タイトル画像

夏色ハイスクル★青春白書 13:8月30日~9月6日

2015.06.17(21:00) 1438

1433320921476.png

しかしまぁ、2周してみて思いますけど。
ゲーム内でのプレイ期間が長くて時間が結構かかる割には、
フラグ立てとかの条件がかなりシビアですよね、本作は。
それだけ練りこまれたゲームであるとの評価は勿論出来るのですが、
最終日に辿り着いて狙ったキャラのエンディングに辿り着けないと絶望感半端ない。
実際、1周目も2周目も最初は狙ったエンディングが発生せず、
ぼっちエンドでしたからね、ちくせう。
1周目は好感度調整だけで良かったのですが、2周目はフラグ立てに失敗して、
結局丸々1周やり直しという憂き目にあいました、おーのー。
皆さんもそうならない様、プレイされる際にはお気を付けくださいね。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


ハイスクル14-1-1
ハイスクル14-1-2
ハイスクル14-1-3
ハイスクル14-1-4

8月300日、開幕。
昨日こっそり髪型を変更したら、再び蛍光色の青緑になってアンニュイな心持ち。
なのでまたぞろ髪型変更に踏み切り、落ち着いた雰囲気に戻りました。
後、パンツを覗きました。
おしまい。

ハイスクル14-2-1
ハイスクル14-2-2

ハイスクル14-2-3
ハイスクル14-2-4

8月31日。
裏で色々と動いていた薫子会長の努力が報われたらしく、
島の再開発計画は一時凍結の運びとなったそうです。
まぁ実際にはもっと複雑な裏事情があるのでしょうが、兎に角結果はそういう事。
そんな事よりも突然現れて突然消えた執事の方が気になります。
忍びのスキルがあればもっとパンツも撮影し易くなるんですかねぇ。
いいなぁ、弟子入りできませんかね、薫子ルートとかで。
確か龍玉にも気配を薄く出来る素晴らしい効果の色があった筈ですが、
全然手に入らないという事は高額のお賽銭専用なんだろうなぁ…ちぇ。
あ、出勤日数が足りなかったらしく、バイトは2つ共失敗でした………ちぇちぇ。
結構日数出てたと思うのに、世間は厳しいです。

ハイスクル14-3-1
ハイスクル14-3-2
ハイスクル14-3-3
ハイスクル14-3-4
ハイスクル14-4-1
ハイスクル14-4-2
ハイスクル14-4-3

9月1日、開幕。
また出ました、この厚かましい、恋に恋する系の下級生女子。
でも意外とこれが嫌いではない自分がいるのです、不思議なもので。
というわけで今回もその想いを届けるメッセンジャー役に抜擢ですよ、
御駄賃として下着を覗かせて貰いますが、まぁそのくらいは許してくれるでしょう。
髪の色と合わせた様な下着の色が可愛らしくて素敵です。
虎島先輩は話の分かる良い人でしたし、今回は恋心の結果も問われなかったので、
大変スムーズにクエストを完了出来て何よりでございました。
ついでに学校の廊下で東先輩から新しい音楽の発見を依頼されましたが、
手持ちの海から釣り上げたCDを渡したら大喜びで買い取ってくれました。
ツッコミどころは沢山ありますが、手早く完了出来て良かったですね。

ハイスクル14-4-4

ハイスクル14-4-5

表面上の嘘なんてバレバレなんでしょうねぇ、まぁ実際に後から再訪してるわけですし。
弥生先輩が私だけ特別扱いにしてくれる理由は、やはり将来の伴侶と認めたからか。
こんな綺麗でエロい女性に特別扱いして貰えるのは大変気分が良いです。
そして“はかもり”や“はかなぎ”という新しい重要単語を口にする辰神様。
これはいよいよ本気で宇宙人の存在が現実味を帯びてきましたよ、
まぁ爺ちゃんなので痴呆が入っている可能性も否定は出来ませんが、
神様が人間にわざわざ嘘をつく理由なんてないですものね、おっほっほ。
果たしてこの弥生ルートでどこまで島の真実に迫れるか、期待。

ハイスクル14-5-1
ハイスクル14-5-2
ハイスクル14-5-3
ハイスクル14-6-1
ハイスクル14-6-2
ハイスクル14-6-3

王さんから依頼された新たな撮影対象“夢ヶ島裏八景”。
以前と違い、今回は完全ノーヒントという中々の鬼畜っぷりです。
まぁ数ヶ所は心当たりがありますが、8ヶ所にはとても届かない状態。
流石に気が滅入りますね、仕方がないので気力回復にパンツ撮影。
というかある意味、この島の真の観光名所は女子高生のパンツだとか、
そういう事に持ち込んでも意外とイケるんじゃないかと個人的に思うんですが。
やっぱりダメですかね、うーむ、難しい世の中です。

