タイトル画像

閑話休題:四半世紀ぶりの続編

2015.04.20(21:00) 1383

ed.jpeg

最初、名前を聞いた時には目を疑いました。
もう25年になるんですね、何という事でしょう。
まぁ私がプレイしたのは発売してからかなり後の話なのですが。
当時のPCエンジンのRPGというのは印象に残る名作が多かったです。
それこそこの「エメラルドドラゴン」であったり「コズミックファンタジー」であったり。

後者は毎回お約束で挿入される、ヒロインのシャワーシーンが特に記憶に残っています。
仕方ないですね、当時私は小学生でしたし、インパクトは絶大でした。
私がオタクになるきっかけを改めて考えてみると、
もしかしたら「コズミックファンタジー」のせいだったのかもしれません。
えっちぃシーンがどうとかって話ではなくてね。

ed.jpg

ともあれ、「エメラルドドラゴン」です。
こうして画集も持ってるくらいに好きな作品、その25年ぶりとなる続編なのですが。
金銭的な理由により、残念ながらゲームではなく、ドラマCDという形になるとのこと。
クラウドファンディングによる投資者募集を計画しているらしいです。
これは是非とも投資をしなければなりませんね、1ファンとして。

 「エレメンタル ドラグーン」と若干タイトルも変更が加わっているし、
木村さんが引き続き関与する割にはキャラデザも誰やねん状態ですが、
兎に角今回のドラマCD化を足掛かりに再びのゲーム化へと繋がって欲しいです。
どこぞの国民的RPGには即死魔法を唱えまくる緑の神官がいましたが、
この作品のヒロイン、タムリンもそれに負けずの傍若無人っぷり。
すぐ側に死にかけの味方がいても関係なしに敵に極太ビーム魔法をぶっ放す、
回復役の職務を放棄した、普段の性格からは想像もつかない攻撃的スタイルは、
”タムリンレーザー”という通称と共にプレイヤーから愛されていました。

プロデュースは「エメラルドドラゴン」でキャラデザなどを担当した木村明広さん、
共同プロデューサーとして何故か保志総一朗さんが参加を表明しています。
本作の主役を演じるほか、声優プロデュースや音響アドバイザーとして協力するらしいです。
というわけで皆さん、是非ともクラウドファンディングサイト登録したら、
ご協力のほどをお願い致します(*'ω'*)



がっちの言葉戯び


<<閑話休題:少年期の憧れ | ホームへ | SAO ロストソング 番外編:大型アップデート情報>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1383-b768601f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)