タイトル画像

K #EX「K-TV」(終)

2015.02.16(21:00) 1305

KTV - 01 (1)

以下略。
それでは宜しければ続きからご覧ください。



KTV ED (1)KTV ED (2)KTV ED (3)
KTV ED (4)KTV ED (6)KTV ED (7)
KTV ED (8)KTV ED (9)KTV ED (10)

特別何があるというわけでもないのですが、
EDの画像とかを載せ忘れてたなぁと思ったのでこうして記事を余分に1つ。
とかいいながら、OPの方は全然触れていないので行き当たりばったり感満載です。
というわけで全裸祭りで毎回最後を飾ってくれる本作のヒロイン、ネコちゃん。
結局この子も、何故あんなにシロに懐いていたのか謎のまま終わりましたが、
出会い頭の一目惚れって事で理解していていいんでしょうかね。
何にしても、彼女の存在は物語の中で非常に大きなものがありました。
猫形態時の方が可愛いと思うのは私だけでしょうかね。

KTV ED (11)KTV ED (12)KTV ED (13)
KTV ED (14)KTV ED (15)KTV ED (16)
KTV ED (17)KTV ED (18)KTV ED (19)
KTV ED (20)KTV ED (21)KTV ED (22)
KTV ED (23)
KTV ED (24)

第6話でしたっけ、多々良に関する回想シーンが流れた回限定のED。
こういうコルクボードに思い出の写真をペタペタ貼り付けるのって大好きです、
現実でもやりたくなるんですが、そもそもあんまり出かけないから、
コルクボードにわざわざ貼る様な写真が増えないという罠。

ていうか”吠舞羅”って普段何しているんでしょうね。
草薙だけはバーを経営しているので収入があるのはわかりますが、
尊を含めたその他のメンバーはとても仕事を持っている様に見えないんですが。
王とそのクランズマンには何処かの組織から生活費が支給されたりするのかしら。
それこそ第二王権者の組織辺りがそういう面での手配をしてそうな雰囲気も。

61SpNAFMttL.jpg

劇場版、円盤の発売日は4月22日頃だそうです。
まぁ買うかどうかはもう少し日が近づかないと何とも言えませんが、
内容的にはきちんとTVシリーズの続きだそうなので、
一見の価値はあるかと思います、出来れば二期開始までに観たいところ。

というわけでかなり駆け足で観終わった本作。
世間的な評価は実は全然知らないのですが、兎に角映像が綺麗でしたね。
作画に関しても終始一定以上のレベルが保たれてましたし、
戦闘シーンの綺麗さ等も観ていて満足出来る内容でした。
一部脚本、構成に注文を付けたい部分もありましたが、
前の記事でも言った通り、二期まで観終わってからの判断が吉ですね。
どこぞの「コードギアス」みたいな例もあることですから。

少なくとも時間の無駄にはならなかったと断言出来ます。
劇場版&二期にも期待しましょう、それまで暫しのお別れタイム。
ありがとうございました、次回も宜しくお願いします。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<FF零式HD プレイ所感 | ホームへ | K #13「King」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1305-b069b685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)