タイトル画像

SAO ロストソング 第4章「影纏う、赤毛の少女」その2

2015.05.18(21:00) 1377

rs4-4.jpg

こうして時間を潰している間に新しいソフトが出て、
そちらにかかりっきりになって昔積んだソフト達がまた忘れられていくという悪循環。
いや、新作買うのをやめろって話なんですが、そうそう思い通りにはいきません。
人間とは罪深い生き物ですからね、にゃんころめ。
次の購入予定ソフトまで残り1ヶ月、はっはっは、絶対間に合わない。
「スーロン2」がいつまでも終わりません、ちくせう、でも頑張ります。
ご期待されている方々から呆れられているでしょうが、諦めてませんので、ご了承を。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


rs4-22.jpg
rs4-23.jpg

早速新エリアの探索。
とは言っても数あるダンジョンのいくつかは入口に鍵がかかっているので、
実際に最初から解放されているのはほんの2~3個程度なのですが。
それぞれ情報収集も兼ねながらの、手探りの探索。
幸い手強いボスもなく、いくつかキーアイテムを入手して一先ず街に帰還すると、
突然エギルの店でこっそりと発生していた”お祭りイベント”なる代物。
これが本当にひっそりと存在しているせいで、
ネット上では序盤に見落としてオロオロするプレイヤーで溢れたとか何とか。
基本的にオートセーブの唯一セーブデータな本作では、
少し前に戻ってやり直し、というのが出来ないんですよね。
その辺り、大型アップデートで対応されるみたいですが、発売当初は非難囂々でした。

rs4-24.jpg
rs4-25.jpg
rs4-26.jpg

で、その肝心の”お祭りイベント”なのですが、これが各ヒロイン毎に用意されています。
しかもご丁寧に全員分のイベントを発生させるトロフィーまで用意されていて、
その事がやり直し不可の本作における”お祭りイベント”見逃しの辛さを倍増させてたり。
このイベント、いきなり全員分ではなく1機会に2~3人ずつ発生します。
その範囲内で発生させる順番は任意に選べるわけですが、
第一回目はアスなんとかさん・シリカ・リズベットという「SAO」初期組トリオが並ぶ中で、
私が最初のお相手に選ぶのは当然ながら愛しのリズベットその人です。
イベント内容は嬉し恥ずかしのデートものなので深くは触れませんが、
浴衣が綺麗ですね、現実世界でも一緒に浴衣デートしたいです。
リズの、素直じゃない好意の露わし方というか滲ませ方は私の大好物ど真ん中。

rs4-27.jpg
rs4-28.jpg

後の二人はどちらからでも良かったのですが、
折角のメインヒロインは最後に取っておこうと、シリカから先にデートに誘いました。
それにしても、アスなんとかさんという正妻がいるからか、
皆、開口一番に自分が誘われるとは思わなかった的な発言を異句同意。
しかし最後の行動、シリカは無意識にやった的な弁解をしていますが、
もしも言葉通りなら無自覚な小悪魔エロ娘過ぎるし、
意識してやったのに恍けているならやっぱり小悪魔なエロ娘過ぎるし、
流石は全ヒロインの中でもキリトを寝取ろうとする積極性№1な娘さんです。

rs4-29.jpg
rs4-30.jpg
rs4-31.jpg

アスなんとかさんとは、流石に正式な夫婦だけあって、
他のヒロインとの甘酸っぱくももどかしい感じとは違う、熟年の落ち着きを感じます。
そもそも、正妻がいるのに他の女性と二人っきりでデートをする事の是非について、
この二人はどういう考えをもっているんでしょうね、確かな共通意識はあるのか。
旦那がモテるのは妻としても鼻が高いので、ある程度は許容しているのか。
リズの恋心は兎も角、シリカあたりのキリトへの好意はあからさまだし、
キリトが自分以外の女性に寝取られるなんてあり得ないから黙認しているのか。
それにしてもリズ、シリカ、フィリア、シノン、リーファ辺りはキリト好きなんですよね。
シノンはいまいち、恋心とはっきり断言していいのか難しいところですが、
「GGO」後だったらまだしも、この頃はまだ、ねぇ。

rs4-32.jpg
rs4-33.jpg
rs4-34.jpg

困った時の情報屋。
アルゴから例の邪神クエストに情報を貰い、”太陽と月”のアイテムを探すことに。
以前はそれぞれに別イベントが発生していましたが、今作では2つ纏めて手に入ります。
その過程で直葉との、家族だからこそ持ちえるハートフルなイベントもついでに。
アスナの絶対王政を崩す対抗馬はやはり直葉なのかなぁ。
リズやシリカじゃ、悪いけどキリトを寝取れる可能性は限りなく低いですもんね。
今回は以前の対のペンダントみたいなロマンチックな展開は発生せず、
この後は邪神の下に戻って次のイベントに繋げます。

