タイトル画像

GOD EATER BURST 9:難易度5(後編)

2015.05.05(21:00) 1398

geb1 (62)

共に戦う部隊のメンバーとして、
男性はコウタ・ソーマ・リンドウの3人、女性もアリサ・シオ・サクヤの3人。
ちゃんとその辺りの男女比は、プレイヤーに配慮して均等に調整されていますね。
「GOD EATER」シリーズは女性も結構遊んでいるタイトルですし。
今更始めて、「2RB」に辿り着く頃には6月になってるんですかねぇ。
その頃、果たしてオンライン人口がどのくらいいるのやら。
折角だから一度はオンラインCO-OPを楽しんでみたいものです、
もしもプレイされている方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


geb9-1-1.jpg
geb9-1-2.jpg
geb9-1-3.jpg
geb9-1-4.jpg

シオの食料不足は皆の命の危険に関わらなくもないので、
割と真剣な任務の筈ですが緊張感がイマイチ保たれませんねぇ。
というわけで渋るソーマを引き連れてのデートです。
単なるゲストキャラかと思いきや、シオもちゃんと戦えるという。
しかも野生の戦い方ではなく、きちんと神機を使用してのエレガントな戦闘。
一体いつそんな戦い方を覚えたのでしょう、コウタやソーマの見様見真似かしら。

普通に考えたらアラガミが神機と適合するとも思えませんし、
自分の身体の一部を神機秋っぽく形態変化させてるのかな、器用なものです。
あ、でも偏食因子を生まれつき持つソーマも適合してるから、
アラガミのシオが適合者となっても、そこまで不思議でもないのかしらねぇ。
シオがソーマを気にするのも、偏食因子を持ってるが故なのかしら。
あ、そうそう、ここのシユウは荷電性の堕天種、これがかなりイヤらしいヤツです。
動き自体は通常種と変わらない気がするのですが、何か強く感じるという。

geb9-2-1.jpg
geb9-2-2.jpg
geb9-2-3.jpg
geb9-2-4.jpg
geb9-2-5.jpg
geb9-2-6.jpg
geb9-2-7.jpg

2頭のコンゴウ堕天種を撃破した後はシオがアリサの胸を揉む事案が発生。
個体差に興味を持ち出した流れから、見た目の性別に合わせて、
女の子らしい衣装を整えてあげようという空気が生まれます。
ただまぁ、そこは一筋縄ではいかないアラガミ少女。
人間の着用する衣類では繊維が肌を刺激するのか、
嫌がって部屋から逃走をはかり、皆は家出少女の捜索をする羽目に。
探しに行くだけなら兎も角、当然ながらアラガミが邪魔をするので面倒。
まぁ立ちはだかったのがサリエルなのは僥倖ですけどね、貧弱貧弱。

geb9-3-1.jpg
geb9-3-2.jpg
geb9-3-3.jpg
geb9-3-4.jpg

こうして最後の砦だったソーマの頑なでサイコロックだらけの心も、
シオの言葉の熱に融かされて、春の雪解けを迎えるのでしたとさ。
めでたしめでたし、ばんばんじー。
これで本当に第一班の心が一つに纏まりました。
その中心にいるのが私じゃなくてシオなのが少し物寂しいですが、
兎に角戻ってきたシオに女子総出で専用の衣類の開発を進めます。
そもそも開発スタッフの衣装自体が露出を頑張ってる方向性だらけなので、
シオの服もそっちの方向に流れていきやしないかと心配しましたが、
やはり自分が着るのと人に着せるのとでは感覚が違ってくるんですかね。
ちなみに必要素材は手渡しが基本だそうです。
倉庫に入っているのを勝手に持って行ってくれればいいのに、
一々引っ張り出してきて届けるのって面倒なんですけども。

geb9-4-1.jpg
geb9-4-2.jpg

個人的には肌が白いので、濃い色の衣装の方がコントラストが映えて好き。
でもまぁ、デザインは予想外に可愛いものに仕上がってますよね。
製作はリッカがしたんですが、衣装設計は誰がしたのでしょう。
サクヤやアリサが協議の末に固めた案なのかなぁ。
ソーマやコウタら、男性陣にもウケがいい様で、改めて皆の心が1つになりました。
以前の血塗れボロ布きれの衣装も実は好きだったりしますが、
やっぱり女の子はこうして着飾っている方が良いですね。

geb9-5-1.jpg
geb9-5-2.jpg
geb9-5-3.jpg

いつの間にやら欧州出張から帰還していたらしい支部長。
ここで改めて支部長自身が直轄する”特務”への従事を言い渡されます。
またぞろ支部長側と博士側の綱引きが再開ですね、
まぁここまでくれば第一班はほぼ全員博士側に付いたようなものですが。
最早支部長一人が孤立している状況下、クーデターとか起こせないのかしらね。
イマイチ”フェンリル”という組織の体系図が見えてこないので何とも。
つか”特務”はてっきり支部長本人から受注するのかと思いきや、
一応通常の受付を介しての受諾らしいです、良いのかソレで。
しかも単独任務でもなく、普通に同僚の加勢も貰えますし、益々謎が深まります。
あ、討伐対象となった初邂逅の巨大アラガミ、ウロヴォロスはただの雑魚でした。
身体が大きくて動きが鈍いので、足元に入り込んで斬るだけの作業。



以上、ようやく本筋の行きつく先が見えてきたところまでお送りしました。
正直シオは、どれだけ可愛かろうとも存在自体がアラガミなので、
どうしたって悲しい終わり方しか想像出来ないのが辛いところ。
奇跡が起きて人間になるみたいな未来はまずないでしょうからね、
まぁソーマも半分アラガミだし、そもそも神機使いは皆偏食因子持ち出し、
その辺りが上手い事纏まってハッピーエンドになると良いですねぇ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<GOD EATER BURST 10:難易度6(前編) | ホームへ | GOD EATER BURST 8:難易度5(前編)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1398-1e8bfc93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)