タイトル画像

SAO ロストソング 第10章「神々の黄昏」その2

2015.05.30(21:00) 1420

rs10 (0)

前回に引き続き第10章。
チャプタータイトルは”神々の黄昏”なわけですが、
正直、そんな御大層な名前が付くような大仰なバトルはございません。
というか何を以て”神々”と称しているのか、クリアしてから振り返っても謎。
キリトは一介のプレイヤーとしての立場を貫いているし、
セブンも別に神を目指したわけでもないですしねぇ・・・・・・。
単純にスヴァルトアールヴヘイムの世界観がが北欧神話をモチーフにしていて、
その最終決戦として、このチャプタータイトルなのかと理解するところ。
重箱の隅をつついても仕方ないと分かってても、気になる木。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


rs10-19.jpg

rs10-20.jpg

rs10-21.jpg

rs10-22.jpg

決して負けられない戦いが、そこにはある。
実際強かったです、スメラギ。
前半戦は一瞬で終わったのですが、本気を出してきてからが結構スリリング。
彼のO.S.S.“テュールの隻腕”は威力がかなり高く、確定2発でこちらが沈む程度。
なのでうっかり1撃喰らったら全力飛行で逃げて回復するというチキンプレイをして、
何とか勝つ事が出来ました、O.S.S.さえ喰らわなければ雑魚なのですが。
相手に使われると羨ましいです、O.S.S.。
キリトにもくれ、“スターバースト・ストリーム”も強いんだけれども。

rs10-23 (1)rs10-23 (2)rs10-23 (3)
rs10-23 (4)rs10-23 (5)rs10-23 (6)
rs10-23 (7)rs10-23 (8)rs10-23 (9)
rs10-23 (10)rs10-23 (11)rs10-23 (12)
rs10-23 (13)rs10-23 (14)rs10-23 (15)
rs10-23 (16)rs10-23 (17)rs10-23 (18)
rs10-23 (19)rs10-23 (20)rs10-23 (21)
rs10-23 (22)rs10-23 (23)rs10-23 (24)
rs10-23 (25)rs10-23 (26)rs10-23 (27)
rs10-23 (28)rs10-23 (29)rs10-23 (30)
rs10-23 (31)rs10-23 (32)rs10-23 (33)
rs10-23 (34)rs10-23 (35)rs10-23 (36)
rs10-23 (37)rs10-23 (38)rs10-23 (39)
rs10-23 (40)rs10-23 (41)rs10-23 (42)
rs10-23 (43)rs10-23 (44)rs10-23 (45)

OPにも一部収録されていたスメラギとの一騎打ちムービー。
今回はフルで観賞したわけですが、いやぁ、格好いいの一言です。
これだけ見るとキリトは一太刀も喰らわずにフルボッコにしているので、
思った以上に力の差があったとみるべきなのかなぁ。
それとも単に二刀流と両手持ち武器の手数の差か。
折角だからムービー内でも“テュールの隻腕”使って欲しかったです。
振り向きざまに片手で薙ぎ払ったのがソレかもですが。
このムービーだけでもここまでプレイした価値はある感じ。
というのは流石に過言でも、そう言いたくなるくらいには良かったですよー。

rs10-24.jpg

rs10-25.jpg

rs10-26.jpg

rs10-27.jpg

rs10-28.jpg

rs10-29.jpg

“テュールの隻腕”がセブンに継承されて嫌な予感が増大中。
スメラギ撃破後は引き続きラストダンジョンを突き進み、
セブンが待つ第3層の奥まで仕掛けを解いたり中ボスを蹴散らしたり。
この時点でパーティーのレベルは460~470程度。
これが高いんだか低いんだか分かりませんが、
少なくとも攻略出来ている以上、低過ぎるという事はないのでしょう。
例え足りなくても気合いでカバー出来るのがアクションRPGの良いところ。
この場合の“気合い”とはプレイヤースキルじゃなくて回復アイテムね。

rs10-30.jpg

rs10-31.jpg

rs10-32.jpg

rs10-33.jpg

rs10-34.jpg

rs10-35.jpg

1枚目のスチルの、セブンのラスボス感が良い雰囲気でお気に入り。
そしてレインが平手打ちかました時のセブンの無表情が怖いです。
これだから女性同士の喧嘩って見ていてハラハラするんですよねぇ。
あのレインがここまで暴言交じりに非難するのも珍しければ、
子供みたいな言い分で駄々をこねるセブンの姿も中々にレア。
キリトは完全に蚊帳の外で、姉妹で勝手に盛り上がるまま、戦闘に突入です。
いや、蚊帳の外であるべきなんですよ、本当は。

rs10-36.jpg

rs10-37.jpg

rs10-38.jpg

rs10-39.jpg

戦闘自体は特に何も困らないというか、
“テュールの隻腕”を始めとしたO.S.S.の数々は何処へ消えたのか、
全く使われることもなく人型状態は瞬殺といっていい程あっさりと。
O.S.S.を受け継いだだけで何故レベルが上がっているのかも謎ですが、
600近いレベルがある癖に何故ここまで弱いのかってのもかなり謎。
変身後は流石にそこそこ強かったですけどね、というか攻撃避けづらくて。
あっちこっち移動するので追いかけっこに苦労するラスボス戦でした。
最後の最後までスタイリッシュな飛行術は身に付かなかったし・・・・・・。

rs10-40.jpg

rs10-41.jpg

rs10-42.jpg

rs10-43.jpg

あの状態に変身した事も不可思議なら、あそこから元のアバターに戻れたのも奇跡。
総じてツッコミどころに困らないラスボス関係の流れなのですが、
兎に角ハッピーエンドの姉妹仲直りで幕を閉じました。
まだ姉妹だってレインは暴露してませんけどね、それはまだ先のお話。
取り敢えずは変な意地を張っていたセブンを殴り飛ばして、
等身大の子供に戻せたってだけで十分なのですよ、ここでは。
キリトもそんな二人の様子を満足そうに見つめながら、エンドロール開始。

rs10-44.jpg

以上、第10章の後編をお送りしました。
最後のこのスチルが描き下ろしなのか、使い回しなのか分かりませんが、
流石に使い回しでしょうねぇ、セブンもレインもいない時点で。
描き下ろしをもう1枚くらい頑張って頂けなかったのか、少し残念です。
まぁ勿論その程度の事、考えないわけはないので大人の事情なんだと推察。
兎も角、まだ次の11章がありますが、メインストーリーはほぼ今回で完了です。
長いですけどね、まだまだここからも。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<SAO ロストソング 第11章「二人の歌姫」その1 | ホームへ | SAO ロストソング 第10章「神々の黄昏」その1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1420-c86a890f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)