タイトル画像

夏色ハイスクル★青春白書 3:7月8日

2015.06.05(21:00) 1427

1433320921476.png

初日を終えてもまだまだ基本を理解したとは言い難い本作。
意外と浅い様でいて奥が深いのかもしれません、島もやたら広いですしね。
オープンワールドの名に恥じない広大さですが、正直移動だけで疲れてしまう事もしばしば。
その移動すら楽しめる様になれば一人前のハイスクル生徒と認められるのかしら。
1周目が終わる頃までにはその境地を獲得したいものです。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


ハイスクル2-1
ハイスクル2-1-2

タイトルメニューのギャラリーからは撮影した写真の他に、
どういう条件か分かりませんが作中で登場するNPC図鑑を確認出来ます。
話しかけただけでは登録されないらしく、写真を撮る必要があるのでしょうか。
一部の人間が酷い紹介画像で登録されていて、非常に申し訳ない限りです。
愛しのドS風紀委員、兵藤ゆかりさんとか紫パンツのどアップですよ、
これではまるで兵藤さんが毎日紫パンツ穿いているみたいじゃないですか。

この作品のNPCは日によって下着が変わるみたいな話も聞きましたし、
彼女だって日が変わればもっと別の下着を着用してきているでしょうに、
私が浅はかだったせいで一生紫パンツ風紀委員として世間の晒し者になるわけです。
そう考えるとこのゲームにおけるカメラマンの職責が如何に重いか、
その手腕にどれだけの人間の人生が左右されるか、改めて思い知らされます。

ハイスクル2-2-1

改めまして、2日目、7月8日から今回の記事は再会となります。
この時点では気付いていませんが、1日開始前に表示されるヒロインアイコンは、
当日イベントが用意されているヒロインを示しているみたいですね。
まぁ実際にそのヒロインイベントが見られるかは私次第なのですが、
このゲームはメイン・サブを問わずにイベント発生条件のヒントがほぼ皆無なので、
地道に歩き回らないといけないのが世間的に評価を下げている一因らしいです。
後、走っている時にNPCに接触すると体当たり判定となり、好感度が下がるのも辛い。
急がず慌てず、島の気候の様にのんびりとプレイするのが吉という事です。

ハイスクル2-2-2

今日も女子の太ももが眩しいですね。
NPC毎に判定が違うのか、この程度の撮影では好感度が下がらない子もいれば、
近くでしゃがんだだけで好感度が下がる子もいて中々難しいところ。
パンツが見えるか見えないかで判断されているのかしら、それともやっぱり個人差か。
男子は体当たりしなければそうそう好感度は下がらないので楽なんですけどね、
女子はやっぱりその辺り、自意識が高いです、お蔭でもりもり下がっていーくー。

ハイスクル2-3-1
ハイスクル2-3-3
ハイスクル2-3-4

はい、調子乗りました、すみません。
床に寝っ転がってスカートの中身を撮影するくらい、日常交流の1つに過ぎないのに、
弁解の機会もなく生活指導室へ強制連行ですよ、世知辛い世の中ですね。
ただまぁ、生活指導の先生は話せば分かってくれる紳士でしたので、
粛然と謝罪の言葉を並べ、反省の意と再発防止に努める旨を伝えると、
寧ろこちらの態度に感銘を受けたのか無事に釈放してくれました。
ふ、溢れ出る自分のカリスマ性が恐ろしいですね。
この分だとあと数回は捕まっても大丈夫そうです、実際そう表示も出てますし。
まぁ既にこの時点で初犯じゃないってのがポイントなんですが。
1回目は初日に、録画外で捕まりました、ちくせう。

ハイスクル2-4

保健室の女神、白鳥陽花養護教諭。
わざわざイベント付きで登場するという事は、何らかの重要な役割があるのかしら。
何でしょう、保健室登校とか、仮病サボりとか、カーテン閉めてデート場所にするとか、
保健室でやる事って大体その辺りな気がするんですが、さて。
まぁここは単なる顔見せ、その内何らかのイベントが発生するでしょう。
兎に角今は、ここの場所を覚えて忘れないようにしないと。
まだまだ校内ですら把握しきれていませんから、ワタクシ。

ハイスクル2-6-1
ハイスクル2-6-2
ハイスクル2-6-3

ちなみにスライディングやジャンプ中にカメラを構えると、
周囲の時間の流れが遅くなる(と錯覚する)超感覚モードが発動するのですが、
その練習をしていたらうっかり女子の足元に向かってスライディングをしてしまい、
一気に不審者ゲージを稼いで3回目の指導室行きを命じられました。
健全な男子高校生なら、女子高生の下半身に飛び込むのは本能、
それが犯罪扱いされるとは、人間社会の不可思議さを再考せずにはいられません。
先生もこちらの言い分を全く聞き入れてくれませんしね、
もっと生徒の事を信じて、本当の意味で指導出来る教師はいないのかしらホホホ。

