タイトル画像

NEVER ALONE プレイ所感

2015.03.11(21:00) 1330


header.jpg

美しくも恐ろしい、しかして神々しい雰囲気を楽しむゲーム「NEVER ALONE」。
最近とある有名実況者さんのプレイ動画を拝見していたのですが、
まさか自分がプレイする事になるとは思ってもみませんでした。
とかいいつつ、相方に一緒にやろうと持ちかけたのは私なのですが。
これもCO-OP出来るゲームとしてお試ししてみた内の1つ、
ゲーム性としてはシンプル過ぎる内容なので、それほどいう事もなかったり。

それでは宜しければ続きからご覧ください。


na1.jpg
na2.jpg

操作方法はたったこれだけ。
正直最初は右スティックの”ボーラ”が謎ですが、まぁ気にしない方向で。
敵とかが出てくるわけではないし、こちらからの攻撃手段もなさげ、
つまりはジャンプを駆使して雪原や洞窟を踏破する横移動系のアクションになっております。
それだけなら謎解きの幅も狭いのですが、
このゲームでは主人公の少女の相方となる存在がいますからね。
彼の存在で一気にゲームとしても面白みが増している、という印象で。

na3.jpg
na4.jpg
na5.jpg

逃げる女の子、追いかける白クマ。
違うゲームなら完全にボス戦なんですが、残念ながらこのゲームではこの程度、
序盤の操作確認程度の扱いにしかならないみたいです。
やっぱり同じ雪原に住む仲間でも、動物と人間では理解しえないものなのか。
その割にはキツネちゃんは友達なんですよね、その辺りの不思議。
まぁクマとキツネでは見えている世界が違うという事か。

na6.jpg
na7.jpg
na8.jpg

皆大好き雪原のアイドル、キツネちゃん。
後ほど正式に判明するし、雰囲気で何となく分かるんですが、厳密にはオスのキツネちゃん。
ここからようやくCO-OP開始だとテンションが上がっていたのですが、
何処をどう頑張ってもオフラインCO-OPしか出来ないという罠が待っていました。
「海賊無双3」以上に酷い事になってきましたね、仕方ないから暫く進みましたけれども、
折角のCO-OPにウキウキしていた私達の間に暗雲が・・・・・・。

na10.jpg
na11.jpg
na12.jpg

ゲームの説明にもオンラインCO-OP出来るって書いてあったのになぁ。
出来ないものは仕方ないので、シェアプレイを利用してのCO-OPに切り替え。
ホストを相方が務めたので、こちらはキツネちゃん操作になりました、ひゃっほい。
二人でやるとキャラ切り替えしなくていいし、CPU操作キャラが勝手に自殺したりしないから、
非常にテンポよ進められますね、これは快適。
まぁでも死んで覚える場所が結構あるので、死ぬ時はサクサク死にますが。

na13.jpg
na14.jpg

このおっさん怖すぎです、これが街中なら幼女連れ去り未遂で完全にお縄なのですが、
残念ながらここは治外法権エリアなので誰も捕まえてくれません、ちくせう。
ただ追っかけてくるだけの冒頭の白クマと違って火の玉まで飛ばしてきますしね、
というかおっさんの後は白クマにも追われてるし、雪国怖すぎ。
でも氷の洞窟の中はアスレチック設備満載で大変楽しゅうございました。
ターザンごっこなんて久々にしたわ。

na15.jpg
na16.jpg

私の知ってるオーロラと随分違うんですが、これが本場のオーロラなのかしら。
連れ去り事案が発生しまくりで雪原のロリショタの身の安全が危ぶまれる光景。
というか真面目な話、どういう状況なんでしょうね、このオーロラどもは。
こいつらも”精霊の守り手”の一派なのかしら、優しい”守り手”とは別の意味でのロリコン軍団。
白クマとか怖い顔の男とか、ボスキャラだけで雑魚敵はいない世界かと思ったら・・・・・・。

でもオーロラゾーンを潜り抜けた先では、純粋に廃墟の背景を楽しむことが出来て楽しかったです。
冒頭から背景が綺麗なゲームだなぁとわかっていはいたのですが、
私がソレを一番感じたのはこの辺りだと思います、雪原や氷の洞窟も綺麗なんですけどね、
この廃墟エリアこそが一番グラフィックが映えている部分だと声を大にして言いたい。
そうしたい。

na17.jpg
na18.jpg
na19.jpg

ここは本当に深い悲しみに包まれるシーン。
まさかのキツネの変身により、一気にテンションが下がったのは私だけではないと信じます。
いやホント、どうしてこうなったし・・・・・・しかも何だか別な操作感で益々の違和感ががが。
ここからキツネ(?)は画面を所狭しと飛び回り、女の子の為に一生懸命道を切り開きます。
まぁ穴に落ちたり風に飛ばされたりしないから、そういう意味では楽な仕事。
それは非常にありがたいんですが、見た目のマイナスポイントを差し引きで考慮すると・・・・・・。

というか終盤には氷の巨人とか出てきて、只でさえファンタジーだったのがより一層不思議空間。
「ネバーエンディングストーリー」にもこんな巨人いませんでしたっけ、うろ覚えですけど。
あれはファンタジー映画の傑作ですよね、観たことが無い人はどうぞ、宜しく。
そもそも何の目的で冒険しているのか忘れてしまいそうになる本作ですが、
一応コイツが吹雪の元凶だそうです、なんたるちーや。

ここでこの日のCO-OPは終了しましたが、ここからエンディングまではすぐなので割愛。
記事としては今回のみの単発となります、ご了承ください。
トロコンも簡単ですしね、クリア時間+10分程度。
非常に人によって評価が分かれるかもですが、個人的に良作だと感じました。
語られる先住民の方々のインタビューもかなり興味深くて。
いつまで無料期間かわかりませんが、ご興味持たれましたら是非。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第1話「参集!クイーンズブレイド」 | ホームへ | ワンピース海賊無双3 その2::プレイ所感>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1330-41488b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)