タイトル画像

SAO ロストソング 第5章「光と闇のパラドックス」その2

2015.05.20(21:00) 1410

rs5-1.jpg

本作の物語は全部で11章。
最後の11章は裏ボス戦のみみたいな立ち位置なので、実質全10章みたいなもの。
というわけでこの辺りがそろそろ折り返し地点になるわけですよ。
まだまだ全然攻略も物語も進んだ気がしませんが、現実は現実。
フィールドも全部で4個ある中、これで2つクリアした様なものですし、
綺麗に半分、ちゃんと考えられているんですねぇ、プレイ途中では感じなくとも。
というわけで後半戦も宜しくお願いします。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


rs5-20.jpg
rs5-21.jpg

ここから暫くはレインの顔合わせシリーズ。
それにしても、キリト達がダンジョンに出かける度にストーキングしているんですね、
ここまで行くと冗談抜きで本気のストーカーです、被害者公認とはいえ怖い。
まずはキリトがソロでレインのストーカー癖を確認した後、
ダンジョン内で、フィールド上で各キャラとのマッチングが順番に。
ここではクラインですね、相変わらず女性への声掛けにブレがなく、
流石のレインも露骨にドン引きしています、それでもめげないのがクラインですが。
レインの声が妙に胸に響くというのは以前に言いましたが、
キャラ自身も表情の微妙さ加減とかが素敵で好きですよ。

rs5-22.jpg
rs5-23.jpg

次のダンジョンへの移動中、フィールド上でシノンとの会話イベントが発生。
逐一紹介する事が難しくてこれまでは記事から外していましたが、
こういった会話が結構な数、用意されているみたいです。
パーティー構成によっても変わるんでしょうね、
他愛もない話が多いですが、聞いておいて損はない内容ばかり。
シノンはテイムモンスターを使用しないのに何故ケットシーを選んだか、
その理由って疑問だったのが解消されてスッキリ。
その後のレインとの顔合わせも滞りなく終わりました。

rs5-24.jpg

珍しくお使いイベントちっくにあっちこっち移動させられて、ダンジョン攻略。
ここではストレア&ユイのコンビがレインとの顔合わせを果たしていますが、
2人とキリトの関係を上手い事説明出来なくて困ったり。
ユイが娘なのは、まぁいいのかな、それはそれでロリコン疑惑が付随しますが。
で、ナビゲーションピクシー繋がりでユイとストレアが姉妹なのも、まぁ。
となると三段論法的にストレアはキリトの娘になってしまうんですが、
どう見たって色々と無理がありますよね、嘘はついていないというのに。
まぁキリトハーレムが色々なヒロインの集まりだっていう事だけは分かるから、
これはこれで全く意味がないわけでもないってところがミソ。

rs5-25.jpg
rs5-26.jpg
rs5-27.jpg

単に相手と通話が出来るだけならまだしも、相手の部屋を覗けるって凄い。
まぁ結局は受信側が了承しないと繋がらないので、
気になるあのコの私生活を覗き見るという思春期な願いを叶えるには能わず、
単なる通話魔法ってだけなんですが、ゲーム内では便利なんでしょうね。
そういえば「SAO」も「ALO」も音声コミュニケーションばかりで、
メールはあれどもチャットの存在が無さげでしたが、その辺りどうだったのか。
ギルドチャットは流石にあったんですよね、”血盟騎士団”とか個別連絡無理だし。
まぁそれはそれとして、ルーとサクヤは相変わらず仲が宜しい事で。
元々友達だったのか、領主同士で親交が始まったのかは謎ですが、
”領主”って立場も中々ストレス溜まるんだろうなぁと慮ってみたり。

rs5-28.jpg

こちらではフィリアですね、これでもまだまだ顔合わせは折り返し地点にも届かず。
改めてヒロインの数が増えた事を実感させられます、男女比率も偏る一方。
で、フィリアとの顔合わせの様子ですが、割とすんなり仲良くなれそうな気配。
お互いゲームオリジナルの新参者同士、シンパシーがあるのかもですね。
それにしてもフィリアは”ホロウエリア”から解放されて以来、性格が変わったこと。
初邂逅時はかなーりツンツンしてましたが、今では笑顔がデフォルトのキャラに。
やはり女の子は笑顔でこそ、なので大変喜ばしい変化ではあるのですが、
以前のツンツンキャラも気に入っていただけに悩ましくもあります。

rs5-29.jpg
rs5-30.jpg
rs5-31.jpg

どうやらフィールドボスは毎回空中戦で固定らしいです、やめてくれ。
今回は岩で頑張ってジオングみたいなものを作ってみました的な、
空飛ぶゴーレムみたいな代物が出張ってきました。
で、最初のフィールドボスでも大分苦労させられましたが、ここでもやはり大苦戦。
兎に角仲間が死ぬし、攻撃力は不足しているし、相手の攻撃面倒くさいし。
気が付けば再びゲームオーバーという憂き目にあわされてましたよ、ちくせう。
普段のダンジョン攻略では全然感じませんが、やはりレベル足りてないんですかねぇ。

rs5-32.jpg
rs5-33.jpg
rs5-34.jpg
rs5-35.jpg

リベンジ戦でもやっぱり仲間は2人とも死んでます。
キリト1人で被ダメージを抑えながら地道に削って勝ちました。
こんなところで作業感を感じるとは、予想外に恐ろしいゲームです。
やっぱり私の戦い方とか進め方に問題があるのかしら、不安で一杯。
ともあれ倒したことは倒したので無事に第3のフィールドが解放、
ストレアがアスなんとかさんを抱き枕に喜ぶ中、
来たるべき新たな戦いの幕開けに皆で気を引き締めています。
繰り返しになりますが、ここが丁度折り返し地点。



以上、第2のフィールドボス撃破までをお送りしました。
またしてもフィールドボスでゲームオーバーに追いやられましたね、
決して勝てないわけではないですが、あくまで泥臭い地道戦法の結果であり、
スマートな勝ち方からは程遠いのが口惜しさを残します。
元々、そういう仕様なのかもしれませんけどね、でも多分レベルも足りてない。
レベル上げか・・・・・正直やりたくなければやる気もなっしんぐ。
何だかんだでこのままいくんでしょうね、私は。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<SAO ロストソング 第6章「三刃騎士団との攻防」その1 | ホームへ | SAO ロストソング 第5章「光と闇のパラドックス」その1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1410-36eec502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)