rs4-36.jpg
rs4-37.jpg

手に入れた”太陽と月”を早速邪神の御膝下の台座にはめ込み、
而して邪神は呪いから解放され、一柱の女神にその姿を変えてしまいました。
というかこちらが本来の姿か、フード付きでイマイチ女神っぽさが薄いけど。
北欧神話に絡めてキリトを都合よく拉致しようと動きますが、
そこはキリト大好きな頼もしい従妹が断固阻止を試み、
プログラムで動いている筈のNPCの行動を第三者が変えさせるという荒業を披露。
うーむ、このいじらしい雰囲気、堪らないですなぁ。

rs4-38.jpg
rs4-39.jpgrs4-39-2.jpgrs4-39-3.jpg
rs4-39-4.jpgrs4-39-5.jpgrs4-39-6.jpg

ストーカーにはご用心。
現実世界では索敵スキルなんてないので、何となく視線を感じて発見しますが、
VRMMO内でも熟練者なら同じような事が出来るんでしょうかね。
スプリガンであるキリトの高い索敵スキルにすら引っかからないステルス性、
それでも気付いてしまうキリトの、歴戦の猛者だけが持つ鋭い勘。
良くわからない戦いの軍配は今回もストーカー側に上がりましたが、
この分だとそう遠くない未来に尻尾を捕まえることが出来そうです。
で、前回と同じく今回もチラッと顔見せしただけですが、
今回は豪気にムービーまで伴ってのご登場、もう一人のヒロイン様です。
名前はまだ出てないんですっけ、まぁその内出るからいいか。

rs4-35.jpg
rs4-40.jpg

久し振りに探索に戻ってこれた気がする・・・・・・。
このゲーム、キャラクターエピソードとメインストーリーで分量半々といったところか、
ダンジョン攻略の時間があるのでイベントの合計時間でいえばキャラエピのが上。
前作ならダンジョンにキャラエピ発生ポイントがあったりもしたんですけどね、
今作ではその辺りも無くなって親切設計になりました。
というわけで各ダンジョンで手に入ったパーツを組み合わせて1つの鍵を生成。
王道の手順で順調に第2フィールドの攻略が進みます。

rs4-41.jpg
rs4-42.jpg
rs4-43.jpg

レインのデザインはかなりお気に入り。
それこそ本作の数多のヒロインの中では一番やもしれません。
ロッソネロ、赤と黒の色の組み合わせって好きなんですよね、黒多めで。
スカートの下がズロースみたいな形状なのは賛否が分かれそうですが、
個人的にはこの方が纏まりがあって可愛いじゃなかろうかと思います。
そうでなくても「ALO」でパンツが見える衣装ってあり得ませんものね、
空中戦の時とか見えまくりで非常にカオスになっていまいますし。
というわけで困っている女の子を助けるべく、雑魚敵を瞬殺。
珍しくキリトが脊髄反射で飛び出さずに訝しむ態度なのは、まぁそういう事。

rs4-44.jpg
rs4-45.jpg

学校の成績は兎も角、殊こういう事についてのキリトの勘は素晴らしいなぁ。
そこまで言い当てられたら流石にシラを切りとおすことも出来ず、
あっさりと自分のストーカー癖を暴露する、見知らぬ女の子。
声優さんの、これは技術というよりは地声の底力というべきか、
寡聞にしてこの高木美佑さんの名前を聞き覚えてはいないのですが、
何といえばいいのでしょう、上手くはないけど凄い耳に引っかかる声です。
舌足らずな声にも聞こえるのですが、妙に胸を掻き立てられるんですよね、
昔、「ゼーガペイン」で花澤さんの声を聴いていた時と似た印象。
こういうところに思わぬ出会いがあるから面白いです。
今後、彼女がどう成長していくのか知りませんが、この作品を遊んだお蔭で、
高木美佑さんの名前は暫く記憶から消えることはなさそうです。



以上、第4章の後半をお送りしました。
ようやくその姿をキリトの前に見せた新ヒロイン、レイン。
まだまだ素性も目的も謎に包まれているミステリアスガールですが、
今回の件でキリトからも正式にストーカー許可証を頂いて、
今後は公認ストーカーという立場から交流を深めていく事になります。
その関係もどうなんだって話ですけどね、きっと人見知りなのでしょう。
可愛いからいいですけど。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<SAO ロストソング 第5章「光と闇のパラドックス」その1 | ホームへ | SAO ロストソング 第4章「影纏う、赤毛の少女」その1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1377-96cf1bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)