タイトル画像

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第10話「開眼〜竜の一撃」

2015.02.28(21:00) 1321

0907160913.jpg

以下略。
それでは宜しければ続きからご覧ください。






QB流浪の戦士10 (2)QB流浪の戦士10 (3)QB流浪の戦士10 (6)
QB流浪の戦士10 (7)QB流浪の戦士10 (8)QB流浪の戦士10 (9)
QB流浪の戦士10 (12)QB流浪の戦士10 (13)QB流浪の戦士10 (14)
QB流浪の戦士10 (15)QB流浪の戦士10 (16)QB流浪の戦士10 (18)
QB流浪の戦士10 (23)QB流浪の戦士10 (24)QB流浪の戦士10 (25)
QB流浪の戦士10 (27)QB流浪の戦士10 (28)QB流浪の戦士10 (29)
QB流浪の戦士10 (30)QB流浪の戦士10 (31)QB流浪の戦士10 (32)
QB流浪の戦士10 (35)QB流浪の戦士10 (36)QB流浪の戦士10 (37)
QB流浪の戦士10 (38)QB流浪の戦士10 (39)QB流浪の戦士10 (40)

初心に帰ってレイナとリスティという懐かしい顔合わせから始まる今回。
あれだけ酷い捨てられ方をしてから様々な人生勉強を経て、
それでもまだまだリスティと同じ土俵に立つまでには至らないレイナ姫。
想いを込めた攻撃も正面から力で捻じ伏せられてしまい、
代わりに相手を務めたエキドナ姐さんとリスティの戦いのレベルの高さに舌鼓。
まだまだ世界の広さを知り、己の無力さを感じたところで冒頭部分は終了です。

そこから珍しくトモエと合流し、エロい治療を施されて傷を癒した後は、
エキドナ姐さんとの怪しいクスリを使ったトレーニング開始。
どちらかというと戦闘そのものよりも、衣装破壊に対する羞恥心克服みたいな光景。
いやぁ、お胸の先っぽとか完全に透けて見えているくらいなので、
色は着いてはいても、相当透過度の高いジェルアーマーなんでしょうね。
というか鎧を付けずに戦闘訓練しても、実戦の動きと異なるから意味が薄いような。
後、どうせ塗るなら手首くらいまで塗ろうよ、何故肘から先を残したのか。

そんな疑問の残る訓練を経て、一人前の身のこなしと戦いへの覚悟を獲得したレイナ姫。
それっぽい成長の形が見られたところで、物語は終盤戦ですよ。
結局トモエと合流した意味がよくわからなかったですが、
これもきっと最終決戦に向けた布石なのでしょう、そうじゃないと色々と・・・。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<クイーンズブレイド 流浪の戦士 第11話「厳霊〜死闘の果て」 | ホームへ | クイーンズブレイド 流浪の戦士 第9話「赤心〜武器屋と鋼鉄姫」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1321-1318ae56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)