ハイスクル2-5
ハイスクル2-7

今日も今日とて、校内には誘惑が満ち溢れていますねぇ。
ちなみに報道部室内では撮影は禁止らしいです、機密情報保護的な意味かしら。
まぁ転校生の新入部員という立場を利用して、そんなルール無視ですけど。
撮りたい時に撮りたいものを撮る、それがカメラマンという人種の生き様。
めぐや珠希からは死角になっているのに、こちらの動きに気付いたのは流石ですが、
その程度の制止と好感度下降では私を止める事など出来はしません。
弥生先輩がいなくて見やすかったのもありますからね、チャンスは逃さず。

ハイスクル2-8-1
ハイスクル2-8-2
ハイスクル2-8-3
ハイスクル2-8-4
ハイスクル2-8-5

その弥生先輩は部室前にスタンバッて、取材への同行を依頼してきました。
そういえばこの日は報道部4人全員イベントマークついていたのに、
指導室に2回連行されたせいで時間を無駄にして、全然発生させられてませんね。
ぐぬぅ、パンツを追い求めただけなのにこの仕打ち、やはりこの世界は歪んでいます。
で、肝心の弥生先輩の依頼の方ですが、それ自体はものの数分で完了する簡単なもの。
寧ろクエスト中、ずっと右上で点灯している不審者ゲージのせいで、
弥生先輩まで世間から不審者扱いされてやしないかと心配してました。
まぁお世辞にも通常の女子高生らしい人だとは言えませんけどね、弥生先輩。
何を考えているんだか分からない怖さがあります。

ハイスクル2-9-1

ハイスクル2-9-2

弥生先輩の第一印象というか、見た目から判断される印象というのは、
おっとりした大人な女性(肉体的にも精神的にも)といったところか。
残念ながら実際の中身は子供心を良い意味でも悪い意味でも忘れない女の子、
会ってまだ2日目ですが、早くもその一般的なイメ-ジは崩れております。
黙っていれば知的で包容力のある美人でモテそうなのになぁ・・・・・・。
他のモブとかにモテ過ぎても困るんですけどね、恋愛ゲームですし。
皆のアイドルって子よりは誰もその魅力に気付かない子を開発していく方が好み。
このゲームだと・・・・・・誰でしょうねぇ、ヒカルとかでしょうか。
それこそ見た目で判断しているので最低な発言ですが。

ハイスクル2-10-1
ハイスクル2-10-2

ハイスクル2-10-3
ハイスクル2-10-4

夕暮れ時の校門前、黄昏る男子高校生が一人。
アイリタンって、まぁ間違いなくあのアイリタンですよね、青い髪の。
この世界ではホストガール達のトレーディングカードでも発売中なのかしら、
それだったら是非とも魅杏と魔璃のキラカードを追い求める所存なのですが。
で、まぁそれはさておき彼の悩みは失くしたカードの捜索願。
またぞろヒントなしかと思いきや、クエストリストからヒントを確認出来るんですね、
もしかして以前の“黒い財布”もこうやって確認が出来たのでしょうか。
ただまぁ、今回も結果としては時間に間に合わず、失敗してます。

ハイスクル2-11-1
ハイスクル2-11-2
ハイスクル2-11-3
ハイスクル2-11-4
ハイスクル2-11-5
ハイスクル2-12

クエスト失敗で打ち沈んだ心を癒す為に、通りがかったナオミにご協力賜りまして、
その他可愛いウェイトレスのいるカフェや、テラスにいる寛大な姉妹の力添えもあり、
大分気分を持ち直してこの日の捜索を終える事になりました。
骨董品屋にも寄りましたけどね、品揃えが多岐に渡り過ぎていて、逆に買い物しづらい。
店主は店主で少し恍けた感じですし・・・制服みたら夢高生だってすぐわかるでしょうに。
ここにある物の殆どはプレゼント用アイテムなんでしょうねぇ、
まぁ暫くは無くても困らないから、ここは最低限の物だけ試し買いして終了です。



以上、7月8日をお送りしました。
2日で2記事、やはり序盤は色々とチュートリアル含めてイベントが多いので、
亀の様な鈍い進行になるのは致し方ないところか。
次回からはスピードアップして、ガンガン日付を進めていければと思います。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<夏色ハイスクル★青春白書 4:7月9日~7月14日 | ホームへ | 夏色ハイスクル★青春白書 2:7月7日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1427-457fbc95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)