。
確かに「殺せ」と命じたのはモモンガ様であるとはいえ。

over03-7 (2)over03-7 (3)over03-7 (4)
over03-7 (6)over03-7 (7)over03-7 (8)
over03-7 (10)over03-7 (11)over03-7 (12)
over03-7 (14)over03-7 (17)over03-7 (18)

何か変な仮面を付けて天空より降臨しました、我らがモモンガ様。
先程の少女達との交流で自分の顔の怖さに気付いたのか、
それとも何か意味のあるマジックアイテムなのか。
ともあれ生き残った騎士達にこの一帯での騒乱を禁じ、
命を助ける代わりにその事を主君まで伝達する様に命じて解放しました。
にしてもホント、せめてもっと格好良い仮面はなかったものなのかしら。
この間の黒騎士ルックでも悪くないと思うのですが、はてさて。

over03-8 (2)over03-8 (3)over03-8 (4)
over03-8 (5)over03-8 (6)over03-8 (7)
over03-8 (11)over03-8 (12)over03-8 (13)
over03-8 (14)over03-8 (15)over03-8 (16)

下手にNPOを気取るよりも、営利目的の方が相手の不審も少ないという事で、
村を守る代わりに金銭を要求し、ついでにこの世界についての情報も獲得。
そんな事よりもこの仮面の来歴の方が衝撃的でいたたまれないのですが。
クリスマスに一定時間以上ログインした人全員に配られるという、
持っている事自体が不名誉だという通称“嫉妬マスク”。
モモンガ様もこれを持っているという事は、アレなのですね・・・・・・。
村長との話し合いの中で、周辺地域を取り巻く情勢について学習したモモンガ様。
ついこの間まで一介のプレイヤーに過ぎなかったのに、
中々どうして、それっぽい思考回路と分析能力をお持ちのようです。
それにきちんと村長に敬意を表して対等に敬語で話す様は好ましいですし。

over03-9 (1)over03-9 (2)over03-9 (3)
over03-9 (4)over03-9 (5)over03-9 (8)
over03-9 (10)over03-9 (12)over03-9 (13)
over03-9 (18)over03-9 (19)over03-9 (20)
over03-9 (21)over03-9 (22)over03-9 (23)
over03-9 (26)over03-9 (27)over03-9 (28)

死者蘇生魔法まで使えるモモンガ様ですが、一身上の都合でそれは秘匿。
本人が判断する通り、下手に死者蘇生が出来るなんてバレたら、
引っ張り回されたり身柄を付け狙われたりとロクな事にならないのは明白。
そうでなくとも早速厄介事の種がまた芽吹いている様で。
何でも騎士風の集団がこの村に近づいているとか何とか。
仕方なく村人に味方をし、その集団を出迎えるモモンガ様とお供2人。
冒頭で出てきた例の騎士団ですね、正確には地元の王国の戦士団だとか。
変な因縁を付けられるかとも思いましたが、素直にお礼を言われて拍子抜け。
その代わりに新たな集団が村を包囲する様に展開しているとの方が届き、
どうやらまだまだ平穏が戻ってくるのは先になりそうな気配です。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<Charlotte 第一話「我 他人を思う」 | ホームへ | 六花の勇者 第三話「六花殺しの少女」>>
コメント
黒騎士の姿になると魔法が一切使えなくなり、レベルも大きく落ち込みます。
それでも充分強いのですが、外の世界の連中がどれくらいの強さで魔法やアイテムが正常に作動するかも分からない状況でしたので、万全の態勢で赴くしかなかったのです。
アルベドに武装してくるように行ったのも、彼女がナザリックの中でもっとも防御力が高いガーディアンナイトだからで、要するに最強の盾役として呼んでいたからです。
デスナイトが自分を放っておいて殲滅に向かったので困っていたのですが、すぐにアルベドが来てくれたから「丁度良かった」と言ったんですよね。
【2015/07/25 16:46】 | 通りすがりの殺人鬼 #- | [edit]
こんにちは^^

そういえば黒騎士状態だと魔法使えないって言ってましたね、
でもレベルの方もそんなにガクッと下がるんですか・・・・・・・怖い。
まだ試せてませんけど、というか試すの無理ですけど、
現状でもしもモモンガ様のライフが0になった場合、
現実世界でも死亡する可能性は無くはないですから、
黒騎士状態で外出なんてギャンブル、出来るわけないですね、納得です。

デスナイトは一目散に走っていきましたね、あの時のモモンガ様には笑いましたw
でもまぁ、本人も言っている通り、そう命令したのは自分ですものね。
人間の少女達が見ている前で「自分を守護しろ」なんて言えなかったのか、
それとも村を占拠している騎士達の殺害を命令する事で、
少女達に畏怖と恩を感じさせようとしたのか、
何にしても色々と行動1つに対して考えながら選択する事を強いられて、
モモンガ様の心労というのは大変なものがありますね、可哀想に。
暇があれば作中で各階層守護者達の詳細な設定とかも説明を求めたいのですが、
映像作品内では中々難しいんでしょうね、勿体ないです。

ともあれ、良き補足を頂きまして、ありがとうございました(*'ω'*)
【2015/07/25 21:53】 | がっち #- | [edit]
>同志“タッチ・ミー”

正確にはひらがなの たっち・みーです。
先代のギルドマスターでもあり美人の奥さんと子供も居て勝ち組です 

>それにきちんと村長に敬意を表して対等に敬語で話す様は好ましいですし。

主人公は小卒の会社員なので下っ端精神が染みついてますwwww(小卒なのは100年後だからって理解しよう笑
【2015/08/04 04:31】 | m #J8TxtOA. | [edit]
こんにちは、返信が遅くなりすみません(._.)

おっと、修正ありがとうございます、“たっち・みー”さんですか!
とりあえずPK集団をソロで瞬殺するくらいなので超強いんでしょうが、
それに加えてリア充とは、恐るべしですね、ネット内キャラは変人なのに(-.-)

モモンガ様、小卒ってもしかして最終学歴が小学校って事ですか!?
恐るべし、100年後の世界・・・一体どういう教育環境なんだ・・・・・・・。
会社員とはいえ、まだ若めなんでしょうねー。
というか小卒で勤め始めたなら、20歳でも勤続8年か・・・、
何だか感覚が違い過ぎてわからないですw
でも慎重な対応を常に心がけて崩れませんし、状況に対する認識と、
己のとるべき態度や言葉の選択も妥当性があるし、能力的には結構ありそうな雰囲気。
いつかこの世界から現実世界に戻って、リアルの姿を見せてくれるのでしょうか。
楽しみにしております、ありがとうございました(*'ω'*)
【2015/08/10 13:34】 | がっち #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1479-27bbe8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)