タイトル画像

SAO ロストソング 第9章「裏世界へ」その3

2015.05.28(21:00) 1418

rs9-1.jpg

あんまり3つに分ける必要、無かったですかね第9章。
画像枚数が多かったのと、結合後も縦長な画像が多かった事もあって、
2つに分ける程度じゃ見づらいかなぁと心配した結果だったのですが、うーむ。
適切な情報量というものがどの程度なのか、未だに判断が付きません。
もうブログ始めて3年半経過しているんですけどね、まだまだ未熟者。
それぞれのキャラクターエピソードが終章を迎える中、
どうしても画像枚数が多くなってしまうんですよね、1つのイベント当たりの。
まぁこれも著者の判断という事で、流していただければと思います。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


rs9-31_20150527193401de4.jpg
rs9-32.jpg
rs9-33.jpg

3つに分けた、その3つ目でようやく攻略が開始するという不思議。
どんだけキャラクターエピソードが全体の中で割合大きいか分かろうというものです。
取り敢えずは恒例の新エリア一周飛行の旅をこなし、
でも今回は一旦作戦会議に戻る事もなくダンジョン攻略にそのまま移行。
この裏世界のダンジョンはやたらとワープ装置推しなダンジョンばかりなんですよね。
別に深い意味はないんですけど、一言で言うとそんな感じ。
後は何となくユウキの台詞が多い気がします、以上。

rs9-34.jpg
rs9-35.jpg
rs9-36.jpg

ダンジョン攻略を切り上げて街に戻ると、かなり珍しい娘達との憩いの時間。
ユイとストレアは同じナビゲーションピクシーなのですが、
この2人だけが揃っているというのは意外と珍しい光景。
こうして遠慮なく抱き付けたりするところも似た者同士ですね、
父娘仲は円満なご様子で何よりです、アスなんとかさんに見つかったら死刑とはいえ。
ていうかやっぱりユイは、「SAO」時代みたいな少女サイズにはなれないのかしら。
ストレアとは同系とはいえ違った成り立ちではあるし、同じようには出来ないのかなぁ。
またああいう父娘の触れあい光景も見てみたい気があります。

rs9-37.jpg

セブンにアイドルとしての勢いがあり過ぎて、
本人や、その周囲の与り知らぬところでウゼェ信者化しているファンの皆様が発生中。
こんな理不尽溢れるヤツらを相手に全く苛立つ様子すら感じさせないキリトは大人過ぎ。
でも似たようなトラブルは実際のMMORPGでも発生しますからね、
ネット世界って自分の精神年齢が如実に出てしまうので、気を付けないとすぐ揉めます。
ここでのキリトみたいな対応と考え方は、理屈では分かっていても中々出来ないもの。
皆さんもどうぞお気を付けて今後のオンライン生活をお楽しみくださいませ。

rs9-38.jpg
rs9-39.jpg
rs9-40.jpg

何でしょう、色々とツッコミたい気持ちで一杯なんですが。
セブンってあくまでも「ALO」では一介のプレイヤーな筈なのに、
何故こんな大々的なライブイベントが開けるのでしょうかねぇ・・・・・・。
開催場所についてもツッコミたい気持ちもあるんですが、それよりも先に設備が異常。
この三面に配置された超巨大スクリーンなんて、運営が協力していないと無理ですよね。
演出のライトとかはギルドメンバーが魔法でそれっぽく見せているのかなぁ。
下着の製作や着替えも可能な世界なので、設備関係の自由度も高そうですが、
流石にこんなライブステージとかを製作は・・・・・・どうなんでしょうねぇ。

rs9-41.jpg

キリトが懸念していた”洗脳”とまでは言いませんが、
個人的には無意識的な志向誘導くらいはしているのかと思っていたセブンのライブ。
以前口にしていた”クラウド・ブレイン”という単語もそれっぽいし、
プログラムの組み方によってはそういう事も十分可能に思えますから。
並行世界扱いになっているんでしょうけど、どこぞの妖精王(笑)も、
確か似たような研究・実験を「ALO」の裏側でしていましたものね。
例えそうだとしてもセブンの場合は純粋な研究心からでしょうから、
キリトも真っ向から斬って捨てる事はないと思えますけれども、
協力する事も絶対にありえませんし、セブンがラスボスになるとしたらそんな流れか。

rs9-42.jpg
rs9-43.jpg
rs9-44.jpg

レベルが上がると本当に戦闘が楽になりますねぇ。
与ダメージが明らかに変わってくるので、こちらの精神衛生上も非常に楽。
レベル上げしていない段階だと、ボスのHPゲージを1本減らすのも大変でしたから。
それが今では二刀流奥義2~3回で1本減らせたりして、サクサク削れます。
というわけで特に盛り上がりもなく、4つのダンジョンを巡ってスイッチを起動し、
フィールドボスを弱体化してボコって終了。
裏世界の攻略があっさりと終わってしまいました。

rs9-45.jpg

まぁ、あくまでクリアしたのは裏世界のフィールド部分であって、
ボスを倒した後に開いたゲートから入れるダンジョンが真のラストダンジョン。
程よい緊張感と、程よい脱力感を漂わせながら、
全員一丸となってスヴァルトアールヴヘイムの完全攻略を目指してゴー。
ともすれば暗い雰囲気になりがちな中で、クラインのありがたみも改めて感じます。
道化師としてのありがたみですけどね、でも誰でも出来るものでもないですし。
それも1つの才能。



以上、第9章の後編をお送りしました。
残すはラストダンジョン、その先にあるラスボス戦となりました。
現在ではその後に大型アップデートでの追加シナリオや超巨大ボスが待ち構えていますが、
本編としては次章が最後、その後に裏ボスとの戦いが1章あり、
やはり記事終了までまだ5記事くらいはかかりますね、少なくとも。
画像が見づらい編集で申し訳ありませんが、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<SAO ロストソング 第10章「神々の黄昏」その1 | ホームへ | SAO ロストソング 第9章「裏世界へ」その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1418-f3b72342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)