ハイスクル14-7-1
ハイスクル14-7-2
ハイスクル14-8-1ハイスクル14-8-2
ハイスクル14-8-3

9月2日、開幕。
本日も引き続きパンツを狙って校内を徘徊するハンターと化します。
久し振りに風紀委員や家庭科室、美術室の子達もターゲットに、
幅広く校内の女子生徒のパンツを集めて回りました、不審者ゲージ恐るるに足らず。
途中で売店のお姉さんからサブクエストを拝命しましたが、
残念ながらそちらは不首尾に終わって深い悲しみに包まれる結果に。
パンツは追えても下校中の女子生徒を追えないなんて・・・・・・。
男子高校生の嗅覚も落ちたものです、これが病んだ現代社会の影響か。

ハイスクル14-9-1
ハイスクル14-9-2

ハイスクル14-9-3

ハイスクル14-9-4

クエスト達成を諦めて、捜索中に発見した弥生先輩のイベントへ。
厳密には大神3姉弟のイベントですか、子供はやっぱり可愛いですねぇ。
別に貰わなくても、弥生先輩と結婚すれば自動的に義弟になるので、
そういう意味を込めての発言かと思ったらそうでもなかったでござるの巻。
意外と私が子供の扱いに慣れているのも驚きですけどね、
いやまぁ現実の私も子供は好きですが、ここまで見事には出来ません。
自分の子供時代の感覚を思い出しながら相手をしますが、
中々どうして、環境の違いからか思った通りにいかなくて。
保育園の先生とか凄いですよね、尊敬します。

ハイスクル14-10-1
ハイスクル14-10-2

9月3日、開幕。
本日は暇だったので、島を一通り巡って見る事にしました。
例の“裏八景”も4つは見つける事が出来ましたが、残りは皆目見当もつかず。
というか“島のへそ”からあっさりと月島に渡れましたね、驚き。
確かに地下通路の文明レベルを見ると、宇宙人っぽさが更に現実味を帯びて、
そして何故か登れない梯子の存在もあって興味は尽きず。
イベント専用のオブジェクトなのかなぁ、この梯子は。
まぁその内何かの時にお世話になる事もあるでしょう、
取り敢えずこの日はこの程度で探索を終了しました。

ハイスクル14-11-1
ハイスクル14-11-2

9月4日、開幕。
めぐが最近部活に顔を出していないみたいです。
全然気付かなかったですが、家庭の事情だとか何とか。
父親はかなり前に亡くなっていますし、母親を大切にする心は当然のもの。
というかめぐルートを全然こなしていないからか、情報が入るのが遅いですねぇ。
今回は後半全く触れ合う機会もないですし、その辺りの細かい事は2周目以降に。
全キャラを同時攻略とか、イベント数が凄い事になりそうです。
何だかんだで頑張って作られたゲームですよねぇ、本作は。

ハイスクル14-12-1
ハイスクル14-12-2

9月5日、開幕。
何もない素晴らしい1日の終わりに、弥生先輩から突然デートのお誘いが。
相変わらずの口調ですが、素晴らしい1日の締めに素晴らしいサプライズ。
素晴らし過ぎる日となってハッピー。
いぇあ。

ハイスクル14-13-1
ハイスクル14-13-2
ハイスクル14-13-3
ハイスクル14-13-4

ハイスクル14-13-5
ハイスクル14-13-6
ハイスクル14-13-7

ハイスクル14-13-8

ハイスクル14-13-9

ハイスクル14-13-10
ハイスクル14-13-11

9月6日、開幕。
ハイキングというにはかなり傾斜がキツい山を登ります。
流石神社の石段を毎日上り下りしているだけあって、弥生先輩は余裕です。
ただまぁ、美味しい手作りのお菓子を頂いた後、
弥生先輩が足を挫いた事で千載一遇の攻めのチャンスが巡ってきましたけどね。
普段は大人の余裕でこちらを嬲ってくる弥生先輩に、
お姫様抱っこという奇襲を仕掛けて素の表情を引っ張り出す高度な心理戦。
可愛らしい普通の女の子みたいな悲鳴も聴けて、大満足のデートとなりました。
最後の無駄に興奮した状態の弥生先輩もレアものでしたしね。
芝居とかじゃなくて、普通に性根がエロいんだろうな、弥生先輩は。
そう思わせる別れ際のテンションでした。



以上、夏休み明けの私と弥生先輩の仲睦まじい様子をお届けしました。
この辺りになると他のキャラのフラグが折れているのか、
弥生先輩とのイベントばかりが発生している印象ですね。
こちらは楽でいいんですが、部の動きについていけていない気がして・・・。
めぐの休部の件や薫子部長の再開発計画の件、
その辺りを知る為にも2周目以降まで頑張らないとですよ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<夏色ハイスクル★青春白書 14:9月7日~9月15日 | ホームへ | 夏色ハイスクル★青春白書 12:8月22日~8月29日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1438-23533d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)