タイトル画像

SAO ロストソング 第8章「交錯する想い」その1

2015.05.24(21:00) 1414

rs8 (0)

レインとセブン、2人のヒロインの物語が重なり始める第8章。
ここからはレベル上げという、これまでの苦戦に対する根本的なテコ入れを開始します。
とはいっても地道な作業も何もないんですけどね、喜ぶべきは飛行可能なシステム。
レベルさえどうにかなれば、後は物語を只管進めるだけです。
本作は基本的にイベント見逃しが無いし、
分量はあれどもイベントの絶対数自体は多くない事が幸いしていると言えるかな。
残り3分の1、出発進行。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


rs8-2.jpg

今日も細々とイベントの合間に冒険の準備を整えます。
レベルも足りていなければ装備もロクなものがないし、スキル熟練度も不足気味。
でもこれでもどうにか切り抜けられる程度の難易度なんですよねぇ。
アクション要素がそれ程あるとも思えませんので、単純にキリトが強いのかしら。
とはいえ、流石にボス戦の度に仲間が2人共死亡している状況は心が虚しいので、
これまでも繰り返し言っている通り、レベル上げを今回は頑張ります。

rs8-3.jpg
rs8-4.jpg
rs8-5.jpg
rs8-6.jpg

各ヒロインのエピソードは基本的にそのヒロインと2人きりで攻略。
特に戦闘が発生するクエストに挑む場合、別に3人でも良い気がするんですが、
やっぱりキリトと2人っきりという状況が大事なんでしょうかね、ヒロイン的にも。
というわけでシノンと2人っきりで北欧神話のメインストーリーに触れるイベントへ。
全然ヴァルキリーと出会ったりしないですが、いつの間にやらエインフェリア認定貰って、
勝手にラグナロク参戦の切符を押し付けられていて困惑。
北欧神話好きなシノンが大変楽しそうなのでいいんですけどね、顔には出なくても。
ここはあくまで前哨戦。

rs8-7.jpg
rs8-9.jpg

件のレベル上げをようやく。
ネットで紹介されていたやり方は所謂放置プレイによる経験値稼ぎ、
地上歩行の敵だけがいる場所に陣取って、操作キャラを敵の届かない空中に滞空させ、
後は放置で仲間2人が勝手に敵を倒してくれるのを待ち続けるという簡単クッキング。
開始前、キリトパーティーのレベルは大体200前後。
それが夜、寝ている間に放置していた結果、気が付けばそれぞれ350前後に上昇していました。
放置プレー様々ですね、残念なら放置していたキリト自身の武器熟練度は上がってませんんが。
今後も夜寝る時はこの方法でレベル上げに励んで、少しでも戦闘を楽にしないと。
あ、それとは別に前回高度制限を解除したお蔭で、凄い超高度まで飛び回れるようになってます。
遙か高みから足下の地上を見下ろすと爽快ですよー。

rs8-10.jpg
rs8-11.jpg

この流れだとレインは間違いなくセブンに何か関係がある人間なんでしょう。
まぁ脱走娘は全然レインの素性に心当たりがないといっているので、
単純にアイドル志望の、メイドカフェで働いている女子高生が、
アイドルとして成功しているセブンに嫉妬して嫌がらせしようとした説も無きにしも非ず。
ちなみにここで路上ライブしているメイドさんがレインなのはバレバレなのですが、
歌っている歌はこのゲームの主題歌だったりします。
という事はこのゲームのヒロインはレインって解釈で宜しいのかしらね。
現実世界でもレインの声は可愛いですし。

rs8-12.jpg

高度制限解除により、現在攻略中のフロスヒルデのみならず、
これまで攻略してきた他2つのフィールドにも、探索可能になったダンジョンが2つずつ。
合計6つの、その新しく解放されたダンジョンからそれぞれオーブを入手して、
それが次なるダンジョンの封印を解く鍵になる、非常にRPGらしい面倒くさい展開。
一応それぞれにオーブを守護するボスが配置されていましたが、
レベル上げをした成果か、単に元々敵が弱かったか、苦もなく駆け抜ける事が出来ました。
このくらいで丁度いいです、物語を楽しむ分には。

rs8-13.jpg
rs8-14.jpg

ここからシリカの長いヒロインエピソードが開幕。
だから難易度高い場所でレベル上げするならキリトだけじゃなくて、他の人も誘えと。
ここはボスも結構歯ごたえがあって、ついでにシリカのレベルが低い事もあって、
戦闘にそれなりの時間がかかった記憶があります。
主力で使うヒロイン以外もレベル上げしておかないと、こういう時に困るのか。
放置レベル上げがあるので時間さえあれば勝手に上がるのですが、
如何せんキャラが多過ぎて全員最低限上げるだけでもかなりの時間が・・・・・・。

rs8-15.jpg
rs8-16.jpg

困った時のアルゴ先生。
アルゴの距離感っていいですよねぇ、決して深くは接触してこないけれども、
いつでもこちらを見ている感じの親しみやすさも兼ね備えていて。
個人的にはもう少し、他のヒロインと同程度にはキリトと絡んで欲しいんですが。
残念ながら以前、子犬騒動で2人っきりの冒険をしたのを最初で最後に、
アルゴのヒロインエピソードは今後一切発生致しません。
サクヤやルーもイベント少ないですしね、やはりヒロインの数が多過ぎるんじゃ・・・・・・。

rs8-17.jpg
rs8-18.jpg
rs8-19.jpg
rs8-20.jpg

ピナの呪いを解除するには、全ての状態異常を治す黄金のリンゴが必要。
しかしそれを手に入れるには攫われた女性を助け出さないといけない。
これまたRPGらしい、見事なテンプレ展開ですね。
ボスも安定の2段構えで、スカルミリョーネみたいな華麗な蘇りを見せています。
でもどちらかというと変身前の方が強かった印象。
敵のタイプとこちらのプレイスタイルの相性なんでしょうけどね。

rs8-21.jpg
rs8-22.jpg
rs8-23.jpg

思い出の花、再び。
一連のシリカのイベントの後日談的な位置づけで、
ちょっとしたトラブルからまったり野原デートに発展します。
シリカとキリトの間には相変わらず温度差というか認識の差がありますが、
その差が埋まると色々と問題なので、いつも通りにヒロインが勝手に納得して終了。
思えばハーレム展開って男性側も女性側も辛いところですよね。
そりゃ意識的にか無意識的にかは兎も角「え、なんだって?」って言いたくもなります。
ともあれ本作におけるシリカのエピソードはこれで終了。



以上、第8章の前編をお送りしました。
レベル上げを開始した成果で戦闘方面は大分楽になり、進行速度は改善の兆し。
この後、ちょこちょこレベル上げは継続して500程度まで上げてます。
上がれば上がるほど、当然効率も落ちていくんですが、言うて放置してるだけですからね。
ついでに他のヒロインも何人かレベル上げに参加させて、柔軟な対応体制を整えました。
レイン、ユウキ、サクヤ、ルー、シノン辺りは上げたかな。
多過ぎるので全員は無理です、ごめんよクライン。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<SAO ロストソング 第8章「交錯する想い」その2 | ホームへ | SAO ロストソング 第7章「嘘」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1414-2f94aa4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)