タイトル画像

P4 ダンシング・オールナイト 11:フリーモード 曲紹介19~24

2015.07.16(21:00) 1460

P4D 1 (1)

音ゲーとしては曲数は少ない方なのですが、
乱入キャラのバリエーションが多いお蔭で、実数程の物足りなさはありません。
キャラが変われば掛け合いも変わるし、同じ組み合わせでも振り付けは曲で変わるし、
意外なキャラの組み合わせが意外な面白さを発揮したりで飽きない印象。
モデル自体は綺麗ですしね、少し細すぎると言えなくもないですが。
ある程度は肉付きがあった方がモデルとしての存在感は増しますが、
まぁでも「P4」のキャラ自体が元々細いので、それに忠実に作っただけかも。
トロコンしてからゆっくりと鑑賞するのを楽しみに頑張ってます。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


p4d m21 (1)
p4d m21 (2)p4d m21 (3)p4d m21 (4)p4d m21 (5)
p4d m21 (6)p4d m21 (7)p4d m21 (8)p4d m21 (9)
p4d m21 (10)p4d m21 (11)p4d m21 (12)p4d m21 (13)
p4d m21 (14)p4d m21 (15)p4d m21 (16)p4d m21 (17)
p4d m21 (18)

19曲目「Shadow World (ATLUS kozuka remix)」
かなみもそうなんですが、菜々子に用意されている衣装が少な過ぎるのは、
このゲームの一番のマイナスポイントかもしれません、全部で4種類ですっけ。
部屋着と舞台衣装、夏服に冬服という事で遊び心も足りていない感がひしひしと。
眼鏡は十分可愛いんですけど、そういえばアクセサリも数が少ないですよね、本作。
他の音ゲー等で衣装変更が出来るものでは、特にネタアクセサリで遊ぶものなのですが。
他のキャラは色々な組み合わせを楽しめる中、菜々子に関してはやはり番長一択。
ストーリーモードで共演したかなみや、「P4」時代に接点の多かったクマにもワンチャンですが、
誰を、と言われればそりゃ番長以外にありえませんて、えぇ。

p4d m22 (1)
p4d m22 (2)p4d m22 (3)p4d m22 (4)p4d m22 (5)
p4d m22 (6)p4d m22 (7)p4d m22 (8)p4d m22 (9)
p4d m22 (10)p4d m22 (11)p4d m22 (12)p4d m22 (13)
p4d m22 (14)p4d m22 (15)p4d m22 (16)p4d m22 (17)
p4d m22 (18)

20曲目「Like a dream come true」
コミュイベント等を始めとする、仲間との触れあいのシーンで流れていた楽曲。
クマは結構面白い衣装が目白押しなのですが、
ランダムの結果選ばれたお祭り衣装はちょっと地味でしたね、反省。
ただまぁ、その代り中身はきっちりとミスコン衣装になっていたので悪くは無し。
中身が男性の恰好か女性の恰好かは選べないのですが、
衣装毎に決められているのか、それともランダムで決定されるのか、どうなのか。
番長やジュネス王子等の他の男性メンバーにもミスコン衣装は用意されている筈ですが、
残念ながら私は見かける事は叶いませんでしたね、DLCなのかしら。

p4d m23 (1)
p4d m23 (2)p4d m23 (3)p4d m23 (4)p4d m23 (5)
p4d m23 (6)p4d m23 (7)p4d m23 (8)p4d m23 (9)
p4d m23 (10)p4d m23 (11)p4d m23 (12)p4d m23 (13)
p4d m23 (14)p4d m23 (15)p4d m23 (16)p4d m23 (17)
p4d m23 (18)

