タイトル画像

SAO ロストソング 第5章「光と闇のパラドックス」その1

2015.05.19(21:00) 1409

rs5-1.jpg

サラッと昨日から再開していますが、こういうのって良くないですよね。
分かってる、分かってるんだけど自分を甘やかしてしまって、
ついついブログ更新が安定させられないんです、最近。
最早毎日更新(笑)の限界なんてとっくの昔に越えていたんでしょうが、
それでも何故か拘ってしまうんですよねぇ、表面上取り繕っているに過ぎませんが。
とか何とか、こんな言い訳泣き言もこれまで何回言いましたっけね。
まぁいつもの事です、私は元気です。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


rs5-2.jpg
rs5-3.jpg

リーファも可愛いんですけどね、やはり直葉の姿の方が素敵。
胸の存在感も相変わらずですしね、身体のラインがくっきり見えなくても分かります。
で、テレビのニュースではセブンのリアルの姿が映っているわけですが、
これまたゲーム内アバターを瓜二つですね、髪の色が少し違うくらいで。
キリト達もそうですが、余程ゲーム内でのキャラクリエイトが細かく再現出来るんでしょう。
当然自撮り画像を取り込んでいると思いますし。
その後ログインして、皆にレインの存在を知らせますが、
実際にそれぞれのメンバーが彼女と顔を合わせるのはもう少し先の話。
まだ仲間ってわけじゃないですしね。

rs5-4.jpg
rs5-5.jpg
rs5-6.jpg

さて、章が変わったのでまたキャラクターエピソードのお時間です。
キリト1人を連れていくのはご法度ですが、自分と2人なら大丈夫。
という事で直葉を連れて元・邪神の女神の歓待を受けるキリト少年。
その途中でやっぱり女神がキリトを誘拐しようと画策しますが、
正義の従妹によって、その企ては再び頓挫。
挙句にはその従妹が先んじてキリトを拉致って夜空を駆け上がり、
いままでの作品と少し形を変えた”フェアリィ・ダンス”のお披露目会が始まります。
テンプレですけども、やっぱりこの従兄妹のキャラエピはこうでないとね。

rs5-7.jpg

続いてはそんな仲の良すぎる従兄妹の仲を疑ったフィリアが探りを入れて、
うっかり真相を引き出してしまうという妙な流れのイベント。
そういえばこの事実を知っている人間って、仲間内だと誰になるんですっけ。
新参のフィリアやユウキ、レインが知らないのは当然として、
シノンやリズ、シリカ辺りは知ってるんだったかな、どうだったかな。
まぁ実の兄妹だろうが従兄妹だろうが、何が変わるってわけでもないんですがね。
結婚出来るかどうか程度の違い。
この場合は出来るわけですから、何の問題もなーい。

rs5-8.jpg

ピクシー姿のストレアのドレス、可愛いですね。
ユイは元々の素材からして可愛さが尽きないユルドの泉でしたが、
ストレアは結構高身長で大剣振り回しているイメージがあるので、
こうして手乗りサイズになるとギャップも相まって中々にキュート。
ちっちゃくなっても思考回路に変化はありませんけどね、
寧ろ身体が小さくなったことで小回りが利くようになり、悪戯の幅も増幅。
小さくなった女の子に衣服の中を占拠される男性の気分とは如何なるものやら。
是非とも下半身への侵攻も頑張って頂きたかったです。

rs5-9.jpg
rs5-10.jpg
rs5-11.jpg

定番の温泉イベント、意外だったのはこの組み合わせ。
思えばヒロイン同士の絡みって、どうなっているのか全然知らないんですよね。
アスなんとかさんとリズが親友なのは知ってますし、シリカも割と広く仲良し、
シノンはアスなんとかさんに”しののん”と呼ばれるくらいだし、仲良しは確定。
でもそれ以外になると途端にあやふやなんですよねぇ。
フィリアなんて、リズとこうやって2人で出かけるくらい仲良いとは思わなかったです。
勿論フィリアだって「SAO」組なので、仲間内で打ち解けてはいるでしょうが。
というわけで流石にバスタオルは着用ですが、サービスサービス。
悪戯に過剰反応してキリトに不幸が訪れていますが、
そもそも可愛い女の子2人と温泉デートしている時点で幸福数値は大幅プラス判定。
このくらいの不幸はあって然るべきなのですよ、それが世界の調整機能。

rs5-12.jpg
rs5-13.jpg

第2回目となる”お祭りイベント”はシノン・リーファ・ユイの3名。
このラインナップなら当然こういう順番になるのはやむを得ませんね。
というわけでトップバッターは最近やたらと存在感のある従妹・リーファ。
自己評価が低過ぎるところも可愛いなぁと思うところですが、
最終的に帰結する先はやはり、おっぱい。
ここまで再現度高いなら浴衣はノーブラなんですよね、きっと。
鞘に収まっていない魔剣の威力が想像を絶する様に、
この時のリーファのおっぱいの破壊力も言葉に尽くせぬレベルだったでしょう。
ラノベの主人公ってずるい。

rs5-14.jpg
rs5-15.jpg
rs5-16.jpg

シノンの距離感って素敵ですよね。
キリトに勿論好感は持っているけども、それをシリカみたいに表に出すわけでもなく、
リズみたいに心の中に押し込めた感情が滲み出てくるわけでもなく、
いつも通り淡々とした態度を貫いて、本当に時たま可愛らしい女の子の姿を見せる。
多分に中の人の演技の影響もあるのでしょうが、それが妙に魅力的なんですよね。
シノンが本当にキリトへの想いを前面に出して行動を始めたら誰も敵いそうにない、
そんな怖さすら感じてしまいます、その反面、本当に恋した時の笑顔は最高でしょうが。
世間的にもシノンって人気なのですよね、日本人はドMが多いから。

rs5-17.jpg
rs5-18.jpg
rs5-19.jpg

第1回目のラストが正妻だったので、第2回目のラストは愛娘。
本当にこの娘は何をやらせても可愛いですね、キリトじゃなくても親馬鹿になります。
リンゴ飴も金魚すくいも、これならいくらでも買ってあげたくなりますわな。
これは年齢性別を問わない、心の奥底から純粋に湧き上がってくる想い。
ヒロインはこれからもキリトの周りにどんどん集まってくるのでしょうが、
ユイはその中でも別次元の存在感を、今後も保っていくでしょう。
いつかパパと結婚したいと言い出すんでしょうかね、楽しみです。



以上、第5章の前半部分をお送りしました。
例の如くキャラクターエピソードで埋まりましたが、これは仕様なので私は悪くない。
”お祭りイベント”が発生するとどうしても画像が縦長になって申し訳ないですが、
それもある意味では仕様なので私は悪くありませんのでご容赦を。
そんな感じで引き続き記事を続けてまいりますので、ご了承の程を。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<SAO ロストソング 第5章「光と闇のパラドックス」その2 | ホームへ | SAO ロストソング 第4章「影纏う、赤毛の少女」その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1409-37f6893e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)