タイトル画像

GOD EATER BURST 3:難易度2(前編)

2015.04.29(21:00) 1392

geb1 (62)

ガードにしろステップにしろ、そして攻撃全般にしろ、
戦闘中に一番大事なのはスタミナ管理な気がします。
調子に乗って攻撃していたらスタミナを使い過ぎていて、
相手の攻撃ターンになった際にガードもしくはステップに必要なスタミナがなく、
あっさりと被弾してしまう事が多々あるのですよ、
敵によっては多段判定攻撃を仕掛けてきてガード時にスタミナ削られまくりますし。
相手によってその辺りを見極め、常に余裕のある戦闘を心がけねばなりません。
猪プレイでもどうにかなるんですけどね、今の段階では。
高難易度では流石に通じないでしょうから、今の内にPSを高めないと。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


ge3-1-1.jpg
ge3-1-2.jpg

ここから難易度2に突入。
本作は全部で難易度10(+2)まであって、「GE」が難易度1~6、
「GEB」が難易度7~10となっております、それにチャレンジとエクストラの2つ。
そしてここから、討伐対象に中型・大型のアラガミが登場してきます。
要するにここからが本当の「ゴッドイーター」の始まり。
まぁその前にまず新しいチュートリアルを受けてくるわけですが。
今回のチュートリアルは部位破壊について。
「モンハン」でもお馴染みですね、大体似たようなシステムなので説明は割愛で。
寧ろヒットエフェクトの話の方が非常に参考になりました。

ge3-2-1.jpg
ge3-2-2.jpg

さて、改めてコンゴウ討伐ミッション。
このコンゴウというアラガミ、要するに巨大な猿なのですが、
最初に相手をするには戦いやすい相手なのかなぁと思います。
特にいやらしい攻撃があるわけでもなし、隙もかなり多いですし。
ただまぁ、初めての中型討伐任務を新人二人だけでやらせるのはどうかしら。
しかもどちらが多く倒すか勝負って、コンゴウは一匹しかいないんですが、それは。

ちなみに倒すのは楽ですが、部位破壊が中々上手くいきません。
コンゴウは顔と尻尾、胴体ですっけ、腕も壊せたんだったかな。
説明では火炎系に弱いって言ってるのにコウタが何故雷電系を撃ってるのか、
当時は疑問でしたが普通に雷の方が通りがいいらしいですね、
だったら最初から雷装備を勧めてくれよヒバリお嬢さん。

ge3-3.jpg

帰還して、再びサカキ博士のありがたい講義のお時間。
今回のテーマは”アーコロジー”という、普段中々聞きなれない言葉の説明。
所謂”完全環境都市”の事ですね、自己完結のサイクルを持つ共同体的な。
この極東支部の別区画にはきっと栽培プラントや食料加工場などあるのでしょうね、
全然行かせてもらえませんが、兎に角この荒廃した世界で、
皆が力を尽くして一生懸命生きているという事らしいです、多分。

ge3-4.jpg

極東支部の人間関係も複雑ですねぇ。
あんまり仲好さそうなグループってのが無い感じ。
まぁ入れ替わりも激しいでしょうから、それが難しいのも理解の内ですが。
ただ、エリックの妹は可愛いですね、調教しがいがありそうです、良い意味で。
その他、寺院跡がリンドウ姉弟やサクヤの生まれ故郷だという情報もあり、
やはりこのちょっとした聞き込みの有無で全然見える世界の色が変わります。
一々聞いて回るのは確かに手間ですけどね、でもこの世界観は割と好き。

ge3-5-1.jpg
ge3-5-2.jpg
ge3-6-1.jpg
ge3-6-2.jpg
ge3-6-3.jpg
ge3-6-4.jpg
ge3-6-5.jpg

ストーリーミッションでも自由にメンバーを組めるものもあります。
というか4人で挑むミッション自体が初めてですね、こうなると一気に楽になります。
手に入れた素材でそろそろ装備の強化や合成にも手を出し始めますが、
ここではナイフを強化しただけで他には手を付けず。
まだ苦戦という苦戦もないですからね、試行錯誤する段階でもなし。
新規フリーミッションも特に苦労する部分は無かったのでさっくり終わらせました。
新登場のグボロ・グボロは鰐っぽいと評されていますが、どうみても鰐じゃない。

ge3-7-1.jpg
ge3-7-2.jpg

続くストーリーミッションでも討伐対象となっているグボロ・グボロ。
正直この作品で出てくる中型以上のアラガミの中で一番弱いと思うんですが。
部位破壊も簡単だし、猪プレイをしても余り被弾しないし、
面倒くさい敵が多い中で、かなり素直にサンドバッグになってくれる素敵な人。
ひたすら雷属性で射撃して、OPが切れたら近接で斬りまくり、
OP回復したらまた延々射撃するだけの簡単なお仕事。
動きが鈍いので照準合わせも一々修正しなくていいのもストレスフリーです。

ge3-8.jpg

サクヤの恋人は、まぁ言われなくても分かっている通り、リンドウです。
元々同郷の幼馴染ですし、自然の流れではありますね。
そうでなくてもこのギスギス感がある極東支部であの二人の仲の良さは目立ちますし。
願わくばそれが死亡フラグにならなければ良いのですが、どうだか。
つーか目の前に私がいるのに「可愛い女の子いないかな」とかぬかすコウタに死を。
出るとこ出てるし、脚も綺麗だし、新型だし、かなえちゃんだし、スペックは悪くない筈。

ge3-9-1.jpg
ge3-9-2.jpg
geb3-9-3.jpg

先程フリーミッションで既に4人での任務は済ませたのですが、
ストーリー的にはこれが初めての4人合同任務。
まぁ”この4人”では初めてという事なのか、さっきのメンバーと違いましたっけね。
リンドウの”デート”というのは勿論、直後に一報が届いたウロヴォロス撃破の事。
この極東支部でもトップクラスの神機使いと謳われるソーマですら務めない、
特別任務を任されているだけでもリンドウがどれだけ凄い人物なのか測れます。
ただまぁ、ソーマやサクヤはこう言っていますが、ウロヴォロスはなぁ・・・・・・。

ge3-10.jpg

あ、ちなみに衣装を新しくしています、裸Yシャツみたいな装いで色気アップ。
決してコウタに女性としてアウト・オブ・眼中されたからってワケじゃないっす。
その他、銃をスナイパーからブラストに変えたり、装甲を強化したり、
色々と細部に手を加えてます、一番の変更点はやはり衣装ですけども。
別に衣装を変えたところで新しいスキルもつかないし、防御力も増えないのですが、
でもやはり衣装を可愛く新調する事で上がるモチベというのは馬鹿に出来ません。
製作も簡単ですし、武器用の素材と競合もしませんしね。
折々に積極的に作っていきたいものです。



以上、主人公が第一部隊に馴染み始めた頃までお送りしました。
この辺りから武器作りの楽しさも感じ始めてきましたね、
そうなってくるとアレやコレやと素材が必要になってきますが、
まぁ任務攻略に詰まるまでは特に素材集めの寄り道もせずに、
物語進行上で手に入った素材のみで遣り繰りしていきます。
フリーミッションも気分転換にプレイしてますしね、困る事はあまりありません。
属性毎に武器を揃え、強化し始めたらきっと足りなくなるんだろうなぁ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<GOD EATER BURST 4:難易度2(後編) | ホームへ | GOD EATER BURST 2:難易度1(後編)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1392-3c0d9fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)