タイトル画像

GOD EATER BURST 11:難易度6(後編)

2015.05.07(21:00) 1400

geb1 (62)

「GOD EATER」って成人向けの薄い本ってあんまりないですよね。
一般向けの薄い本がどれだけあるかは調べようがありませんが、
女性プレイヤーもそれなりにいるし、少なくはないんじゃないかと。
中古屋さんで通販するのもアリですが、今度東京に行った時にでも、
お店にいってガサゴソ漁ってこようかと思います。
ジャンル知り始めの頃は質より量ですからね、大量に仕入れてきまっせ。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


geb11-1-1.jpg
geb11-1-2.jpg

正式にサクヤとアリサは支部長に反旗を翻し、
アナグラに残る全ての神機使いは”アーク計画”への参加の是非を問われ。
コウタは家族の為に”アーク計画”への参加を表明。
裏でこそこそせずに、私の前で即決したのは好評価です。
ソーマも珍しくそんなコウタに理解を示す言動を取っていますしね。
私にも支部長からお誘いの来たわけですが、
支部長も支部長で下手な取り繕いの言葉をせずに胸襟を開いている点は評価。
だからといって計画に賛同なんて出来ませんけどね、ルート分岐もありませんし。

geb11-2-1.jpg
geb11-2-2.jpg
geb11-2-3.jpg
geb11-2-4.jpg

遂にサカキ博士までシオの部屋に引き篭もり始めたのかしら。
コウタ少年は一人、仲間への裏切りと引き換えに得た幸福に複雑な思いを抱き、
その間も仲間達はシオと”アーク計画”の間で自分の為すべき事を見つめます。
とか何とか、それっぽい格好良い言葉で修飾してみますが、
要するにいつも通りの博士のお使い任務ってだけです。
それも倉庫に素材があるのですぐに終わらせて、再び通常任務を頑張ります。
ここまで来ると最早ヴァジュラも組し易い雑魚敵扱い。
マータやピターに比べれば組し易い気がしますが、多分気のせいなのかしら。

geb11-3-1.jpg
geb11-3-2.jpg

サカキ博士もシオに対してはデレまくりなソーマの事を茶化しだしました。
というわけでシオの抑制に必要な素材を渡してから、
次にシオに与える新しい素材を狩りに任務に赴く恒例の流れ。
ピターとハカンコンゴウという面倒くさい2頭討伐任務ですね、
以前と同様、同時ではなくて1匹ずつなのでまだ楽といえば楽。
両者とも、攻撃属性は雷だし弱点は神属性なので、
一貫性があって装備を選ぶ段階で迷わないでいいのは良い点。
でもまぁ、面倒くさいから結局はいつもの汎用装備なんですけどねー。

geb11-3-3.jpg
geb11-3-4.jpg
geb11-3-5.jpg
geb11-3-6.jpg
geb11-4-1.jpg

地球って食べられるんですね、実際のところ味はどうなんでしょうか。
美味しかったら遠慮なく食べてそうですね、シオの場合。
さて、ここでシオの存在が遂に支部長にバレて事態が急展開。
ソーマや私が守る場所からどうやって連れだしたのやら。
子飼いの神機使いに襲撃させたんですかねぇ、人類同士で何やってんだか。
アリサやサクヤもこのタイミングで戻ってきて、
消えたサカキ博士とシオ、そして支部長がいるであろうエイジス島を目指し、
第一班が勢揃い、局面は遂に最終決戦へと進みます。

geb11-4-2.jpg
geb11-4-3.jpg
geb11-4-4.jpg

決戦の地、エイジス島。
シオは既にコアを取り込まれ、抜け殻となって打ち捨てられ。
ソーマとの最後のお別れの時間を与えたのは支部長の優しさですかね、
その間、支部長自身はサカキ博士との論争に明け暮れています。
結局シオのコアが摘出されてしまった以上、最早戦う以外に道はないのですが。
にしても自身がアラガミと同化するとは、支部長の覚悟も流石の一言。
彼も彼で譲れない思いがある事がよく分かります。

geb11-5-1.jpg

男神と女神、2体で1体のアラガミ、アルダノーヴァ。
「GOD EATER」のラスボスという位置づけの、この特殊アラガミは、
その立場に恥じない強さを備えた難敵となっております。
単純にこれまで類似例のない敵で行動パターンが未知数だから、
被弾が増えてやられることが多いというだけかもしれませんが、
攻撃力や攻撃範囲が強い事に変わりはなし。
基本的には女神の方が積極的に行動し、それに男神が付随する格好ですが、
これが上手い事連携を取っていて攻撃への反応が遅れてしまいます。
慣れてきた後半はそれなりに動けるようにはなりましたが、
そこに辿り着くまでに2回くらい地面を舐めさせられましたから、許しがたい。

geb11-6-1.jpg
geb11-6-2.jpg
geb11-6-3.jpg
geb11-6-4.jpg

人としての心を持ったことで、サカキ博士が予想もしなかった行動を取るシオ。
彼女の頑張りでアルダノーヴァは世界を滅ぼす前に月へと去り、
長かったフェンリル極東支部の戦い、まぁ実際には内乱みたいなものですが、
その終了と共に”エイジス計画”と”アーク計画”、2つの人類救済計画は潰え、
そしてサカキ博士が提唱する”人類とアラガミの共生”もまた白紙へと戻りました。
というわけでまだまだこれからも”ゴッドイーター”達の戦いは続きますよ。
神機使い先生の次回作にご期待ください。



以上、「GOD EATER」エンディングまでをお送りしました。
シオが最後に格好いいところを見せて、ギリギリでバッドエンドを回避完了。
いつの間にかソーマが主人公ポジションみたいに映ってますが、
うん、彼が一番シオの影響で変わったでしょうね実際。
私がいなければ主人公を張れるくらいまで成長しました、私がいるからダメですけど。
「GOD EATER BURST」でも彼ら彼女らの活躍をお楽しみください。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<GOD EATER BURST 12:難易度7 | ホームへ | GOD EATER BURST 10:難易度6(前編)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1400-3ed0d64a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)