タイトル画像

P4 ダンシング・オールナイト 14:フリーモード 曲紹介25~30

2015.07.19(21:00) 1471

P4D 1 (1)

曲紹介はこれにて全曲終了となります。
やはり音ゲーとしてはボリュームに欠けてしまうと言わざろうえませんが、
その分ストーリーモードが想定よりも充実していたのでバランスとれてるのかな。
最後らしく、曲の内容もPVの仕様も充実しているのが素晴らしいところ。
特に全員集合で踊る圧巻のPVは、他の音ゲーでは中々みない豪華さですよ。
衣装の組み合わせも含めて、可能性は無限大。
後ほど動画をあれこれする時が楽しみです、ふふふ。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


p4d m28 (1)
p4d m28 (2)p4d m28 (3)p4d m28 (4)p4d m28 (5)
p4d m28 (6)p4d m28 (7)p4d m28 (8)p4d m28 (9)
p4d m28 (10)p4d m28 (11)p4d m28 (12)p4d m28 (13)
p4d m28 (14)p4d m28 (15)p4d m28 (16)p4d m28 (17)
p4d m28 (18)

25曲目「Backside Of The TV (Lotus Juice Remix)」
“テレビの裏側”とある通り、TVの中の世界のスタート地点、クマの領域のBGM。、
別に衣装選びに悪意はありません、あくまでもランダム選択の結果です。
前向きに捉えればこの恰好でここまでドヤ顔で踊れるのは陽介くらいのものですよ。
普段からグループ内でアホな発言ばかりしてメッタ打ちにされているお蔭で、
ここまでの鋼のメンタルを得るに至ったというのは良い事です。
そもそもこの衣装を用意されている事そのものが酷い苛めですけどね、
その程度の嫌がらせにはめげず、今日もジュネスの王子様は華麗に踊り続けます。

p4d m29 (1)
p4d m29 (2)p4d m29 (3)p4d m29 (4)p4d m29 (5)
p4d m29 (6)p4d m29 (7)p4d m29 (8)p4d m29 (9)
p4d m29 (10)p4d m29 (11)p4d m29 (12)p4d m29 (13)
p4d m29 (14)p4d m29 (15)p4d m29 (16)p4d m29 (17)
p4d m29 (18)

26曲目「Pursuing My True Self」
ここにきてようやくオリジナルバージョン、踊るは我らがりせちー。
彼女もかなみ同様、舞台衣装を脱がして私服を着せてみたのですが、
いやはや、服装センスの圧倒的違いというものを否応なく感じさせられます。
パーマのかかった髪型や眼鏡の付けこなしっぷり、
そしてスタイリッシュな衣装とメイクを用意する事で、想像以上の大変身。
途中で乱入してくる千枝よりも年下とはとても思えません。
女将姿の雪子と比べても年上に見えますしね、げに恐ろしきは女性の神秘。

p4d m30 (1)
p4d m30 (2)p4d m30 (3)p4d m30 (4)p4d m30 (5)
p4d m30 (6)p4d m30 (7)p4d m30 (8)p4d m30 (9)
p4d m30 (10)p4d m30 (11)p4d m30 (12)p4d m30 (13)
p4d m30 (14)p4d m30 (15)p4d m30 (16)p4d m30 (17)
p4d m30 (18)

27曲目「MAZE OF LIFE」
「ペルソナQ」のオープニングテーマだけあって、凄まじくテンションが上がるナンバー。
番長自身もドラキュラの衣装を着こなして、臆することなく華麗に踊っています。
もう少し牙とか、ドラキュラらしさを助長してくれるオプションがあれば良かったのですが、
残念ながら衣装だけでは番長自身の格好よさにネタ感が薄まってしまっています。
番長恰好いいですよねぇ、そりゃ世の女性陣が老若問わずに惚れ込むわけです。
特にりせちーと菜々子という、世界に冠たる2大アイドルから好かれているという、
男性として、この世に生きる最高の喜びを得ている事実は素直に羨ましいです。

p4d m31 (1)
p4d m31 (2)p4d m31 (3)p4d m31 (4)p4d m31 (5)
p4d m31 (6)p4d m31 (7)p4d m31 (8)p4d m31 (9)
p4d m31 (10)p4d m31 (11)p4d m31 (12)p4d m31 (13)
p4d m31 (14)p4d m31 (15)p4d m31 (16)p4d m31 (17)
p4d m31 (18)

28曲目「Best Friends (Banvox Remix)」
サンタルックも確か全員分あったんですっけ、まぁ若干名はトナカイ衣装ですけども。
千枝はメインで踊って貰ってもいいんですが、乱入で踊って貰うとより楽しい子。
先程のりせちーの時とか、口調が伝染して「あちょー!」ってりせちーに言わせてましたから。
そういう細かい掛け合いまで把握しようとするとかなりの作業量に膨れ上がる本作。
色々な曲での色々な掛け合いを確認して、後の動画作りに活かしたいという想いもありますが、
この分だと中々難しいのかなぁ、どこかに纏め情報があれば助かりますのに。

p4d m35 (1)
p4d m35 (2)p4d m35 (3)p4d m35 (4)p4d m35 (5)
p4d m35 (6)p4d m35 (7)p4d m35 (8)p4d m35 (9)
p4d m35 (10)p4d m35 (11)p4d m35 (12)p4d m35 (13)
p4d m35 (14)p4d m35 (15)p4d m35 (16)p4d m35 (17)
p4d m35 (18)p4d m35 (19)p4d m35 (20)p4d m35 (21)
p4d m35 (22)p4d m35 (23)p4d m35 (24)p4d m35 (25)
p4d m35 (26)

29曲目「Reach Out To The Truth -Dancing on PERSONA STAGE-」
音ゲーのPVとしては珍しい、全員参加の大賑わいとなる曲。
要するにストーリーモードのラスボス戦なんですけどね、何故か菜々子だけ仲間外れ。
全員参加だけでも凄いですが、更に特筆すべきは全員の衣装が変更出来る点。
上の画像では全員ランダム設定だったので、統一感の無いバラバラな風景ですが、
コンセプトを統一すればもっと纏まりのある素晴らしい映像になったでしょうね。
最初から全員登場するのではなく、2人組が都合4組、順次交替していき、
最後に番長がトップアイドル2人を侍らせて調子に乗ってから、
大一番のタイミングで号令をかけて全員召集ボコスカバトルという盛り上がる流れ。
曲自体も戦闘曲のアレンジなので非常にテンションが上がります。
良い演出をしてくれましたよ、ホント。

p4d m37 (1)
p4d m36
p4d m37 (11)

30曲目「カリステギア」
本作の象徴的な曲が、DLC含めた現時点でプレイ出来る楽曲の最後となります。
現時点というのは発売一週間後の7月1日、この記事を書いてる段階での話で、
記事を上げる7月20日前後では、他にも楽曲は上がっていますので悪しからず。
にしてもこのカリステギア、折角の“絆”の歌なんだから、
“かなみんキッチン”のメンバー5人全員で歌えばいいと思うのですが。
残念ながらかなみのソロですね、ぐぬぅ・・・・・・。
映像も本編エンディングと全く同じなので特にツッコミどころもありません。
これにて終了、大満足。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<P4 ダンシング・オールナイト 15:ギャラリーモード(終) | ホームへ | P4 ダンシング・オールナイト 13:chapter.EX>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1471-89a5a900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)