21曲目「Pursuing My True Self (ATLUS kozuka remix)」
リミックス版で曲数を稼いでいるのは確かですが、前にも言った通り、
曲のアレンジと踊り手の変更があるだけで全然違う曲に感じるのは便利ですよね。
それぞれの曲にメインの踊り手が固定なのはどうかと最初思いましたけど、
振り付けを各キャラ各曲で固有にする事でそういう効果を生んでいるんだとしたら、
中々の策士っぷりと言わざろう得ません、誰の案かは兎も角。
というか千枝、意外にもトランペットなんですね、担当楽器。
イメージ的にはシンバルとか銅鑼だったのですが、見事にイメージを覆されました。

p4d m24 (1)
p4d m24 (2)p4d m24 (3)p4d m24 (4)p4d m24 (5)
p4d m24 (6)p4d m24 (7)p4d m24 (8)p4d m24 (9)
p4d m24 (10)p4d m24 (11)p4d m24 (12)p4d m24 (13)
p4d m24 (14)p4d m24 (15)p4d m24 (16)p4d m24 (17)
p4d m24 (18)

22曲目「Your Affection (Daisuke Asakura Remix」
よーぁふぇくしょーん、よーぁふぇくしょーん。
個人的にはあのファーストフード店員みたいな舞台衣装よりも、
こっちの部屋着姿の方が髪型や髪の色、眼鏡等々も含めて可愛いと思うのですが。
そりゃまぁ、アイドルとしてなら当然こっちはNGにも程がありますが、
ちょっとおかしなTシャツのセンスも含めて非常に魅力的だと思います。
ただ、菜々子と同じでかなみも衣装が少ないのが玉に瑕。
これを含めてもやはり4種類でしたか、そういえば水着が用意されてるのですが、
その出で立ちもこの部屋着同様に若干ズレを感じさせられますよ、お楽しみに。

p4d m25 (1)
p4d m25 (2)p4d m25 (3)p4d m25 (4)p4d m25 (5)
p4d m25 (6)p4d m25 (7)p4d m25 (8)p4d m25 (9)
p4d m25 (10)p4d m25 (11)p4d m25 (12)p4d m25 (13)
p4d m25 (14)p4d m25 (15)p4d m25 (16)p4d m25 (17)
p4d m25 (18)

23曲目「Electronica In Velvet Room」
「ペルソナ」と言えばこの曲をなくしては語れません。
踊って頂けるのは傍迷惑な裏ボス姉妹の、えーと、こっちは妹ですっけ、
ベルベットルームの案内人、フラテッロ・アズールの片割れ、マーガレット嬢でございます。
一体この曲とキャラでどんな踊りを踊るんだと期待していたら、
何と説明しましょうか、“purfume”みたいなテクノダンスとでも言いましょうか。
常に微笑を浮かべながら淡々と踊るマーガレットの姿は一見の価値ありです。
ていうか自称特別捜査隊の面々や菜々子やかなみは踊る理由がちゃんとありますが、
マーガレットは何故踊っているんでしょうね、羨ましくなった系かしら。
追加DLCでエリザベスのキャラモデルとか追加される事を期待します。

p4d m26 (1)
p4d m26 (2)p4d m26 (3)p4d m26 (4)p4d m26 (5)
p4d m26 (6)p4d m26 (7)p4d m26 (8)p4d m26 (9)
p4d m26 (10)p4d m26 (11)p4d m26 (12)p4d m26 (13)
p4d m26 (14)p4d m26 (15)p4d m26 (16)p4d m26 (17)
p4d m26 (18)

24曲目「Heartbeat, Heartbreak (TOWA TEI Remix)」
こちらがかなみの夏服ですね、確かこれで全ての菜々子の衣装は紹介されたか、
あぁ、舞台衣装はストーリーモードの方で初めて出てくるんでしたっけね、
タンクトップによる健康的な色気、の手前の可愛さを十二分に感じますが、
やはり上の方で紹介していた冬服の方が小さい女の子には似合います。
どちらにしても衣装選びのセンスは悪くないと思うのですが、
これは誰が買ったんでしょうね、堂島さんが店員さんに勧められて買ったのかな。
堂島さんが自分のセンスだけで選んでいたら、それはそれで萌えますが。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<P4 ダンシング・オールナイト 12:chapter.7 | ホームへ | P4 ダンシング・オールナイト 10:chapter.6>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1460-821dbafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)